VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Boom.tvが世界初eスポーツ向けVR対応の3Dライブストリーミングプラットフォームを発表

2016/12/15 13:43

    Boom.tvは12月14日(現地時間)、世界初eスポーツ向け3Dライブストリーミングプラットフォームを発表した。

    boom_tv_csgo_tournament

    Boom.tvは、世界初のeスポーツ用3Dライブストリーミングプラットフォームのベータ版を発表した。
    このプラットフォームはプレイヤーのゲームストリームから完全な3D体験をリアルタイムで構築。ファンはパソコンやモバイル機器を使って、人気が高いeスポーツタイトルのゲームプレイを体験できる。さらにVRにも順次対応するとのことだ。

    eスポーツのオーディエンスは急激に伸び続け、今年は2億9,200万人に昇ると予想されている。今までは膨大なオーディエンスがいるにも関わらず、彼らはeスポーツをカメラを通して見ることに留まっていた。Boom.tvを使えば、オーディエンスはさらにワクワクを掻き立てるインタラクティブな観戦が楽しめるのだ。

    boom_tv_sumit_gupta

    Boom.tvのCEO、Sumit Gupta氏は次のように語った。
    「当社のミッションは3D技術を数百万人のゲーマーに届け、eスポーツコンテンツの生産・消費の両方において革命をもたらすことです」

    Boom.tvの最初のアプリはゲームをストリーミングするユーザーとファンをつなげる。革命的な点はすぐにゲームのリプレイをできることと、複数のアングルからゲームを観戦できること。
    プレイヤーがゲームのストリーミングをするときはBoom.tvのアプリを起動しよう。すると特許出願中の技術によってゲームストリーミングを3Dにレンダリングされ、リアルタイムで高品質なゲーム観戦を体験できる。ゲーム開発側から事前統合の要求はない。
    このアプリは12月14日(現地時間)からベータ版で利用可能。ストリーマーはワンクリックでハイライトモンタージュを作成し、ソーシャルメディアに簡単に共有できる。新しいスポンサーシップの可能性を広げやすくなる。

    Boom.tvはVR対応のライブストリーミングができるようにアプリをアップデートすると発表。実際にゲームに参加しているような没入感の高いゲーム配信を提供できる。このアップデートで、ゲーム観戦者はヘッドセットを使ってVRストリーミングを体験可能だ。

    Boom.tvの3Dストリーミングプラットフォームは現在、「CS:GO」と「LOL」のタイトルが利用可能。興味があるユーザーは下記のリンクから登録するとベータ版が利用できる。

    Boom.tv登録ページhttp://www.boom.tv/signup

    参照元サイト名:PR Newswire
    URL: http://www.prnewswire.com/news-releases/boomtv-announces-worlds-first-3d-livestreaming-platform-for-esports-and-35m-in-funding-300378006.html


    フリーの翻訳ライターです。語学と異文化、新しいものが大好き。 エンターテインメントだけじゃない、医療や教育などに役立つ可能性があるVRにワクワクしています。

    最新ニュースを読む