VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VRに革命!Microsoftが仮想世界で3Dボタンを操作する技術を公開

2016/09/01 13:25

20160701n3d1

VRではユーザーはさまざまな仮想世界を体験できますが、そこで問題となるのが仮想世界とのコンタクト方法。付属のコントローラーを使えば決まった動作はできますが、まだまだ現実世界のように複雑な動作はできません。

そこで、研究機関のマイクロソフト・リサーチ3D空間にて自分の手でボタンなどを操作できる技術「Handpose」を開発しました。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=QTz1zQAnMcU&w=560&h=315]

 

Handposeではまず、手の位置や形をKinectなどで3次元的に読み取ります。その後、VR世界に手を再現することでボタン押す/スライダーを動かす/ダイヤルを回す/キーボードを打つなど、さまざまな操作が実現できるのです。

もちろん映像はOculus RiftやHTC ViveなどのVRヘッドセットに映し出すことも可能です。

さらに、指同士をくっつけることで物に強く触れたり、あるいは逆に優しく触れることもできます。この「触覚」を再現した機能は、今後ゲームやVR体験で非常に重要になってくるはずです。

例えば触覚があれば、VR世界で人やキャラクターの肩をポンッと優しく叩いたり、あるいはアクションゲームでブロックを強く叩いたりすることができます。そのような体験を通して、利用者をますますVR世界へと没入させることが可能になることでしょう。

さらに、今回の技術では積み木のような物を仮想世界で「さまざまな物体」に見立てることもできます。これにより、ごく普通のコントローラーでも触覚技術と組み合わせれば、さらに操作の可能性が広がるはずです。

同研究所のHrvoje Benko氏によれば、「『触覚』の再現なしにはVR世界に没入するすることはますます難しくなるだろう」としています。現在はVRヘッドセットのスペックが重要視されることが多いのですが、将来的にはそのコントローラーも同じくらいVR体験にとって大事なものになりそうですね。

参考元:http://www.wareable.com/vr/microsoft-research-handpose-555

塚本直樹


ジャーナリストとして常にテック企業のイノベーションやスタートアップ企業のプロダクトを追い続けている。 VR業界はこれからガジェット業界で最も伸びる分野、得意とする情報収集を生かして、VRに関する最新ニュースを漏れなくお届けします。 塚本直樹ツイッターアカウントはこちら

最新ニュースを読む