VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

OSVR Hacker Dev Kit v1.4 スペック情報

      2016/09/01

オープンソースのVR用ヘッドマウントディスプレス(VRHMD)で、開発用のソフトウェアもオープンソースという新しい取り組みの「OSVR」。

Razer主導のオープンソースの統一プラットフォーム

OSVRは、「Open-Source Virtual Reality」の略で、Razerが主導のハードウェアとソフトウェアの統一プラットフォームとして多くの開発者やメーカーが賛同している。

osvr-hdk-gallery-13-v2__store_gallery

本キットに付属される周辺機器(Dev kit v1.4)

OSVRに準拠したVRヘッドセットとしてあるのが「OSVR Hacker Dev Kit v1.4」である。

OSVR Hacker Dev Kitは、フルHD(1,920×1,080ドット)表示対応の5.5型液晶パネルを搭載し、60fpsの描画に対応。頭の動きを捉えて表示に反映できる。

OSVR

ゲーミングPC・周辺機器メーカーのRazerが中心になってプロジェクトを進め、特にVRゲームに力を入れて様々な周辺機器やデバイスで体験できるようにすることを目的としている。

Oculus Riftや2016年代にリリースされるVRHMDに比べるとやや性能で劣るものの、ハードウェアの3Dデータをダウンロードすることで開発者自身でのチューンナップを行えるのが魅力のひとつ。

光学部品、ディスプレイ、フェースプレートなどの主要コンポーネントの交換が可能な設計のため、初心者には厳しいが、ガジェット好きエンジニアにはたまらない一品となりそう。

全英文ながらOS VRのWiki情報なども公開されている。

プレイデモ動画

OSVR Hacker Dev Kit v1.4 スペック情報 スペック

メーカーオープンソース
プラットフォームPC
解像度1920×1080 有機EL
搭載センサージャイロスコープ/電子コンパス/加速度センサー
トラッキングヘッド&ポジショントラッキング
公式サイトhttp://www.razerzone.com/osvr-hacker-dev-kit
発売日2015年1月
価格299ドル(日本では未発売)
必要要件GeForce GTX 600~
※2016年3月時点のものです

 関連記事