六つのレンズが搭載された360度カメラ「Hubblo PX6」がクラウドファンディングに登場 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

六つのレンズが搭載された360度カメラ「Hubblo PX6」がクラウドファンディングに登場

六つのレンズが搭載された360度カメラ「Hubblo PX6」がクラウドファンディングのIndiegogoに登場した。

Hubblo PX6

六つのレンズが搭載された360度カメラ「Hubblo PX6」がクラウドファンディングのIndiegogoに登場した。

「Hubblo PX6」について

CES 2017の「Last Gadget Standing」ファイナリストに選出されたデバイス

「Hubblo PX6」は、六つのレンズが搭載されている360度カメラで、この機材単体でライブストリーミングで放送することができる。

また、スマホと繋げ、アプリを利用したシンプルな操作でカメラを動かすこともできる。

制作状況は現在プロトタイプの制作を終えたところで、支援金が集まれば今年2017年7月には消費者への販売に向け大量生産できるとのこと。

「Hubblo PX6」のクラウドファンディング

支援金に関して、メーカーは5万ドル(約500万円)の支援をクラウドファンディングのIndiegogoで求めている。

支援の最低価格は10ドルからで、999ドルを払うとこの「Hubblo PX6」を一つ受け取ることができる。

支援希望者は下記のリンク先、Indiegogoのページから。
https://www.indiegogo.com/projects/hubblo-px6-360-3d-4k-vr-broadcasting-platform-camera#/

参照:VRfocus
URL:https://www.vrfocus.com/2017/03/hubblo-launch-indiegogo-for-360-degree-vr-camera/

     

     

Kawasaki


1996年生まれ。ドイツ在留。肉体と物理の限界を超えた「新しい世界」を創り出し、それを体験できるVRに興味を持ち、その最新動向を追っています。