VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

日本初の「VR望遠鏡」、アララが開発を発表

アララ株式会社は、VR望遠鏡を開発した事を発表し、このシステムを、 丹波篠山デカンショ館へ設置した事を発表した。今回の取り組みは日本初(アララ調べ)として特許も出願中である旨が発表されている。
篠山市は、 来訪者に対する丹波篠山の魅力を伝える手段として、 最新のVR望遠鏡を採用したとされています。

main

「VR望遠鏡」とは?

最新 VR 技術で臨場感を創出
VR望遠鏡をのぞくと360度カメラで撮影したダイナミックな映像が広がり、 VRならではの没入感、 臨場感を体験することができる。 四季折々に変化する丹波篠山の自然美に加え、 デカンショ祭の様子、 またドローンを用いて空撮された普段は見ることができない上空からの景色や紅葉も楽しむことができます。

■VR 望遠鏡の特長
1 ヘッドマウントディスプレイのような 機材の 装着が不要   
望遠鏡という形状のため、 子供でも楽しめる。 特に女性においては、 機材装着時の化粧や髪などを心配する必要もない作りである。

2 オペレー ター 不要
望遠鏡という誰でも知っている機材のため、 難しいオペレーションを必要としない。

3 】コンテンツの差替えが容易
スマートフォンを利用してコンテンツを映し出すため、 コンテンツの差替えも簡単に行え運用を考えた作りとなっている。

参照元:ニュースリリース


モバイルコンテンツ企業の(株)エムティーアイ、クルーズ(株)にてIT業界におけるコンテンツ事業に従事しその後、メディア運営企業、スパイシーソフト(株)に入社。 現在は同社執行役員兼VR専門メディア「VRinside」編集長を兼務。 1975年生まれの41歳。 詳しくはこちら

最新ニュースを読む