VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Acer Windows Mixed Realityヘッドセットが10月17日より発売開始へ

2017/10/06 11:20

Acer Windows Mixed Realityヘッドセットが10月17日より発売開始へ

日本エイサー株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:詹 國良(ボブ・セン))は、Windows 10搭載パソコンで気軽に最新のMixed Reality=複合現実を体験できるAcer Windows Mixed Realityヘッドセットコンシュマーバージョン「AH101」(ヘッドセット本体+モーションコントローラー2基セット)を2017年10月17日(火) より発売すると発表した。

また10月6日(金)より、各家電量販店様とAcer Direct楽天市場店にて予約の受付が開始された。

「AH101」の発売に合わせ、日本エイサー株式会社はWindows Mixed Reality向けアプリ開発者を対象とした、コンテンツ開発コンテストを実施予定。

詳細は2017年10月17日(火)に発表するとのこと。

Acer Windows Mixed Realityヘッドセットが10月17日より発売開始へ

本製品を使用するには、*推奨されるスペック要件を満たしたWindows 10 Fall Creators Update搭載パソコンが必要。

Windows 10 Fall Creators Updateは2017年10月17日(米国時間)より、マイクロソフトよりリリース予定。

型番 カラー JANコード 想定売価 発売予定日
AH101 クリアブルー 4515777589451 オープン 2017年10月17日(火)

Windows Mixed Reality=複合現実

Windows Mixed Realityは現実の世界とデジタルの世界が複合的につながり、影響し合う、新体験の空間。

革新的な技術に支えられたWindowsベースの最先端プラットフォームのため、Acer Windows Mixed RealityヘッドセットはWindows 10搭載パソコン*にHDMIとUSBケーブルで接続するだけ簡単に今までにない没入体験を実現している。

イメージ

セットアップは簡単!プラグアンドプレイで手軽に楽しめるWindows Mixed Realityの世界

これまで部屋の工事や複雑な設定を必要とした仮想現実の世界。

Acer Windows Mixed Realityはインサイドアウト方式のトラッキングシステムをヘッドセットに内蔵することで、視界の広い複合現実の体験を手軽に楽しめる。

イメージ

心地よく、高い自由度を実現

6自由度(6DOF)*という高い自由度の位置トラッキングで体と頭の細かい動きを敏感にキャッチ。

視点を変えたり、空間内を移動したり、付属のモーションコントローラーを動かすと、それに応じてWindows Mixed Reality内の空間がインタラクティブに反応し、よりリアルな体験が可能だ。

*6自由度=6 Degrees Of Freedom:前後、左右、上下の移動、傾き、回転

イメージ

360°に広がるWindows Mixed Realityのインタラクティブな世界

Acer Windows Mixed Realityヘッドセットは、Windows Mixed Realityという空間を体感できる次世代インターフェース。

内蔵された2つのセンサーがユーザーの動きを瞬時に認識し、360°に広がるスクリーンと連動して壮大な空間を映し出す。

付属のモーションコントローラーを使いながら空間内を自由に移動することで、これまでに経験したことのない没入感が体験できる。

イメージ

ハイクオリティのビジュアルとサウンドが生む圧倒的な没入感

2つの2.89型液晶ディスプレイは2880×1440ピクセル(単眼で1440×1440)の高解像度映像を最大90Hzのリフレッシュレートで表示。

個人差のあるIPD (瞳孔間距離(眼幅))はソフトウェアにより63mm±8mmの範囲で調節が可能。

メガネを着けている状態でも違和感なく装着でき、MRの映像を楽しむことができる。

サイドには3.5mmオーディオジャックを装備しているので、お気に入りのヘッドフォンを接続して、臨場感あふれる音響も楽しむことが可能。

イメージ

機能的で軽量、セットアップも簡単なプラグ&プレイ、モーションコントローラー付属

Acer Windows Mixed Realityヘッドセットのバンドはダブルパッド付きで、頭に優しくフィットする。

ダイヤルを回すだけでホールド感の調節も行え、質量はわずか440gと軽量で思わず装着していることを忘れるほどだという。

Windows Mixed Realityのトリップを中断したいときは、バイザー部をサッと上げるだけで現実世界へ。ヘッドセットごと外す必要はないとのことだ。

付属のモーションコントローラーを使えば、よりインタラクティブな操作が可能。

内蔵する6軸加速度センサーと、ヘッドセットのセンサーカメラがコントローラー上のマーカーを読み取り、位置や動き、操作などがAcer Windows Mixed Realityヘッドセット内の空間に反映される。

Acer Windows Mixed Realityヘッドセットと、Windows 10 Fall Creators Update搭載パソコンをHDMIとUSBケーブルで接続して、プレイスペースをセットアップするだけのプラグアンドプレイ。

イメージ

推奨PCスペック

  Windows Mixed Reality Ultra Windows Mixed Reality
OS Windows 10 Fall Creators Update
CPU 第4世代 インテル® Core™ i5 プロセッサー (4コア) 以上
AMD FX-4350 4.2GHz (4コア) 以上
第7世代 インテル® Core™ i5 プロセッサー (2コア)
インテル® ハイパースレッディング・テクノロジー 対応
システムメモリ 8GB DDR3 8GB DDR3 デュアルチャネル
グラフィックス NVIDIA GTX 965M / AMD RX 460以上のDX12対応GPU インテル® HD グラフィックス 620以上のDX12対応GPU
グラフィックドライバ Windows Display Driver Model (WDDM) 2.2
ディスプレイ 外部または内蔵VGA (800×600) ディスプレイ
映像出力 HDMI 2.0 HDMI 1.4
USB USB 3.0 Type-A
Bluetooth® Bluetooth® 4.0

参照元:日本エイサーの発表


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む