VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「Batman: Arkham VR」、4月25日にVIVE・Oculus対応版がリリース

2017/04/25 13:39

    海外メディアUploadVRは、2017年4月3日の記事において、「Batman: Arkham VR」のVIVE・Oculus対応版リリースについて報じた。

    20170405_batman_1

    同メディアによると、2017年4月3日、PSVRタイトル「Batman: Arkham VR」のVIVE・Oculus対応版がリリースされることを告知する動画がYouTubeにアップされた。

    同動画によると、同タイトルのVIVE・Oculus対応版がリリースされるのは2017年4月25日、とのこと。

    同動画には、VIVE専用コントローラーあるいはOculus Touchを使って、同タイトルをプレイする様子が短い時間ながら確認できる。

    同タイトルは、PSVRリリースとほぼ同時期にリリースされており、PSVR普及に一役買ったタイトルと言える。

    本メディアでも以前にレビュー記事を掲載しており、その記事によると同タイトルの最大の魅力はプレイヤーがバットマンになりきれるところにある。

    同タイトルをVIVE・Oculusに移植するにあたり、PSVR版と最も異なってくる点は、ルームスケールの活用である。PSVRには、ユーザーが一定範囲移動できるルームスケールが存在しない。対して、VIVE・Oculusにはルームスケールが存在する。

    同タイトルの移植の成否は、今後のPSVRタイトルのVIVE・Oculusへの移植に影響を与えるかも知れない。なぜならば、同タイトルの移植版で採用されるルームスケール対応が好評であれば、今後の移植タイトルのルームスケール対応のスタンダードとなる可能性があるからだ。

    以上のような「ルームスケール対応」に関する情報を、公開された動画からうかがうことは難しい。

    ともあれ、VIVE・Oculus対応版「Batman: Arkham VR」の情報は、4月25日が近づけば新たに判明するであろう。

    「Batman: Arkham VR」のVIVE・Oculus対応版リリースについて報じたUploadVRの記事
    https://uploadvr.com/batman-arkham-vr-finally-coming-vive-rift/

    追記

    昨年2016年10月、PSVRローンチ時にまさに配信されたのが、「バットマン:アーカム VR」である、リリース当初は、他にも名だたるタイトルが盛り上げに一役かった。

    レビュー記事:バットマンになりきれるアクションVRゲーム”バットマン:アーカム VR”

    そんなPSVRローンチ時なのですが、ソニー・インタラクティブエンタテインメント自身からも配信は行われ、PSVRコンテンツを部分でも盛り上げていたのはご存知でしょうか?

    リリース時に、注目のタイトルを集めたいのは、ハードや新たなマーケットがリリースされる際は、当たり前に考える事で、ソニーがローンチ時に、無料で配信していたタイトルの一部振り返りご紹介したいと思います。

    PlayStation VR Demo Disc

    image

    『PlayStationRVR Demo Disc』とは、全5タイトルの体験版を無料で体験できる。

    有料タイトルを購入する前に、体験できるのは、非常に便利であり、そもそもPSVRの体験を開始するには、ちょうどいいコンテンツパッケージになっている。

    ■体験可能コンテンツ

    ・Rez Infinite

    ・RIGS Machine Combat League

    ・DRIVECLUB? VR

    ・PlayStationRVR WORLDS

    ・つみきBLOQ VR』

    価格:無料

    提供:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

    PlayStation®Storeに見に行く

    『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ

    6e52def0c0c04bd718d29f8d59ab9603c63da41b-1156880

    ソニーと東宝の共同制作による、PlayStation®VRと映画『シン・ゴジラ』のコラボレーション企画として生まれのが、"『シン・ゴジラ』スペシャルデモコンテンツ for PlayStation®VR"となっている。

    実際の映画用に製作されていた3DCGデータを使用することにより、史上最大級となった全長118.5mのフルCGゴジラが自分の目の前に迫るというPSVRだからこそ味わえる臨場感と没入感で、リアルなゴジラをフル体験できるコンテンツになっている。

    リリース当時は、無料である事もあり多くの購入者の殆ど人達が体験したのではないかと想定できる作品になっている。

    見上げれば等身大ゴジラ!?”「シン・ゴジラ」スペシャルデモコンテンツ for PlayStation VR”特別先行体験会&記念トークショー潜入レポート!

    ・著作権等:
    TM & © TOHO CO., LTD.
    Developed by Sony Interactive Entertainment Inc.

    価格:無料

    提供:株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント

    PlayStation®Storeに見に行く

    吉本幸記


    千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

    最新ニュースを読む