VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

HTC幹部、2017年と2018年に起こるVRのイノベーションについて予測

2016/12/19 18:15

HTC幹部のAlvin Wang Graylinは、2016年12月15日、今後2年のVRのイノベーションに関してツイートした。

20161219_vive_1

HTCの中国地区プレジデントのAlvin Wang Graylinは、VRスタートアップを支援するプログラム「Vive X accelerator」が2016年12月19日に終了することに合わせて、「2017年と2018年にそれぞれ起こるVRに関する10の予言」と題したツイートを行った(下のツイート参照)。

上記ツイートは、同氏が考える今後2年に起こるVRのイノベーションをまとめたものである。

2017年のVRに関する10の予言

  • VRメーカーが開発したVRタイトルが10,000以上に増える
  • 新しいVR開発環境と360°カメラの登場によって、ユーザーによるVRコンテンツが爆発的に増える
  • 2017年第4四半期には、通常のPCよりVR Ready PCの方が売れる
  • モバイル型VRヘッドセットの売上げ台数が5,000万台を突破する
  • VRが新たな消費のシンボルとなる
  • 教育ビジネスがVRの成長を促す主要な要因となる
  • VR広告がVR開発費をまかなう収入源となる
  • VR開発者の人材が不足するので、VR開発者の給料が高騰する
  • VR製造業がVRテクノロジーを大々的に採用する
  • 誰かが30日間ずっとVR空間で過ごすことに成功する

※2016年現在、ギネスに認定されているVR空間最長滞在記録は1日

2018年のVRに関する10の予言

  • 長編VRブロック・バスター映画の出現とヒット
  • 不動産業でVR Readyスペースがある物件の販売開始
  • VR開発技術習得コースが大学と専門学校で最も人気のある学科になる
  • VR/ARハイブリッド・プロダクトの誕生とヒット
  • AIを実装したVRキャラクターが、老人と孤独なヒトの相手をするようになる
  • 企業がVRを使ったリモートワークを始める
  • セレブが自分の生活を見せるソーシャルメディアとしてVRがメインとなる
  • 主要な小売り企業がVRショッピングサービスを開始する
  • VRソーシャル体験が大流行するが、深刻な問題も起こる
  • ハイクオリティなVR MMORPGがリリースされ、大ヒットする

※「VR Readyスペース」とは、VRが体験できるように完備されたルームスケールのこと

今後解決すべきVRに関する9の課題

同氏は、VRに関する予言とともに今後VR業界が解決すべき課題を9項目挙げている。

  • VRメーカーの新たな収入モデルの構築
  • キラーアプリ/コンテンツの開発
  • より自然なUI
  • より美しい画質
  • AIテクノロジーとの統合の推進
  • 低消費電力かつハイパフォーマンス
  • より高速な通信ネットワーク
  • バッテリーの改善
  • より大容量なストレージ

以上のようなVRに関する予言と課題が、調査会社ではなくVRプラットフォーマーのHTC幹部によって語られたことが意味することは、これらの予言はアナリストが分析した市場動向調査の類ではなく、VR業界全体で実現を目指すべき未来の青写真として解釈すべき、ということだ。

PCを考案したコンピュータ・サイエンティストのアラン・ケイは「未来を予測する最善の方法は、それを発明することだ」という名言を残しているが、以上の予言が成就する最善の方法もまた、それを実現することであろう。

Vive X accelerator公式サイト
http://www.vive.com/us/vivex/

[amazonjs asin="B01G1HENFI" locale="JP" title="HTC Vive バーチャルリアリティ ヘッドマウントディスプレイ VRヘッドセット 並行輸入品"]


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む