VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AR(拡張現実)情報まとめ!AR開発ツールやアプリなど基礎知識を紹介

ARの基礎知識から、AR開発ツールやARアプリなど、ARに関する情報まとめました。



ARとは?

ARとは「Augmented Reality(オーグメンテッドリアリティ)」の略称で日本語では「拡張現実」と呼ばれています。

現実世界で人が感知できる情報に、様々な情報を加えて現実を拡張表現する技術です。

一時、全世界で2億人近くがプレイしていた「ポケモンGO」は、まさにAR技術を活用した位置情報ゲームで、いつもの街並みにポケモンを出現させることで現実世界を「拡張」しています。

見える世界全てが仮想現実であるVRとは、現実世界にバーチャルな情報を加えたものという違いがあります。

↓ARとVRなどとの違いについてはこちら↓

AR開発ツール「ARKit」と「ARCore」について

ARKitとARCoreはそれぞれ、AppleとGoogleが発表したAR開発に役立つARプラットフォームです。

AppleのiOS搭載AR機能「ARKit」

「AR Kit」はApple社が開発したiOS対応のARプラットフォームです。

iOSに搭載されたモーションセンサーとカメラで取得した空間や物体に関する情報をもとに、高精度なAR体験をすることができます。

[モンスター軍団が部屋の中を歩き回るARKitデモ]

↓ARKitについての詳細はこちら↓

GoogleのAndroid搭載AR機能「ARCore」

「AR Core」はGoogleがAndroid端末向けに提供しているARプラットフォームです。

赤外線奥行きセンサーのような特殊なデバイスを必要とせずに、スマホ内蔵のカメラやモーションセンサーだけでARコンテンツを構築することができます。

↓ARCoreについての詳細はこちら↓




ARが楽しめるアプリ

ARKitやAR Coreのおかげもあり、スマホでたがるに楽しめるARアプリも多数リリースされています。

ポケモンGOなどのゲームはもちろん、SNOWなどの自撮りアプリなどでARは多く活用されています。

↓ARアプリについてはこちら↓

まとめ

ARを一番認知させたのは、「ポケモンGO(Pokemon Go)」ですが、地図アプリや自撮りアプリなどゲーム以外でも多くAR技術は活用されています。

VRと違いスマホだけで手軽に活用できることもあり、私達の日常生活にVR異常に関わってくることでしょう。

ARがゲームといったエンタメというよりは、私達の生活を豊かにするツールとして伸びていきそうですね。








       

最新ニュースを読む