VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

一般社団法人1964 TOKYO VR設立と「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトスタート

VR

「一1964 TOKYO VR般社団法人」ロゴ

2017年10月25日、 1964 TOKYO VR広報事務局は「一1964 TOKYO VR般社団法人」を設立し、第1弾プロジェクトとして、渋谷を拠点にした「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」をスタートさせることを発表した。

「一般社団法人1964 TOKYO VR」について

「一般社団法人1964 TOKYO VR」は、過去の写真から「記憶の中の街並み」を3DVRで再現するプロジェクトを推進するために、発起人であり代表理事の土屋敏男(日本テレビ)と齋藤精一(ライゾマティクス)、永田大輔(DISTANT DRUMS)の3名が理事となり設立された。

同法人は、当時の写真を現代の3D技術を使いVR化することで「記憶の中の街並み」を再現していくプロジェクトを推進するために設立された。

個人・企業に参加頂きながら、みんなで写真を集め、様々な地域でプロジェクトを展開していくことで、プロジェクトの参加者が記憶の中の街並みを実際にVRで回遊する体験を提供していくということだ。

第1弾「1964 SHIBUYA VR」プロジェクト

第1弾としてスタートする「1964 SHIBUYA VR」プロジェクトは、東京オリンピックが開催された1964年当時の渋谷界隈の街並みをVRで再現していくプロジェクト。

2020年に向けてますます世界から注目されている「渋谷」。

その渋谷という街が1964年の東京オリンピック当時どのような風景だったのか、1964年当時の写真を収集し、渋谷の街並みをVR化していくという。

当時の貴重な写真は、東京急行電鉄株式会社、渋谷区、宮益坂町会、読売新聞から提供してもらい、オートデスク株式会社からの技術協力によりプロジェクトがスタートした。

また、バンタンゲームアカデミー、デジタルハリウッド大学の教員・学生も産学協同プロジェクトとして制作協力をするということだ。

今後は広く個人・企業へ写真提供や技術提供を募ることで、高精度のVRとなった街並みを再現していくとしている。

また、このプロジェクトは「記憶の中の街並み」を再現するという活動理念に賛同してもらる人と創っていく共同プロジェクトとして運用していくということだ。

そのためにも活動を支援してくれる個人・団体の賛助会員の募集を開始し、第1号特別賛助会員として萩本欽一さんが参加することが決定した。

記憶の中にある街並みをみんなで再現し、VRとして体験することは、言わば「みんなで作るタイムマシン」と言える。

未来に向かって歩み続ける東京の「街並み」を未来に残していけるよう、継続的なプロジェクトとして活動していくということだ。

賛助会員について

賛助会員種別表

一般社団法人1964 TOKYO VRは多くの人々に賛同され、健全かつ着実な展開を図るため活動を支援してくれる個人、法人の一般・特別賛助会員を募集している。

賛助会員になると情報提供・3Dデータ化の要望・体験会への参加などの特典がある。

会費及び特典に応じて、特別賛助会員と一般賛助会員が用意されている。

賛助会員募集の詳細については公式サイト( http://1964tokyo-vr.org )を参照のこと。

「一般社団法人1964 TOKYO VR」の概要

「一1964 TOKYO VR般社団法人」ロゴ

過去の写真・画像を個人や法人から広く収集し、バーチャルリアリティの技術により都市の過去の街並みを再現し、都市の街並みの変遷とその素晴らしさを周知することを目的として設立された。

現代の3D技術により収集された街の写真をVR化して公開し、プロジェクトの参加者が実際に体験出来るように活動が行われる。

「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」の概要

「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」ロゴ

2020年に向けてますます世界から注目されている「渋谷」。

今まさに100年に一度の再開発が行われ、新しい「渋谷」に生まれ変わろうとしている。

その渋谷という街が1964年の東京オリンピック開催当時どのような風景だったのか。

当時の写真を収集し1964年当時の渋谷の街並みをVR化していくプロジェクトだ。

「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」への写真投稿方法

1964 SHIBUYA VR では1964年から前後約10年間に撮影された渋谷の写真を募集している。

写真をスキャンし、撮影場所、年代、思い出などの 情報と一緒にウェブサイトのフォームからの投稿を呼びかけられている。

写真投稿に協力してくれた人の名前 (ニックネーム可)はウェブサイトクレジットコーナーにて公開されるということだ。

※郵送でも受け付けているが返却はされないということなので注意。

写真投稿方法詳細については公式サイト( http://1964tokyo-vr.org )を参照。

「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」3Dモデルイメージ

「1964 SHIBUYA VRプロジェクト」3Dモデルイメージ

(C)1964 TOKYO VR

1964年当時渋谷エリアで撮られた複数の写真をもとに3Dモデリングのトライアルを行った写真。

「1964 TOKYO VR」「1964 SHIBUYA VR プロジェクト」コンセプトムービー

参照元:ニュースリリース

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む