VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

UNREAL FEST EAST 2017

2017/09/04 13:23


    イベント詳細


    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ
    Greetings
    挨拶

    アンリアルフェスは、Epic Games Japan が主催するオフィシャルの Unreal Engine の大型勉強会です。
    アンリアルエンジン4が一般開放された2014年から、秋に関東、春に関西で開催しています。
    年々ご参加いただける人数も増え続け、多くの業界関係者の方にご参加いただいております。
    また公式グッズ販売や、同時開催されるぷちコンの作品の展示のコーナーも設けています。
    より多くの方にアンリアルの魅力を感じていただくために無料でご案内しております。
    アンリアルの活用方法を学びたい全ての方が対象のイベントです。是非ご参加ください。

    概要

    タイトル UNREAL FEST EAST 2017

    開催日時 2017/10/08(日) 09:30~18:30

    会場 パシフィコ横浜 会議センター 3F

    主催社 EPIC GAMES JAPAN

    公式タグ #ue4fest

    登壇社一覧

    ブループリントのゲーム開発 Live!
    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ2
    Epic Games Japan
    Developer Relations Technical Artist ロブ グレイ
    アメリカ生まれ。映画制作大学を出て来日して20年。テレビやゲームの仕事を経て2012年にエピックに入社。UE4のテクニカル・アート、アセットパイプライン、レベルデザインやスクリプティングなどが専門。

    UE4の攻略方法を伝授!より効率よく楽しく学ぶための鉄則について
    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ3
    Indie-us Games
    代表 中村 匡彦
    UE4とVRを専門に扱うゲーム制作集団Indie-us Games代表。多くのゲーム会社でプログラマーを経験後、独立。フリーランスでUE4に関連する仕事をこなし、今年4月からチームでの活動を開始。現在も専門学校の講師やライターの仕事をやりつつ、UE4の小さなタイトルから大きなタイトルまで幅広く関わっている。個人でもゲーム制作者として活動中。

    「VR ZONE SHINJUKU」の知見、全て吐き出します!
    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ4
    株式会社バンダイナムコエンターテインメント
    AM事業部 エグゼクティブプロデューサー 小山 順一朗
    日本大学理工学部精密機械工学科卒業後、1990年に株式会社ナムコ(現 バンダイナムコエンターテインメント)入社。その後、メカエンジニアとして体感ゲームに携わり、1992年には海外のVRの業務用ゲーム機「VIRTUALITY」を日本向けに展開。その後VR開発本部で仮想現実技術を追求し、「アルペンレーサー」などの体感マシンを中心に開発。バーチャルアイドルをコンセプトにした「アイドルマスター」や、ドーム型スクリーンでのVRを追求した「機動戦士ガンダム 戦場の絆」など、これまでにない新しいコンセプトの業務用ゲーム機タイトルに次々と携わる。現在は7月14日にオープンした超現実エンターテインメントEXPO「VR ZONE SHINJUKU」にて各VRアクティビティのディレクションを担当し「コヤ所長」として活躍中。

    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ5
    株式会社バンダイナムコエンターテインメント
    AM事業部 AMプロデュース1部 プロデュース4課 マネージャー 田宮 幸春
    東京大学工学系研究科にてロボット工学を研究し、1998年にナムコ(現バンダイナムコエンターテインメント)入社。以降企画開発担当として「ドラゴンクロニクルシリーズ」や「ドラゴンボールZENKAIシリーズ」など業務用ゲーム機を中心に手がけながら、家庭用ゲームソフト、ネットワークコンテンツまで、幅広く携わる。中でも新規企画のコンセプト立案に参画することが多く、現在は7月14日にオープンした超現実エンターテインメントEXPO「VR ZONE SHINJUKU」にて各VRアクティビティのディレクションを担当し「タミヤ室長」として活躍中。

    Unreal Engineを使用した商用タイトルでのノンフォトリアルレンダリング(NPR)事例
    ソレイユ株式会社
    エンジニア 田中達大
    NARUTO TO BORUTO シノビストライカー リードエンジニア
    その他復数タイトルのグラフィックエンジニア

    The Latest About and Future of Unreal
    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ7
    Epic Games Japan
    Senior Support Engineer
    Joe Conley
    約8年間アメリカと日本で開発経験もあり、ギター・ヒーローと鉄拳のフランチャイズのゲームに発売まで取り組んで、ハンドヘルド、家庭用、アケード用の開発も体験したゲームプログラマー。UE3の時代からアンリアルの経験があり、Epic Gamesの日本オフィスで勤務して、日本の会社のUE4開発がスムーズに行けるように手伝いしています。

    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ8
    Epic Games Japan
    Surpport Technician 鍬農 健二郎
    コンシューマーゲーム会社を経て2017年7月にEpicGamesJapanへ入社。サポートテクニシャンとしてUDNやAnswerHub上でのサポートに従事。

    ドラゴンクエストXIへの道 ~グラフィックスの作り方~
    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ8
    株式会社スクウェア・エニックス
    テクニカルアーティスト 高木和博
    ドラゴンクエストXI テクニカルアーティスト

    Developing High Performance Games for Android

    Google incVRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ9
    Developer Advocate
    Hak Matsuda
    Hak has been working on game technology on Android for past 4 years. Prior to Google, Hak worked for multiple platform teams including iOS/macOS, Xbox360, original Xbox, Dreamcast and Genesis.

    Hakは過去4年間、Androidのゲーム技術に取り組んできました。 Googleの以前は iOS / macOS、Xbox360、オリジナルのXbox、Dreamcast、Genesisなど、複数のプラットフォームチームで働いてきました。

    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ10
    Samsung Electronics
    Principal Engineer
    Jungwoo Kim
    After studying GPU hardware architecture and memory sub-system design in university, he joined Samsung Electronics and has worked for 15 years as both hardware and software engineer. With experiences of designing advanced video and image codec hardwares for many SoC projects of research center in early days, he moved to mobile division and has involved in all strategic Galaxy products since 2012. Currently he's leading multiple tech areas like GPU driver, graphics performance, Android graphics framework, GameDev tech support and Khronos standardization.

    Samsung Electronics に入社後、ハードウェアとソフトウェアの両方のエンジニアとして15 年間勤務。早くから研究センターの SoC プロジェクトの多くで高度なビデオおよび画像コーデックハードウェアの設計を経験し、2012年以降はモバイル部門に移行。すべての戦略的 Galaxy 製品に携わっています。現在、GPUドライバ、グラフィックスパフォーマンス、 Android グラフィックスフレームワーク、GameDev 技術サポート、Khronos 標準化 をリードしています。

    タイトル未定
    VRイベント,UNREAL FEST EAST 2017,イメージ11
    Enhance
    CEO & Founder 水口哲也
    共感覚的アプローチで創作を続けている。プロデュース代表作として、『セガラリー』(1994)、『スペースチャンネル5』(1999)、『Rez』(2001)、『ルミネス』(2004)、『Child of Eden』(2010)など。2016年には PS4/PSVR 版『Rez Infinite』をリリース。米国 The Game Award、ベストVRアワード(2016)を受賞。同年『Rez Infinite』の共感覚体験を全身に振動拡張する『シナスタジア・スーツ』を発表。2017年、PC/HTC Vive/Oculus Rift 版『Rez Infinite』をリリース。

    映像制作におけるUEの活用事例
    (株)ポリゴン・ピクチュアズ
    執行役員 宮川大輔
    1999年、アニメーターとしてポリゴン・ピクチュアズに入社。制作推進室長を経て、現在は制作部の執行役員を務めている。

    (株)ポリゴン・ピクチュアズ
    Environment Group Leader 新里保寿
    2005年、ショットアーティストとして入社。『Transformers Prime』ではShotSVをつとめる。現在は、『Project LayereD』でCGSVをつとめる傍ら、Environmentグループリーダーとして、主にBGの技術開発に注力している。

    (株)ポリゴン・ピクチュアズ
    黒木速人
    2003年、モデラーとしてポリゴン・ピクチュアズに入社。『STREET FIGHTER IV』、『Star Wars: The Clone Wars』等でRIg,Cloth,Hair,Crowdシミュレーション、モーションキャプチャのSV経験後、アニメーション部長を就任。現在はUEを基本とするリアルタイム技術のR&D。

    ドラゴンクエストXIへの道 ~The "L"oad To DragonQuestXI~
    株式会社スクウェア・エニックス
    第6ビジネス・ディビジョン テクニカルディレクター(ドラゴンクエストシリーズ)
    紙山 満
    ドラゴンクエストXI テクニカルディレクター

    VRゲーム"Airtone"制作事例 ~VRを活かす3つのゲームデザイン的挑戦~
    株式会社ヒストリア
    代表取締役・プロデューサー・ディレクター 佐々木 瞬
    コンシューマータイトルのディレクター・リードエンジニアを経て、Unreal Engine専門のゲームデベロッパー、株式会社ヒストリアを設立。コンソール、アーケード、VRゲームの開発を主軸に、建築アプリケーション開発や技術コンサルティングも行う。また、「出張ヒストリア! UE4勉強会」やミニコンテスト「UE4ぷちコン」をはじめとするコミュニティ活動にも力を入れる。本作Airtoneでは、企画立案からプロデュース・ディレクションを担当。
    【ヒストリア開発タイトル】
    ・「Airtone」(Oculus Rift / HTC Vive) 企画・開発
    ・「極限度胸試し ハネチャリ」(VRアクティビティ。「VR ZONE SHINJUKU」にて稼動中) 開発協力
    ・「アーガイルシフト」(VRアクティビティ。「VR ZONE SHINJUKU」にて稼動中) 開発協力
    ・「ナレルンダー!仮面ライダーエグゼイド」(アーケード) 開発

    ゲームサウンドクリエイター育成にUnreal Engine4!神戸電子専門学校での導入実例
    講演者写真株式会社プラスシグナル
    代表取締役 大久保悟
    ゲームメーカー2社で計30タイトルのサウンドディレクターを務めた後、2017年に株式会社プラスシグナルを立ち上げる。多種多様なサウンド職種やゲームエンジンを経てUnreal Engine4に出会い衝撃を受ける。Unreal Engine4によってサウンドクリエイターのワークフローに変革を起こしたいと考えている。

    神戸電子専門学校
    サウンド分野リーダー 市尾 賢次
    ゲームソフトメーカー勤務後フリーランスとなり、ゲームサウンド、広告音楽等の制作に従事。
    2013年より神戸電子専門学校サウンドクリエイト学科教員として、後進の指導に当たる。
    兼ねてから音源制作から実装までの一貫した実習を模索していたが、
    2017年、それらを実現できる強力な人脈、ツールに巡り合うこととなる。
    お申し込みはコチラ:https://unrealevent.eventcloudmix.com/

    anthony10000000


    VRによって得られる没入感と満足感は想像以上、これからどんな体験ができるのか役立つ情報をここからシェアしていきたいと思っています。

    最新ニュースを読む