VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

E3 - VR Inside

E3

     

VRHMD,E3,イメージ1

DPVRは「Polaris」と呼ばれるデュアルアイレーザーポジショニングシステムが搭載されている。

Viveの有名なシングルアイシステム「Lighthouse」と比べて、Polarisは必要になるレーザーレシーバーが少なく、その結果ヘッドセットの全体的な重量軽減につながった。

Polarisではベースステーションモードをシングル、ダブル、トリプル、またはゼロの四種類の中で切り替えることができ、デスクスケールのせまいスペースから、ルームスケールの部屋いっぱいの広いスペースまで、ユーザーの様々なニーズに合わせて変えることができる。

さらに、Polarisではマルチプレイヤーもサポートしており、複数のユーザーが同時にルームスケールを使用することができる。

VRHMD,E3,イメージ2

VRHMD,E3,イメージ3

E3はSamsungのAMOLEDソフトライトアイフレンドリースクリーンを採用しており、画質は2560×1440で、他のブランドと比べて42.2%ピクセルの数が高くなっており、イメージクオリティが格段にアップしている。

そして、同社初の使用となるフレネルレンズを使い、画面のちらつきを減らし、強すぎるライトの反射などを防ぎ、より広い110°FOV(視野)を確保、クオリティの高いVR体験を実現した。

E3は市販されているほとんどのミドルハイレベルのコンピューターに対応しており、PCに限らず普通のノートブックなどのデバイスでもスムーズに稼働できる。

組み立てプロセスはシンプルで、コードを数本プロダクトにつなぐだけでいい。

コードの長さニーズや環境に合わせて、3-5メートルまで用意されている。

VRHMD,E3,イメージ4

E3はSteam VRプラットフォームをサポートしており、800以上の人気VRゲームがプレイできる。

さらに、E3には3Dbobo、DPVR オールインワンプラットフォーム、DPVR アシスタント、三種類のDPVR独自のプラットフォームが用意されており、この三つのプラットフォームを合わせると10000以上の3D/VRフィルムまたは動画が楽しめる。

E3 スペック

メーカーDPVR
プラットフォームSteam VR, 3Dbobo, DPVR All-in-One, DPVR Assistant
解像度2560×1440
重量297g
搭載センサー加速度センサー, 位置センサー
トラッキングアイトラッキング 表情認識機能 Polaris (デュアルアイレーザーポジショニングシステム)
公式サイトhttps://z.jd.com/project/details/76674.html
価格E3ベーシックエディション(ポジショニングシステムなし)RMB 2299(約36800円)パッケージエディション(Polarisポジショニングシステムつき)RMB 4999(約80060円)
購入リンクhttp://www.gearbest.com/vr-headset/pp_621046.html (先行予約受付中)