VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

錬金術師として異世界を探検、VRタワーディフェンス/ストラテジー「Alchemist Defender VR」が11月22日にリリース

TreeView Studiosによるタワーディフェンス/ストラテジーゲーム「Alchemist Defender VR」の早期アクセス版が11月22日にリリースされる。

本作は錬金術をテーマにしたタイトルで、プレイヤーは錬金術師として、目標となる賢者の石を探し求めて様々なワールドを舞台に戦略ゲーム、シューティングをプレイすることが可能だ。

「Alchemist Defender VR」について

ゲームについて

「Alchemist Defender VR」はタワーディフェンスとストラテジー、そしてシューティングゲームの要素を組み合わせたタイトルだ。

VRでのプレイに特化して制作されており、様々なマップを舞台に多様な武器を駆使しながら、没入感の高いVR環境で幅広いゲームプレイを楽しむことができる。

ストーリー

本作は以下のような設定、ストーリーに基づいて展開する。

プレイヤーはマスタークラスの錬金術師であり、長年にわたる研究の末、錬金術師の最高の目標である「賢者の石」を見つけ出すべく、そのための道具の制作に勤しんでいた。そして錬金術師は別世界への扉を開く入り口を自らの手で発明する。

舞台となる別世界を探検すれば、そこには目標である賢者の石があるはずだ。プレイヤーはそれぞれのステージに現れる様々な敵と戦いながら、目標となる賢者の石を目指す。接近戦闘用の武器や、弓矢などの遠距離射的用の武器などを駆使しながらゲームを進めていく。

ゲームの特徴

本作では白熱したバトルをプレイ可能で、たとえば「War Hammer」などのアイテムを使って至近距離でのバトルを楽しむことができる。「Spiked Mace」や「Ice Sword」などのアイテムも使用可能だ。

もしくは弓矢やグレネードなどを用いて、遠距離からの戦闘をプレイすることもできる。プレイヤーの好みに応じたゲームプレイに対応している。

本作では合計で4つのレベルがプレイ可能だ。それぞれのレベルには合計で10回の敵キャラの軍団が出現し、それぞれのレベルに応じて強さが変わる。また、ゲーム中ではタレット(砲塔)をアイテムとして使用することが可能で、プレイヤーの好きな場所に配置して敵軍団を迎え撃つことができる。

「Fast Cannon」や「Frost」、「Mortar」などの様々な機能を備えたタレットが使用可能であり、ゲームの状況に応じてこれらを使い分けることで、ゲームの進行をよりスムーズなものにできる。

早期アクセス版がリリース

「Alchemist Defender VR」は現在早期アクセス版がリリースされている。

本作の開発企業であるTreeView Studiosは現在フルバージョンのリリースに向けてゲーム内容の改善に取り組んでいる。グラフィックやユーザーインターフェイスなどの仕様を、プレイヤーからのフィードバックを参考にして改良を行なっている。

フルバージョンではさらに多くの武器が使用可能になり、また新たなレベル、新たなデザインの敵キャラ、よりインパクトの強いストーリーなどが追加される予定だ。

リリース予定、対応デバイス、価格について

「Alchemist Defender VR」はHTC Viveに対応しており、11月22日の配信開始を予定している。

価格は1,480円で、Steamからダウンロード可能になる。

必要スペック

本作のプレイに必要なスペックは以下の通り。

OS Windows 7 SP1 or newer
プロセッサー Intel Core i5 4590 or AMD FX 8350 or greater.
メモリー 4 GB RAM
グラフィック NVIDIA GeForce GTX 970 or AMD Radeon R9 290 or better
DirectX Version 11
ストレージ 3 GB 利用可能

VRでプレイ可能なタワーディフェンス/ストラテジーゲーム

「Out of Ammo」(Rift、Vive対応)

「Out of Ammo」はゲームの状況に応じて、タワーディフェンスとシューティングの両方をプレイできる特徴的なタイトルだ。

プレイヤーは戦場の指揮官としてマップ内に様々な建物を配置して基地を建設したり、もしくは地上部隊に司令を出して動かしたり、空爆による航空支援などを要請することができる。敵の部隊が自軍の基地に接近した時は、プレイヤーは地上で活動する部隊の一員としてシューティングをプレイできる。

ライフル兵や衛生兵、ロケット兵からプレイヤーの好みに応じたキャラクターを選択可能で、それぞれの状況に応じてキャラクターを使い分けながらゲームを進めることができる。

また、本作では様々なロケーションを舞台にしたプレイに対応しており、都市部のマップや砂漠、海岸、山岳地帯、港湾、森林などのマップが使用可能だ。

参考:シューティングとタワーディフェンス両方をプレイ可能な「Out of Ammo」、PSVRにも対応予定

「Skyworld」(Rift、Vive、Windows MR対応)

「Skyworld」はターンベースのストラテジーゲームだ。クラシックな戦略ゲームを、VRによる没入感溢れる環境でプレイできる。

本作はプレイしやすいターンベースストラテジーと、ハマりやすいリアルタイムバトルを組み合わせたタイトルだ。細部にまでこだわった、動作するミニチュアの世界を楽しみながらプレイできる。

戦場で軍隊を組織し、命令して、あらゆる「Skyworld」を征服する。ゲーム内にはドラゴンも登場し、オンラインマルチプレイヤーでは他のプレイヤーと白熱したバトルをプレイすることもできる。また、本作はVRゲームでは珍しく、日本語にも対応しているタイトルだ。

参考:VRでクラシックなストラテジーゲームをプレイできる「Skyworld」、アップデート用のパッチがリリース

「Marshmallow Melee」(Rift、Vive対応)

「Marshmallow Melee」は、人形サイズのマシュマロ型の戦士を操作してプレイするリアルタイムストラテジーゲームで、ダンジョンクローラーとしての性質も持つ特徴的なタイトルだ。

プレイヤーはミニチュアサイズの兵士によって構成された部隊を率いて、目標となるタワーを制圧することがミッションとなる。登場する敵を倒し、プレイエリアに存在するトレジャーを拾い集めながら次のレベルへと進んでいく。

本作では合計で50のレベルがプレイ可能で、それぞれのレベルステージではプレイヤーが率いる部隊をアップグレードしたり、新しい武器を見つけることができる。

VRゲームはプレイ中に体を激しく動かすものが多いが、本作は「カウチスケール」、つまり椅子やソファーに座ったままプレイできるタイトルだ。

参考:リアルタイムストラテジーとダンジョンクローラーを融合した「Marshmallow Melee」、早期アクセス版がリリース

参照元:VRFocus Conquer Worlds With The Power Of Alchemy In Alchemist Defender VR

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む