VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

表情をVRに反映させるシステム「VR FACE」!コロプラの子会社360Channelが開発!

株式会社コロプラの子会社である株式会社360Channelは、VRヘッドマウントディスプレイを装着した状態で、ユーザーの視線や顔の動きを追跡し、人のリアルな表情をVR空間内の「アバター」へ瞬時に反映させる最新VRコミュニケーションシステム『FACE ~Face And Communication Entertainment~』の開発を発表しました。

press_top

「VR FACE」開発の発表に伴い、メディア向けに事前体験会が開催され、開発に至った経緯やプロダクトの具体的な内容に関してお話を伺ったので、ご紹介します。



投資先企業と自社のノウハウを組み合わせて実現

代表取締役社長 馬場氏

代表取締役社長 馬場 功淳氏

「VR FACE」メディア向けに事前体験会の冒頭、代表取締役社長である馬場 功淳氏よりコメントがありました。

4年前からVRでゲーム以外のジャンルだとコミュニケーションが来ると思っていた。実際に今、世界を見てもFaceBookなどを筆頭にコミュニケーション系が多いことを見ても、注目度は高まっています。

我々は自社で制作できない部分に関しては、VR専用ファンド「Colopl VR Fund」を立ち上げ、40社程度投資を行ってきました。

投資する立場になると、世界中の優れたコア技術を目にすることができるようになるのですが、その中でそれぞれの技術を組み合わせば、よりよいコミュニケーションツールができるのではと考え、そこから技術の選定を行い、我々としては初の研究開発案件として、制作することにしました。

さらに、馬場氏は「自社でシステムを作ってみたかった」ともコメントしており、"モノづくり"を行ってきた企業だからこそ、作ってみたいという強い欲求が沸いてきたことも開発に至った理由のようです。

ちなみに、マネタイズ部分に関しては特に考えておらず、技術的にもまだまだ未熟のため、まずは本システムのクオリティをあげるために注力していくとのこと。

FACEは5社のノウハウがつまったシステム

Faceプロジェクトマネージャー 澤木 一晃氏

Faceプロジェクトマネージャー 澤木 一晃氏

続いて、開発責任者である澤木一晃氏よりFACEの詳細をお伺いできました。

澤木氏によると、「FACE」のシステム開発に辺り、

  • Holotech Studios
  • FOVE
  • Binary VR
  • CRI-ミドルウェア

が手がける技術を統合し、360Channel の持つ独自の同期通信システムを用いて開発を行なったとのこと。

Holotech StudioはFaceRigという表情をアバターに反映するツールを提供している企業で、Binary VRはVR Insideでも以前取り上げたが、表情を認識するフェイストラッキング・カメラ「Binary VR」を開発したデベロッパーです。

FOVEはご存知の方も多いだろうが、視認追跡型VRHMD「FOVE」を開発した企業で、KickStarterのキャンペーンでは48万ドル強を集めた注目の企業です。

FACEは瞬時に目線・表情・感情をVR空間へ反映させる

「FACE」は

  • 360Channel
  • Holotech Studios
  • FOVE
  • Binary VR
  • CRI-ミドルウェア

の5社の技術を活かし、視線追跡型VRHMDと口や頬の動きの情報を取得できるFacial Tracking cameraを利用し、人の視線や表情データを3Dモデルレンダリング技術によってアバターへ反映させています。

眼球の動きや瞬きに加え、頬の膨らみや笑った時の口角の上がり方、さらには目の形から眉毛の位置も推定し、ほぼリアルタイムにユーザーの表情をVR空間のアバターへ表現しています。

また、これらのアバターを用いて、複数人同時の音声会話も可能となっています。

VR空間内で自撮りも可能

VR空間内で自撮りも可能



FACE応用の可能性について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

さらに澤木氏は「FACE」応用の可能性について、独自の2つの見解を説明しました。

「FACE」応用の可能性①

「FACE」応用の可能性の1つ目は、表情のトラッキング技術を最大限に活かした視線表情分析ツールの提供です。

ユーザーの視線移動、焦点を合わせた対象物や時間のデータと表情変化のデータを蓄積し、ユーザ分析を行うというもです。

「FACE」応用の可能性②

「FACE」応用の可能性の2つ目は、VR内でアバターを使った番組制作といった、視線や表情付きアバターを用いた、よりインタラクティブ性の高いVRコンテンツの制作ツールの提供です。

「FACE」あくまでも技術研究

「FACE」あくまでも技術研究のためのもので、商品展開などは予定していませんが、さらなる技術開発の発展を目指していることもあり、興味を持った企業からの連絡を待っているようです。

まとめ

FaceBookがβ版をリリースしたソーシャルVRアプリを筆頭に、世界中の多くの企業が注目しているコミュニケーション分野。

海外が先行している状況でしたが、「FACE」の登場によりVRコミュニケーション分野でも世界と戦える予感を感じさせてくれるプロダクトです。

まだまだ研究開発中ですが、興味を持った企業からの連絡を受付中とのことなので、気になる方は一度問い合わせてみてはいかがでしょうか。

© 2016-2017 360Channel, Inc.

【関連リンク】
FACE問い合わせ先
FACE公式サイト
Face360°体験動画





2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。

最新ニュースを読む