VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

VR環境に対応する最新の「AMD Radeon RX 580」を搭載したゲーミングPCを発表 - VR Inside

VR環境に対応する最新の「AMD Radeon RX 580」を搭載したゲーミングPCを発表

     

8コアRyzen(TM)搭載 ゲーミングノートPC ROG STRIX GL702ZC 

ASUS JAPAN株式会社は2017年9月6日、ノートPCとしては世界初※ 16スレッド処理に対応する最新の8コアCPU AMD Ryzen(TM) 7 1700を搭載し、高いパフォーマンスと豊富なデータ保存領域を備えた17.3型液晶搭載のモンスター級ゲーミングノートPC「ROG STRIX GL702ZC」(アールオージー ストリクス ジーエルナナゼロニゼットシー)と、ハイエンドとミドルレンジから選べる2つのモデルを用意し、パワフルで汎用性の高い、タワー型ゲーミングデスクトップPCの「G11DF」(ジーイレブンディーエフ)シリーズとして、8コア16スレッドに対応するAMD Ryzen(TM) 7 1700を搭載した「G11DF⁻R7G1070」と4コア8スレッドのAMD Ryzen(TM) 5 1400を搭載した「G11DF-R5G1050」の、デスクトップ2製品、ノートPCと合わせて計3モデルを発表した。

新モデルはいずれも、2017年9月8日(金)より順次発売開始予定となっているということだ。

※2017年8月現在、ASUS JAPAN株式会社調べ

VR環境に対応する最新の「AMD Radeon(TM) RX 580」を搭載

「すべては勝利のために」ー進化を追求し続けるASUSのROGシリーズの最新モデルである「ROG STRIX GL702ZC」は、圧倒的なマルチタスク性能を発揮するAMD Ryzen(TM) 7 1700を搭載し、ゲーマーやクリエイターに求められる複数作業処理で高い能力を発揮するということだ。

一新された性能を持ちながら、外観はアルミニウム合金を採用した天板に赤く光るROGロゴと、同色のイルミネートキーボードというROG シリーズのレッドとブラックを基調とした刺激的なデザインが継承されている。

人間工学に基づいてデザインを行った30キー同時押し対応の高耐久キーボードや、強力な冷却機能により、高負荷の続く過酷な環境下でもパフォーマンスを維持している。

グラフィックス機能にはVR環境に対応する最新の「AMD Radeon(TM) RX 580」を搭載し、17.3型のフルHD液晶には、フレームレートのばらつきを最小限に抑え、滑らかな描画画面を実現する、AMD Radeon FreeSync(TM)をサポートするワイドビューパネルを搭載し、高速なゲーム・グラフィックスの描写をサポートし、最新のゲームをより快適に楽しむことができるスペックとなっている。

タワー型ゲーミングデスクトップPCのG11シリーズには、スペックが異なる2モデルが用意されている。

上位モデルのG11DF-R7G1070には、16スレッド処理に対応する8コアCPUの「AMD Ryzen(TM) 7 1700」にVRゲームにも対応する「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1070」が採用されている。

ミドルレンジモデルのG11DF-R5G1050には、8スレッド処理に対応する4コアCPUの 「AMD Ryzen(TM) 5 1400」に、「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1050」グラフィックス機能が搭載されている。

どちらのモデルも、ストレージに高速なSSDと大容量のHDDを採用することで、速さと大容量の両立を実現しているということだ。

マヤ文明を彷彿とさせる筐体デザインに、前面上部のライトは色や光り方を自在に変更でき、気分や好みに合わせてカスタマイズが可能な、ASUS Auraに対応、800万色のカラーから設定が可能となっている。

製品概要

世界初※8コアRyzen(TM)搭載 ゲーミングノートPC

ROG STRIX GL702ZC 正面

ROG STRIX GL702ZC 背面

製品名:ROG STRIX GL702ZC

型番 :GL702ZC-R7

発売予定日:2017年9月下旬以降

価格:オープン価格(希望小売価格:184,800円(税別))

■主な特徴

・ハイパフォーマンスを叶えるCPU AMD Ryzen(TM) 7 とAMD SenseMIテクノロジー

前世代のAMD Excavator コアと比較し性能が大きく向上した、14nmプロセス、ZenマイクロアーキテクチャのAMD Ryzen(TM) 7シリーズは、高い処理性能を発揮するほか、高度なゲーム体験を提供すべくインテリジェントな学習および適応機能を備えたAMDのSenseMIテクノロジーが搭載されている。

これらの機能によりリアルタイムでの予測調整を行い、パフォーマンスとエネルギー消費を最適化し、熱やノイズを低減させ安定性が向上している。

・圧倒的なパフォーマンスを支えるハードウエア性能

8コア16スレッドCPUによるマルチタスク性能を存分に発揮するため、DDR4-2400の大容量16GBメインメモリと、OSの高速な起動をサポートする256GBのSSDに加えて、豊富なデータ保存領域を確保する1TBのHDDが搭載されている。

大容量のゲームをインストールできるだけでなく、大量の写真や動画の保存も行える。

フレームレートのばらつきを最小限に抑え、滑らかな描画画面を実現する、AMD Radeon FreeSync(TM) をサポートする17.3型のノングレアフルHD液晶で、ティアリングを抑えた快適なゲームプレイを楽しむことができる。

・高い冷却効果を発揮するデュアルクーリングシステム

2つのファンを搭載することでCPUとグラフィックス機能の効率的な冷却を実現するデュアルクーリングシステムが採用されている。

長時間のゲームプレイや、負荷の高い作業を行った際の温度上昇による性能ダウンを発生させにくく、長く快適な状況を維持してくれる。

・人間工学に基づいて設計されたキーボードデザイン

ボディ一体型でたわみが少なく安定したタイピングが行える、人間工学に基づいて設計されたキーボードは、長時間の使用にも疲れを感じない、快適な使い心地のキーボード使用感が提供されている。

暗がりでのタイピングをサポートするキーボードバックライトに、キーの複数押しは、余裕の30キー同時認識に対応している。

・ハードウエアの状態確認から、最適なゲームプロファイルをすぐに呼び出せる「ROG Gaming Center」

スマートフォンからも操作可能なアプリ「ROG Gaming Center」では、好みの設定を3つまで保存し簡単に切り替え可能なゲーミングプロファイルが作成できるほか、プリセットされたモードから直感的に画質の調整が行え、CPUやグラフィックス機能の動作状態の確認やメモリ解放のほか、「ファンブースト」ではファンのスピードを自分で設定でき、より冷却性能を高めることができる。

また、ゲームの際に使用しないタッチパッドやWinキーのON/OFFなども細かく設定することが可能となっている。

・充実のインターフェース
Gen2に対応したUSB3.1(Type-C)ポートをはじめ、USB3.0を3ポート、4K出力をサポートするHDMI、Mini DisplayPortの2つのディスプレイ出力ポートが、高い拡張性を実現している。

■主な仕様は以下を参照。
http://www.asus-event.com/pdf/asusjp-spec-Ryzen_GL702ZC_G11DF.pdf

ゲーミングデスクトップPC

ゲーミングデスクトップPC G11D

製品名:G11DF

<AMD Ryzen(TM) 7 1700+NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1070搭載モデル>

型番 :G11DF-R7G1070

発売予定日:2017年9月8日(金)

価格:オープン価格(希望小売価格:189,800円(税別))

<AMD Ryzen(TM) 5 1400+NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1050搭載モデル>

型番 :G11DF-R5G1050

発売予定日:2017年9月8日(金)

価格:オープン価格(希望小売価格:109,800円(税別))

■主な特徴
・驚異の16スレッド対応CPUを搭載、選べる2つのモデル

上位モデルのG11DF-R7G1070には、16スレッド処理に対応する8コアCPUの「AMD Ryzen(TM) 7 1700」 を搭載することで、驚異的なマルチスレッド性能を実現。グラフィックス機能は、VRゲームにも対応する「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1070」が採用されている。
G11DF-R5G1050には、8スレッド処理に対応する4コアCPUの 「AMD Ryzen(TM) 5 1400」に、「NVIDIA(R) GeForce(R) GTX 1050」グラフィックス機能が搭載されている。

どちらのモデルも、ストレージに高速なSSDと大容量 のHDDを採用することで、速さと大容量の両立を実現している。

・イルミネーション機能で自分用にカスタマイズ

ゲーミングPCらしい個性的でスタイリッシュなデザインの本体は、前面にイルミネーション機能が搭載されている。

特に電源ボタン上に配置されたイルミネーション機能は光り方の変更だけでなく、光の色を800万色から選択でき、自分だけのPCにカスタマイズすることができる。

・長時間の連続使用でも安心の冷却性能

高い冷却効果が発揮できるよう、空気の流れに工夫を施した設計が採用されている。

左側面に搭載している吸気口は、CPUとグラフィックス機能の熱を効果的に冷やすことができ、さらに前面下部の吸気口がPCケース全体に空気を送ることで強力に内部の温度を下げる。

余裕のある冷却性能によって、長時間の連続使用も安心ということだ。

・7.1chのサウンドシステムを構築することも可能なオーディオシステム

音質を細かくカスタマイズ可能な「Sonic Studio Ⅱ」を使用することで、低音の強調やリバーブの設定、イコライザーによる各モードの周波数設定など、各音楽やゲームに最適化された音質を選べるだけでなく、自分好みにカスタマイズする事が可能だ。

対応するスピーカーを別で揃えることで、7.1chのサウンドシステムを構築することも可能となっている。

・デスクトップPCならではの拡張性

前面の使いやすい位置に汎用的な従来のType-Aを採用したUSB3.1(Gen2)を2ポートとUSB2.0を2ポート搭載しており、ヘッドセットやゲームコントロー ラーなど、さまざまな周辺機器をすぐに接続できるようになっている。

背面には、USB3.1(Type-C/Gen1)を1ポート、USB3.0を4ポートとUSB2.0が2ポート搭載されており、 高い拡張性を実現している。

■主な仕様は以下を参照。
http://www.asus-event.com/pdf/asusjp-spec-Ryzen_GL702ZC_G11DF.pdf

参照元:ASUS JAPAN株式会社の発表

ALIENWARE AREA-51 ゲーミングPC デスクトップ
VRゲームをプレイするのにオススメなVR Ready PC。VRを体験するならまずはこれを買おう

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当