AfterEffects ADVANCE-E VR風3次元映像編 - VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AfterEffects ADVANCE-E VR風3次元映像編

2017/08/24 17:32

    イベント詳細 日付: 2017年9月26日 19:30 PM – 21:30 PM 会場: 株式会社フェローズ 東京本社 7Fセミナー室 カテゴリ: ビジネスイベント 詳細 様々な機能があ ...


    イベント詳細


    VRイベント,AfterEffects ADVANCE-E,イメージ
    詳細
    様々な機能があるAfter Effects。
    基本操作は、身につけた!が、幅が広すぎて学ぶことがたくさんあり、どこから手をつけて良いかお困りの方もいらっしゃるのではないでしょうか。

    そんな方々へ、Advance講座をご用意いたしました!
    本講座では、【実写映像に合成された映像作品の制作】について学んでいきます。
    急速に進歩するVRの世界のイメージをAfter Effectsで表現していきます。
    スマホを操作する人物、その人物(=VR体験者)の動きに合わせて映像が動く、実際の映像の中にスマホ画面(=グラフィック)を合成し映像を作っていきます。
    3次元の情報の抽出方法や情報をもとに、グラフィックを合成する方法が学べます。

    ▼内容
    1.After Effectsで出来ることについて
    2.VRとAfter Effects
    3.3次元情報を抽出する方法について
    4.3次元情報を元にグラフィックを合成する方法
    5.マスク合成のテクニック
    6.質疑応答

    ▼対象
    【レベル:中級~上級】

    ●参加対象
    Adobe After Effects CCの基本的な使い方を学んだ人で、さらに進んだテクニックを身に付けることを望む方
    ・【1day/2day’s】After Effects入門セミナーを受講された方
    ・After Effectsの基本ツールをある程度使いこなしている方
    ・日常的にAfter Effectsを使って作業している方
    ・エクスプレッションを今後使ってみたい方
    ※After Effects CC の基本操作が出来る方が対象です。
    初めてお使いになる方は、After Effects入門講座をご受講ください。

    ●受講後像
    下記のテクニックが身につきます!
    ・実写映像の3次元情報を抽出するテクニック
    ・実写映像の3次元情報を元にグラフィックを合成するテクニック
    ・マスク合成のテクニック

    ▼講師
    斉藤咲平/映像ディレクター
    1959年 東京生まれ
    1985年 京都大学理学部卒業
    株式会社医学映像教育センター入社
    独立以後、数々の映像作品、テレビ番組の制作に携わる
    現在はテレビ番組のほかネットなど多面的に展開する映像コンテンツの制作に関わる
    《作品及び番組》
    「内臓真菌症」
    「手袋は電気を通す? 電気メス使用中の術者の熱傷事故はなぜおきるか」日本医科器械学会ビデオコンクール佳作
    TBS「生命38億年スペシャル 人間とは何だ!?」民放連賞教養部門賞
    TBS「どうぶつ奇想天外!」
    BS-TBS「なるほど!ホームドクター」
    BSフジ「華大の知りたい!サタデー」他

    ▼参加費
    4,000円+税

    <各種割引制度あり!>
    フェローズから就業中 2,000円+税

    フェローズ登録者 3,200円+税

    クリステメルマガ登録者 3,600円+税

    ※遠方からお越しの予定の方へ※

    開催3日前までに開講の有無を決定させていただいております。
    開催人数に達しなかった場合は、開講見合せとなります。
    遠方からお越しの場合は、事前にご連絡いただけますと
    お申し込み状況をお伝えすることは可能です。

    詳細はコチラ:http://peatix.com/event/292463

    360°VRに関するニュース

    360°VRを解析する人工知能 “VRCHEL”の開発にマイクロソフトの支援が決定!

    360°VRを解析する人工知能 “VRCHEL”の開発にマイクロソフトの支援が決定!

    株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド)は、同社が開発している、360°VRのコンテンツ解析とユーザー行動のパターン解析を行う人工知能エンジン「VRCHEL」(ヴァーチェル:https://vrchel.com)の開発が、マイクロソフトのITスタートアップ支援プログラムに正式に採択されたことを発表した。

    Microsoft BizSparkとは、マイクロソフトがグローバルに展開するスタートアップ支援プログラムである。

    詳細はコチラ

    たった2日間で360°VRのプロフェッショナルになれる!VR制作実習セミナープログラム『GuruVR Basic Camp』を開催

    VR制作実習セミナープログラム『GuruVR Basic Camp』告知バナー

    株式会社ジョリーグッド(東京都中央区、代表取締役:上路健介、以下 ジョリーグッド社)は、プロのVR制作の基本が短期間で身につく実習セミナープログラム『GuruVR Basic Camp』を今夏に全国5都市で開催することを発表した。

    このプログラムでは、プロのVR制作を習得したい人々へ向けて、ジョリーグッド社がメディア企業向けに提供しているプロフェッショナル向けトレーニング「GuruVR Boot Camp」の内容を基に開発した、撮影テクニック、スティッチ加工、VR空間の特殊加工、アプリ&CMSによる配信、等のレッスンが行われるという集中トレーニングセミナーだ。

    詳細はコチラ

    360°VRこそ 演出 が命! ネストビジュアルが語るVRにおける演出力とは?

    main85

    360°VR動画は、撮影機材の低価格化や編集の簡素化により、プロでなくとも誰でも簡単に360°動画の撮影でき、YoutubeやFaceBookなどのSNSでシェアできる時代になり、多くのユーザにその存在が知れ渡った。

    ビジネス面でも注目されており、ミュージシャンのMVや観光プロモーション用のPVなどで活用されている。

    しかし実際、目にする多くのコンテンツは360°動画を撮影しただけ、というものが散見される。

    これは話題性が先走ってしまった事も一つの原因だが、その本質は360°VRコンテンツの制作業界の中に、VRの特性を活かした見せ方ができる"演出家"が少ないからではないだろうか?

    今回は、VR黎明期から撮影・編集に携わり、今日までに多数の人気VRコンテンツを世に贈り出しているネストビジュアル株式会社の代表取締役である植山 耕成氏に参入のキッカケと今後の展望を、ディレクターである和田 健太郎氏、山口 翔氏には過去、手掛けたプロジェクト事例を引き合いに出しながら、それぞれの考える360°VRコンテンツの"演出"について、お話を伺ってきた。

    詳細はコチラ

    anthony10000000


    VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

    最新ニュースを読む