VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

eSight - VR Inside

eSight

     

eSightは法的に盲者と判断されている視覚障害者の視覚をサポートするデバイスで、ハンドフリーで使用でき、視覚障害者の生活を様々な角度からサポートする。

VRHMD,eSight, 全体イメージ

eSightはハイスピード、高画質カメラでユーザーが見ているものを撮影し、eSightのアルゴリズムで動画を向上させ、二つのOLEDスクリーンでユーザーの目の前にディスプレイすることでユーザーの視覚を補正する。

フルカラーの最高画質で視覚的には現実と全く差がない状態で再現するため、ユーザーにはクリアに周りが見えるようになる。

さらにeSightの特許を取得したBioptic Tiltでデバイスを正しいポジションに調整することができ、周囲の視覚を最大限引き出し、動画をベストの状態でユーザーに見せることが可能だ。

この機能はバランスを調整しVR酔いも妨げることができる。

VRHMD,eSight,カラー二種

カスタムし広範囲に使えるメディカルデバイスで、現在補助デバイスとして複数使われているものが、eSight一つでできるようになる。

(白杖、拡大デバイス、補助犬、点字マシン、テキストを音声化するソフトウェアなど)

VRHMD,eSight,装着時

eSightは視覚的にレイテンシーゼロ。

本やスマートフォンの文字を読むなどの短距離の視点から、人の顔やテレビを見るなどの中距離視点、道を見渡す、窓の外を見るなどの長距離視点
の間で視線を移動させた場合、自動的かつ瞬時に焦点を合わせることができる。

eSightはVRヘッドセットでありがちなVR酔いやその他デバイスの不安定さなどの問題を起こさず、動きやすさを可能にした唯一のデバイスで、座っている時だけでなく、歩きながら、エクササイズをしながら、会話をしながら、旅行の時でも使える。

eSight スペック

メーカーeSight
公式サイトhttps://www.esighteyewear.com/