VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > MESON×博報堂DYがAR時代の自撮りコミュニケーション体験「mirr」を公開

MESON×博報堂DYがAR時代の自撮りコミュニケーション体験「mirr」を公開

株式会社MESONは、株式会社博報堂DYホールディングスと共同で進めている研究の成果発表として、AR時代の自撮りコミュニケーションをコンセプトとした写真投稿・共有体験ができる「mirr(ミラー)」を開発し、渋谷キャストの3Dスキャンデータを用いて構築したVR空間内で体験可能なクローズドβ版の提供を開始したことを発表しました。


「mirr」とは?

「mirr(ミラー)」は、

・ARグラス時代の自撮り体験の再定義

・写真を介したAR空間内のコミュニケーション

をコンセプトとした写真投稿・共有体験サービスです。

AR空間に自身(の画像)を配置し、周囲に3DCGによるデコレーション素材を飾ってARグラスで写真撮影をすることで、個性豊かな写真を友人や家族にシェアすることができます。

街角のスナップ写真が現実空間に重ねられたAR空間上に蓄積していくことで、街が自分や友達とのフォトアルバムとなったり、そこに時間を超越したコミュニケーションが生まれることが期待されています。

「mirr」体験イメージ

▲バーチャル空間上に再現された渋谷キャスト

AR空間に自分の写真を配置し、色とりどりのデコレーションで彩ることができます。

▲空間にもうひとりの自分の写真を配置し、デコレーションで彩れる

▲デコレーションした自分を「自撮り」して友人や家族にシェアできる

​街角のスナップ写真を現実空間に重ねられたAR空間上に蓄積していくことで、街が自分や友人とのフォトアルバムやメモリーとなります。

​▲街が自分や友達とのフォトアルバムに

研究成果第1弾として「mirr」クローズドβ版の提供開始

博報堂DYホールディングスとの共同研究について

ARを核とした体験のプランニング・開発を行うMESON社と博報堂DYホールディングス社では、仮想空間と現実空間がシームレスにつながる「サイバーフィジカル空間」における新たな体験・コミュニケーションに関する共同研究が進められています。

これまでに「AR City」や「Spatial Message」の開発・展示を行っています。

コロナ禍でリアルからVR空間での実証に変更

「mirr」は、AR技術や空間コンピューティング技術がより普及することで実現する次世代のコミュニケーションサービスの実証実験として開発が進められてきました。

当初は、東急株式会社が運営する渋谷キャストの3周年イベントにおいて「フォトブースで撮影した写真を周辺の空間にARオブジェクトとして配置して、自身で自由にデコって楽しめる」という内容でデモ展示を目指していました。

しかしながら、新型コロナウィルスの影響によりイベントでのデモ展示が困難だと判断され、VR空間でのテストに変更されました。

渋谷キャストを運営する東急社と建築や都市のデジタル化を推進する株式会社gluon、渋谷キャストの空間設計にも携わっている建築デザイン事務所noizの協力のもと、提供された渋谷キャストの3Dスキャンデータを利用して、VR空間内に再現した『バーチャル渋谷キャスト』において「mirr」を体験できるクローズドβ版の公開が実現しました。

従来AR体験の開発には、リアルな場所でテストすることが不可欠とされてました。

しかし、実際の渋谷キャストの正確な環境を取り込んだ3DデータでVR空間の構築・再現することで、今までは難しかったAR体験の遠隔開発や体験検証が可能となりました。

今回実現したこのVR空間を活用した方法については、外出自粛要請がある時のみならず、遠方のため検証が難しい場合や、入場に時間規制がある場所や施設におけるAR体験検証にも有用な手法になると期待されています。

MESON社では、今後も都市や施設などの3D空間データを活用した新たな体験サービスの可用性研究に取り組んでいくとしています。



クローズドβ版の体験者募集

mirrクローズドβ版体験について、現在体験者を募集しています。

対象者:ARVR開発者・研究者など業界関係者、学生、およびメディア関係者
※応募者多数の場合は抽選

申し込み:応募フォーム

実証実験パートナーの募集

MESON社、博報堂DYホールディングス社は、今後も様々な地域・施設等を利用した実証実験を企画していて、パートナー企業を募集しています。

ARグラスが普及した時代のコミュニケーションや施設のデジタル活用についての知見蓄積提供の機会となります。

詳細・問合せ:MENSON社公式サイト

まとめ

MESON社はARにフォーカスしたテックカンパニーで、拡張された体験を人々の生活にいかに浸透させるかという問題に対し、様々なパートナーと共同で研究開発を行なっています。

今回の実証実験は当初、渋谷キャストに設置されたフォトブースで撮影した写真をAR空間に配置するものでしたが、コロナ禍でVR空間での実験に切り替えて行われることになり、今回のクローズドβ版の公開となりました。

本来はイベントに参加した人しか体験できなかったものが、VRの活用により開催場所や期間に関係なく体験可能となり、今後のAR体験検証にも影響を与える実証実験となりそうですね。

ソース:「mirr(ミラー)」に関するプレスリリース[PR TIMES]








VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む