VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR Inside > ニュース > VRコンテンツ制作クラウドソフト「3D Stylee」が東京都住宅供給公社に採用

VRコンテンツ制作クラウドソフト「3D Stylee」が東京都住宅供給公社に採用

3D Stylee アイキャッチ

株式会社エフマイナーが提供する、360度VRコンテンツを制作できるクラウドソフト「3D Stylee(スリーディースタイリー)」が、東京都住宅供給公社(以下「JKK東京」)に採用され、2017年12月1日よりJKK東京が取り扱う不動産物件の360度VRコンテンツ化を進めていくと発表された。

更に、東京都と東京都中小企業振興公社が実施する平成29年度「先進的防災技術実用化支援事業」に「3D Stylee」を基盤技術としてVR防災訓練システムとして実用化が採択された。

JKK東京の3D Stylee導入について

導入の目的、背景

JKK東京は都内全域に7万戸超の賃貸住宅を管理している特別法人となり、JKK東京の住宅の申込みは、ホームページからが中心となっていることもあり、取り扱い物件の360度VRコンテンツ化を進め、JKK東京のホームページ等で発信することにより、子育て世帯や高齢者等の内見が困難な利用者の利便性の向上を目的として導入したとしている。

今後の計画

12月中旬にホームページを公開し、3D Styleeを利用した管理物件のVRコンテンツの提供数を拡大する予定となり、1年間で100物件程度の360度VRコンテンツ化を目指している。

東京都の先進的防災技術実用化支援事業について

3D Styleeをベースとした、VR防災訓練システム

「3D Stylee」をベースに、防災訓練用360度VRコンテンツを、低コストで、個々の建物の事情に応じて制作できるソフトウェアを開発おこなうとされている。
制作されるコンテンツは通常のウェブブラウザで再生可能なため、スマートフォンやPCで閲覧可能であり、実施する上で特別な機材を必要としないことから、対象者が多数となる訓練の実施に適していると発表されている。

先進的防災技術実用化支援事業とは

東京都及び(公財)東京都中小企業振興公社では、先進的防災技術の普及による都市防災力の向上と産業の活性化を図るため、都内中小企業者等が、自社で開発・製造した都市の防災力を高める優れた技術、製品・試作品の実用化及び販路開拓に係る経費の一部を助成する「先進的防災技術実用化支援事業」を実施している。

アバター


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む