VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

第2回 STYLYハンズオン~英語でVRを学ぼう!~

2017/07/31 17:23


    イベント詳細


    VRイベント,第2回 STYLYハンズオン~英語でVRを学ぼう,イメージ

    VRイベント,styly-hands-on,イメージ

    【イベント概要】

    本イベントは、STYLY Suiteを使い、英語でVR制作の方法を学ぶイベントです。

    【VR制作用ツール:STYLY Suite】

    STYLY SuiteはVRクリエイティブツールです。Webブラウザから誰でも簡単にVRを作ることができます。

    Youtube動画や普段Instagramにアップしている写真なども簡単に連携しVR空間に取り込むことができます。

    また、豊富なフリーアセットが用意されておりコードを書かずにユニークなコンテンツを作成可能です。

    【講師】

    Ted Watson - ニューヨーク大学(卒業)

    Allison Kua - 香港理工大学(在学中)

    Kent Vainio - スタンフォード大学(在学中)

    *3名ともコンピュータサイエンス系を学び、現在Psychic VR Lab社にインターン中。

    【イベントの目的】

    最新のVR制作ツール「STYLY」を触わって、作って、体験することを目的とします。

    会場はSTYLYを提供するPsychic VR Lab社オフィスで、同社開発担当チームと直接コミュニケーションをとりながら作業が可能です。

    レクチャー自体は英語ですが、日本人メンターもおりますので、英語に100%自信がない方でも安心してご参加いただけます。

    【ハンズオン内容】

    機能の説明から実際にいじって動かし、制作したVRコンテンツをHTC Viveを使って没入体験するまでを目指します。

    【成果物イメージ】

    以下のような空間を作成予定:

    http://styly.world/edoga/9c7c9d1e-2cea-11e7-af2f-fb1a918a0060

    (注: URLの読込みに少し時間がかかります。)

    【当日の流れ】

    ・第1部「STYLYを知る」

    STYLYとは何かサクッとご説明(当日まで予習しなくてもOK!)

    ・第2部「STYLYをいじる」

    STYLYにアカウントを作り、実際にVRを作ってみる

    ・第3部 「STYLYを体験する」

    自身が作ったコンテンツをHTC Viveで体験してみる

    ・懇親会

    共にハンズオンを体験した仲間との懇親会

    (※飲み物やスナックを準備する予定)

    *注意: 食事は出ません。お腹がすく方は済ませてから会場入りをお願いします。

    【対象者】

    ・VR制作に興味がある方

    ・英語で技術に触れたい方

    ・海外コンピュータサイエンス系大学・学部に留学したい方

    ・学生OK

    【持ち物】

    ・各自PC(Mac / Windows)

    ・電源プラグ

    ・マウス

    【タイムテーブル】

    | 18:45 - 19:00 | 開場       |
    | 19:00 - 20:30 | ハンズオンタイム |
    | 20:30 - 21:15 | 懇親会      |
    | 21:30 - 22:00 | 閉館       |

    【会場】

    株式会社Psychic VR Lab 本社事務所

    〒160-0022 東京都新宿区新宿1-34-2 MORIAURA 2F

    【協力】

    株式会社Psychic VR Lab( http://psychic-vr-lab.com/

    提供サービス: STYLY Suite ( http://suite.styly.cc/

    【運営】

    iFashion Lab( http://www.ifashion-lab.com/

    お申し込みはこちら: http://styly-handson2.peatix.com/

    STYLYに関する最新ニュース

    海外も注目のファッションVRショッピングサービス「STYLY」の変遷と今

    立ち上がり間もない新市場の変化は早いと言われているが、VRもまさにその通りで、たった1年で劇的な変化を起している。

    ハード・ソフト両面をとっても1年前とは比べ物にならないほどのクオリティになっているし、参入企業も倍以上に増加。ロケーションベースのVRビジネスも増えており、その結果、徐々にではあるがエンドユーザへの認知度も広がり、右肩上がりの成長を感じる。

    劇的な変化はなにも市場全体でしか見えないわけではなく、VR市場へ参入している1社の動きを見ても、よくわかる。

    本記事では、VR InsideのOPENから今日まで、筆者が特に注目している次世代ファッションVRショッピングサービス「STYLY」を開発する株式会社Psychic VR Labを例に挙げ、ここ1年の動きを見てみよう。

    詳細はコチラから

    STYLY Suiteの使い方講座

    1. STYLY Suiteで自分だけのVRシアターを作ろう!(1)〜アカウント開設から3Dモデル配置まで 〜

    こんにちは。書いているブログの2%がロシア系ブラウザからのアクセスであるiFashion Lab VR担当です。VRはきっとロシアでも熱が高いのでしょう(多分)。

    今回はSTYLY Suiteを使って30分でできるVRシアターの制作方法をご紹介したいと思います。

     

    2. STYLY Suiteで自分だけのVRシアターを作ろう!(2)〜YouTube動画の挿入からHTC Viveでの没入体験まで〜

    こんにちは。先日Googleが発表したBlocksにハマっているiFashion Lab VR担当です。Blocksで造形したデータはSTYLY Suiteにも取り込めるので、3DモデリングからVR実装までが驚くほど簡単な時代がきたなぁ、としみじみ...

    さて、今回もSTYLY Suiteを使って30分でできるVRシアターの制作方法(続き)をご紹介します。

    anthony10000000


    VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

    最新ニュースを読む