Allie Camera社が開発した360°カメラ「Allie Go」がリリース | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Allie Camera社が開発した360°カメラ「Allie Go」がリリース

2016/09/22 10:00

「Allie Go」は着脱可能なバッテリーベースを使用し、4K対応で最大2時間の撮影が可能。
また、セットのアプリを使えばカメラのリモートコントロールも使用できる。価格は$500。

IC Real Timeの部門の一つであるマイアミを拠点とするAllie Cameraが360°カメラ「Allie Go」の詳細を明らかにした。

Allie Go

Allie Go

Allie Goは軽量のバッテリーベースを装着するだけで、360°動画撮影やライブストリーミングなどをYouTubeなどにアップできる。

最大2時間の録画ができ、三脚を使えばハンズフリーで録画ができる。

また4K対応で、バッテリーは脱着可能式となっている。

価格はAllie Go本体が$500で、バッテリーパックが$60だ。

カメラはAllieアプリとセットになっており、このアプリを使えば、スマートフォンまたはタブレットでカメラのリモートコントロールができる。

このアプリには撮っている映像をVRモードで確認できる機能などもついている。

Allie Goは現在予約受付中で、10月半ばに発送予定だ。

参照元サイト名:venturebeat
URL: http://venturebeat.com/2016/09/20/allie-camera-lets-you-take-360-degree-selfies/

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

最新ニュースを読む