ソーシャルVRプラットフォーム『AltspaceVR』資金難により今週閉鎖 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ソーシャルVRプラットフォーム『AltspaceVR』資金難により今週閉鎖

2017/07/31 11:55

2013年に設立されたソーシャルVRプラットフォーム『AltspaceVR』が資金難を理由に今週閉鎖される。現状ソーシャルVRで利益を上げる方法は確立されておらず、ユーザ数を増やして投資を受けることが競争を生き残るための鍵になりそうだ。

AltspaceVR

今週閉鎖される『AltspaceVR』

一人でプレイするVRゲームや、VRで世界を旅することのできるアプリケーションは楽しい。しかし、それだけではVR技術が一般の消費者に普及するためには欠けているものがある。

一般ユーザに訴求するために外せない要素がソーシャル性だ。

現在は他ユーザとのコミュニケーションに重点を置いたVRアプリも多数登場しており、後発のものではFacebookのユーザ数と資金力を背景とする『Facebook Spaces』や画面共有だけでなくコミュニケーション機能も充実した『Bigscreen』などがある。

そんな中、2013年に設立され、最初期にサービスを開始したソーシャルVRプラットフォームの一つである『AltspaceVR』が資金難のために今週閉鎖を予定している。

AltspaceVRの閉鎖

AltspaceVR

閉鎖される『AltspaceVR』

7月28日、AltspaceVRの公式ブログで同社がVRプラットフォームを閉鎖することが伝えられた。

AltspaceVR

AltspaceVRは月に数万人のユーザがログインするソーシャルVRプラットフォームとして、最も早い時期にサービスを開始したものの一つだ。

その歴史は非常に長く、HTC ViveやOculus Riftといった消費者向けの製品版VRヘッドセットが発売されるよりも前にサービスが開始されている。

AltspaceVRはもちろんこれらのVRヘッドセットに対応しているが、ヘッドセットを持っていないならばモニターモードを使うことも可能だ。モニターモードでは、VRヘッドセットではなく一般的な2Dディスプレイを使ってVR空間にアクセスすることができる。

今年の2月に行われたアップデート以降は、HTC Vive、Oculus Rift、Gear VRとDaydream、そしてAndroid(モニターモード)でVRでのイベントに参加することができるようになっていた。

VR非対応のAndroid端末に対応することでユーザ数の拡大が期待されていたが、残念ながら運営を続けるだけの資金を獲得するきっかけにはならなかったようだ。

最後のイベント

AltspaceVRはコミュニケーションのためのプラットフォームなので、この世界で様々なイベントがユーザによって企画された。

単に雑談をするだけでなく、映画の鑑賞会やカラオケイベントが開催されたこともある。

このバーチャルな世界で最後となるお別れのパーティーが開催される。パーティーが終われば、いよいよサービス終了だ。

閉鎖予定は8月3日の午後7時(太平洋時間)で、日本時間では8月4日の午前11時に当たる。

AltspaceVRの説明

DaydreamとAndroidに対応

DaydreamとAndroidに対応するAltspaceVR

AltspaceVRは、ブログの記事で閉鎖に至る詳細について説明している。

資金調達の失敗

閉鎖の直接的な理由は、運営を続けていくための資金を獲得できなかったことだ。

Crunchbaseによれば2015年には1,000万ドル(11億円)を超える投資を受けているが、それ以降は資金を得られなかったようだ。

VR市場の成長が遅れていることもあって、この分野への投資を控える投資家も出てきている。そのため、他の新たな投資家から資金を獲得することもできなかったという。

サービスに問題があった?

同社は、AltspaceVRのサービスそのものに問題があったとは考えていない。

利用者がいないわけではなく、月に35,000人がAltspaceVRにログインしている。

無料サービスの利用者数としては少ないようにも感じられるが、VRユーザ自体がまだ少ないことを考えると悪い数字ではないと言える。少なくとも同社はそう考えているようだ。

平均的な利用者は日に35分をVR空間で過ごし、大規模なイベントが行われれば1,000人規模のユーザが参加するという。

SDKを使って積極的に機能を追加するデベロッパーや、イベントを開催するオーガナイザーもAltspaceVRに参加している。

企業・サービスの今後

AltspaceVRのサービスは8月3日で閉鎖されてしまうため、これまでのようにVRでコミュニケーションすることはできなくなる。

閉鎖までにはまだ数日の猶予があるため、この期間を使ってフレンドと今後連絡を取り合う手段を確保することが勧められている。

また、写真やフレンドのリストを保存したい場合はhttps://account.altvr.com/eventsから可能だ。

企業としてのAltspaceVRの今後については何も決まっていないようだ。

 

様々な企業がソーシャルVRプラットフォームに力を入れるようになっており、資金力のあるFacebook Spacesのような強力なライバルも登場している。

このカテゴリではまだ収益を上げる方法が確立されていないので、投資家にアピールできなければベンチャー企業がサービスを続けるのは難しくなってしまうだろう。

いよいよソーシャルVRプラットフォームの生き残り競争も激しくなることが想像される。

 

参照元サイト名:AltspaceVR
URL:https://altvr.com/good-bye/

参照元サイト名:Road To VR
URL:https://www.roadtovr.com/altspacevr-one-first-social-vr-platforms-shutting-next-week/

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。