AppleがNASAでARに関わったスペシャリストを雇用 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

AppleがNASAでARに関わったスペシャリストを雇用

2017/04/27 15:49

    AR技術に注目するAppleが、NASAでAR/VR技術を推進してきたエキスパートを雇用したようだ。Jeff NorrisはARチームのシニアマネージャーという肩書でAppleの社員となり、2018年の発売が噂される同社のARデバイス開発に協力するとみられる。

    Jeff Norris

    NASAでAR/VRを推進したJeff Norris

    Appleはかねてより、ARを将来性のある技術として高く評価している。本当にAppleがARグラスを作る計画を進めているのかどうかは分からないが、iPhoneにAR技術を搭載しようという動きは存在するようだ。

    先日見つかった特許書類には、ARオブジェクトをただ現実の映像の上に重ねて表示するだけではなく、現実に存在するかのように表示する方法が記載されていた。この技術が採用されれば、ARオブジェクトはこれまで以上に現実の一部のように見えるだろう。

    新しくAppleが雇用した人物からも、同社がいよいよAR技術の採用に本腰を入れ始めたのではないかと想像できる。Appleが今年の初めに雇用したとBloombergが報じたJeff Norrisは、NASAでARやVRのプロジェクトを率いた人物だ。

    Jeff Norrisのこれまで

    彼がこれまでに行ってきたプロジェクトがどのようなものだったのかは、彼自身のサイトであるDr. Jeff Norris.comで確認できる。英語のサイトだが、画像や動画も多用されているので内容の想像ができるのではないだろうか。宇宙で使われている技術に興味があれば、見てみると面白いだろう。

    このサイトによれば、NorrisはNASAのジェット推進研究所でMission Operations Innovation Officeを設立した。このオフィスでは、ARとVRを使ってロボットや宇宙船をコントロールする新しい方法の発見に尽力していたようだ。

    マイクロソフトのHoloLensを使って火星に送り込んだビークルを遠隔操作するシステムは、地質学者が容易に火星の調査を行うことを可能にする。人間を火星に送り込むよりも安全で簡単な探査方法だ。

    他にも、宇宙ステーションで宇宙飛行士が行う作業をVRを使ってサポートするシステムなども考えられている。地上の専門家が、宇宙飛行士の視界を共有しながらアドバイスをすることが可能になる。

    宇宙ステーションのような地球の重力から離れた環境でHoloLensのトラッキングが正しく動作することを確認し、無重力空間にヘッドセットを持ち込んだのも彼の功績だ。

    彼は1999年からNASAで働いていたが、今年の初めからAppleの社員になったようだ。

    NorrisはウェブサイトだけでなくTwitterアカウント@DrJeffNorrisも運営している。しかし、残念ながら頻繁にTwitterへの投稿を行うようなタイプではないようだ。最後のポストは2ヶ月以上前、2月22日のものとなっている。当然、Appleとの関係についても言及はない。

    Appleの計画とJeff Norris

    Appleの特許書類にあった図

    正式なコメントなし

    Norrisは、今年の初めにAppleに入社したようだ。その肩書は、ドルビーラボの前エグゼクティブであるMike Rockwellが運営するARチームのシニアマネージャーだと報じられている。

    Norrisが参加したRockwellのARチームは、ARグラスやその他関連機器と未来のiPhoneのために働いているようだ。

    AppleとNASAの代表はこの件についてコメントしていない。新サービスや新製品をリリースするわけでもなく、単に企業として新しい人物を雇っただけなので当然と言えば当然だ。

    Norris自身もコメントを求めるメールへの返信を行っておらず、SNSなどでも特に情報を出していない。

    Appleが注目するAR

    Jeff Norrisをチームに加えたAppleの目的は分からないが、同社がARに注目しているのは間違いない。AppleのCEO、Tim Cookは、昨年のカンファレンスでARが持つ可能性をスマートフォンになぞらえた。

    画像、映像、ゲーム、その他のデジタルコンテンツを現実に重ねて表示できるARの特徴は、他の技術にないものだ。彼はARが食事のように生活の一部になり、人々の一部になると語った。

    「三度の食事のように、ほとんど毎日のようにARを利用するようになるでしょう。ARは人々の一部になります」

    Bloomberg Newsは、Appleが2018年にARデバイスを市場に投入したいと考えている、と報じている。今回同社がAR/VRといった技術のエキスパートであるNorrisをチームに加えたのは、そのヴィジョンの実現に向けた行動の一部なのだろう。

     

    参照元サイト名:Bloomberg Technology
    URL:https://www.bloomberg.com/news/articles/2017-04-24/apple-hires-nasa-ar-guru-to-help-run-its-own-efforts

    参照元サイト名:Dr. Jeff Norris.com
    URL:http://drjeffnorris.com/

    参照元サイト名:@DrJeffNorris(Twitter)
    URL:https://twitter.com/DrJeffNorris

    ohiwa


    ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。

    最新ニュースを読む