TheDECKエッジセミナー テーマ:「AR/VR」 - VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

TheDECKエッジセミナー テーマ:「AR/VR」

2017/08/22 14:59

    イベント詳細 日付: 2017年8月29日 14:00 PM – 18:00 PM 会場: The DECK カテゴリ: 講演会 TheDECKエッジセミナーは最先端テクノロジーを用いたビ ...


    イベント詳細


    VRイベント,TheDECK,イメージ
    TheDECKエッジセミナーは最先端テクノロジーを用いたビジネス開発について、業界のトップランナーである講師をお招きして、本町のオープンイノベーションスペースTheDECKにて開催するビジネスセミナーです。

    単に座学だけでなく、グループディスカッションや最先端技術を体感するタッチアンドトライの時間を確保するとともに、セミナー終了後にはネットワーキングタイムも設け、ご参加いただいた皆様の自然な交流とその後のビジネス開発において重要になるパートナー探索にもご活用いただけるイベントとなっています。
    今回のテーマ
    「AR/VR」
    今回(8/29開催時)のテーマはAR(拡張現実)・VR(仮想現実)です。
    Googleが開発した位置情報測位とリアルタイム画像合成を行うテクノロジーTangoやSONYプレイステーション用に開発されたVRヘッドセット、あるいはFacebookが20億ドルで買収したVRテクノロジーカンパニー「オキュラス」など、AR、VRの世界は今後、飛躍的な成長が期待されています。
    今回は、そのAR/VRをテーマとして本イベントを開催します。
    ゲストは、GoogleのARと位置測位テクノロジーのTango対応端末を世界最速で世に送り出し、先日も独立型ARヘッドセット「DAYstAR」などをリリースされづけているLenovoからエバンジェリストの土井様をお迎えするほか、抜群の臨場感を誇るHTC VIVEの日本事業責任者をお招きし、ハードウェアとしての各社の製品の機能や特徴、ビジネス的な発展の可能性や事例についてお話しいただきます。
    また、実際にARやVRを活用したアプリやサービスを展開しているソフトウェア領域のパイオニアとして、京都の風景をまるごとVR化することを目指しているKyoto VR、プロジェクションマッピングなどの既存技術にAR/VRを組み合わせた独自の世界観を持つコンテンツを多数生み出している1->10 Drive(ワン・トゥー・テン・ドライブ)、イギリスに本社を構え、AR領域で独自の開発環境を提供しているKudan(クダン)を招聘予定です。
    関西でこれだけのスピーカーがそろう機会はめったにないと思います。
    ぜひお誘いあわせの上、ご参加いただけますよう、どうぞよろしくお願いいたします。

    プログラム
    14:00-16:00 ゲストスピーカー講演

    西川美優氏

    VRイベント,TheDECK,イメージ2
    東京大学法学部卒業後、アビームコンサルティング/アビームM&AコンサルティングにてIT・戦略・M&Aコンサルタントとして勤務。米ミシガン大学経営大学院にてMBA(経営学修士)取得後、スクウェア・エニックス・ホールディングスでハイエンドVRに出会い将来性を確信、AMDにてハイエンドVRの普及に貢献、現在HTC NipponにてVIVE事業の責任者を務める。

    レノボジャパン レノボ・テクノロジー・エバンジェリスト
    土居憲太郎氏
    VRイベント,TheDECK,イメージ3
    入社時はThinkPad製品担当。現職ではタブレット製品やAR/VR製品をB2B2Cの分野のビジネス開発を担当。また、レノボのテクノロジー・エバンジェリストとしても活動を行っており、セミナーや講演なども行っている。

    Kudan株式会社 Business Development(Asia) 千葉 悟史 氏
    VRイベント,TheDECK,イメージ4
    ベンチャーキャピタル、大手ゲーム会社、スタートアップ企業のCFO等を経て2016年Kudan入社。 Kudanは、コンピュータビジョンのテクノロジースタートアップ。普及型のカメラに対応し汎用性と堅牢性に優れた三次元空間認識エンジンを、AR/MR/VR、IoT、自動運転やロボティクスなどの分野に提供し、あらゆる画像関連デバイスの中に入ることを目指している。

    Kyoto VR CEO Atticus Simsアティカス・シムズ氏
    VRイベント,TheDECK,イメージ5
    Atticus Sims is the co-founder and CEO of Kyoto VR. Realizing the potential of Virtual Reality from the moment he first put on a headset, he co-founded Kyoto VR in June of 2016. His goal, along with creating a Virtual representation of Kyoto, is to enable a thriving VR art community in the city. Kyoto VRのCEO・共同創設者。テキサス州出身、10年間日本に滞在。初めてVRに触れた瞬間からその可能性に目覚め、大好きな京都の伝統と文化をVRで世界に広めるため、KYOTO VRを始めた。VRとアートの共存性に興味を持ち、様々なアーティストをVRの世界に導く。

    1→10drive (ワントゥーテンドライブ)
    「Brand Prototyping Company」を理念に掲げ、モノやサービスにおけるプロトタイプ開発から商品化までを手掛ける。 インスタレーション業界、玩具業界、ゲーム業界、研究者など幅広いスタッフが集まり、VR・ARを含む、新たなテクノロジーを積極的に取り入れる体制で開発にあたっている。 企業と協調し、ブランド価値を根本からつくり込んだプロトタイプを開発し、次世代に残る商品ブランド/サービスブランドとなることを常に目指している。
    VRイベント,TheDECK,イメージ6
    江河 悠太氏
    イベント映像会社のインスタレーションエンジニアとして2012年~2015年太陽の塔インタラクティブプロジェクションマッピングをはじめ、イベント、展示会などでのインタラクティブコンテンツ、デジタルサイネージなどのプログラム、インタラクションデザインを手掛ける。2016年から1-10driveにてテクニカルディレクター、エンジニアとして活動。

    織田 博史氏
    株式会社カプコンにて、背景デザイナーとしての経験を得た後、「バイオハザード7」ではレベルデザイナー職でタイトルに参加。
    その後、1-10driveに転職し、レベルデザイナー職経験で培ったゲームコンセプトを素早く形にする力や、ユーザー体験の分析力を活かし、現在はエクスペリエンスデザイナーとして、最新のテクノロジーに付加価値を与えることができる体験を模索中。

    北原 妙子氏 プランナー/プロデューサー
    玩具業界での企画開発職を経て拠点を東京から京都へ。1-10driveにてプロダクト製品のプロトタイプ開発、インタラクティブコンテンツの企画・製作に携わる。土日は自宅で駄菓子屋「北原商店」を運営。

    16:00-17:00 タッチアンドトライ
    ※インプットセッションの各企業が提供するソリューションを参加者にて体験。

    17:00-18:00 ネットワーキングタイム(飲食あり)
    ※ネットワーキングタイムにご参加の方は、当日お一人様1,500円の会場費を頂戴いたします。

    お申し込みはコチラ:http://peatix.com/event/292123

    anthony10000000


    VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

    最新ニュースを読む