VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

第3回Business Digging Festival 『VRを使った身近なアイデアコンテスト』開催へ

VR

第3回Business Digging Festival 『VRを使った身近なアイデアコンテスト』開催へ

一般社団法人中野区産業振興推進機構は、第3回 Business Diggging Festival『VRを使った身近なアイデアコンテスト』を開催することを発表した。

応募期間は11月6日(月)~12月1日(金)まで。

第3回Business Digging Festival 『VRを使った身近なアイデアコンテスト』開催

ICTCOでは過去2年3Dプリンタを活用した身近な社会課題を解決するビジネスアイデアコンテストを開催してきた。

2017年度はテーマをVRに変更し、アイデアを募集している。

まだ専門性や技術的にはハードルが高いと思われているVRを身近なものと捉え浸透を促進することを目指すとともに、VR開発技術者のすそ野を広げることを目的としたコンテストだ。

今回は身近な社会課題を解決するための

①アイデア企画部門(賞金10万円)

②試作開発部門(プラチナ賞:試作費50万円+開発環境、ゴールド賞:試作費30万円)

の2部門の募集での募集がされている。

応募概要(リリース原文まま)

応募期間:平成29年11月6日(月)~12月1日(金)23:59

応募先:seminar@ictco.jp

※12月1日(土)23:59までに、お名前・フリガナ・電話番号を明記の上、 応募書類一式を上記応募先にお送りください。

※タイトルに「VRアイデアコンテスト応募係」「応募部門」を明記のこと。

【応募書類】

①アイデア企画部門:提案アイデア(A4サイズ1枚)

 ※2次選考では提案アイデアで3分間のプレゼン(質疑応答なし)を実施

②試作開発部門:ビジネス企画書(A4サイズ2枚)+イメージ図(A4サイズ1枚)

 (ヘルスケア/観光/全身3Dスキャナとの連携 のアイデアを推奨)

 ※2次選考では提案アイデアで5分間のプレゼン及び5分間の質疑応答を実施

1次選考(書類選考):平成29年12月2日(土)

2次審査(プレゼンテーション):12月16日(土)13:00~ICTCOにて

募集要項等詳しくは下記を確認とのこと。

イメージ

募集概要(リリース原文まま)

身近な社会課題を解決するためのものであることとし、以下の2部門で募集する

(応募時にいずれかの部門を選定し、応募すること)

アイデア企画部門 提案アイディアは、A4サイズ1枚に収める事。

1次選考(書類審査):提案アイディア(A4サイズ1枚)にて書類審査を行う。

2次選考(プレゼン):2次選考は、1次選考通過者に対して、提案アイディア(A4サイズ1枚)で3分間プレゼンにて実施する。質疑応答はなし。

試作開発部門

提案はA4サイズ2枚のビジネス企画書+A4サイズ1枚のイメージ図とする。

(特にヘルスケア/観光/全身3Dスキャナとの連携、のアイディアを推奨する。)

なお、プラチナ賞受賞者、ゴールド賞受賞者には2018年5月ごろに成果報告を実施していただく。

1次選考(書類審査):提案書類(A4サイズ2枚のビジネス企画書+A4サイズ1枚のイメージ図)にて書類審査。

2次選考(プレゼン):2次選考は、1次選考通過者の5分間のプレゼンおよび5分間の質疑応答を実施

開催日時

2017年12月2日  1次選考(書類選考)

12月16日 2次選考(プレゼンテーション)

(1次選考の結果については、通過者のみに12月9日までに通知を行う。)

審査のポイント

1:アイデア企画部門、2:試作開発部門とも以下の4項目にて評価を行う。

・アイディアの新規性

・アイディアの実現可能性

・ビジネスとしての将来性

・解決する課題の妥当性や解決されたときの効果

賞金・賞品

【アイデア企画部門】

賞金10万円

【試作開発部門】
プラチナ賞:試作費50万円+開発環境

ゴールド賞:試作費30万円)

副賞  Future Tech Hud賞:Future Tech Hud 3か月無料利用チケット

HTC NIPPON賞  HTC Link 1台(U11は別途購入が必要)

○プラチナ賞受賞者に提供(ICTCO内で一時貸与)される開発環境は以下とする。

・HTC VIVE標準機器一式およびUnityによる開発環境

・(株)スペースビジョン社製全身3Dスキャナ(2秒:全身)

(ただし、提案内容は上記の環境に限定するものではない)

権利の帰属

未開発であるかどうか、まだ事業化されていないものかどうかについては問わない。

ただし、権利関係については、発表者が現在保有しているか、将来的に保有可能なものであること。

また、本コンテストに提出されたアイディアについては、中野区産業振興推進機構は一切の権利を要求しない。

応募の方法・応募先

12月1日(土)23:59までにお名前・フリガナ・電話番号を明記の上、下記メールアドレス宛に応募書類一式をお送りください。

応募先: seminar@ictco.jp

タイトルに「VRアイデアコンテスト応募係」「応募部門」を明記すること。

♦お問合せ 中野区産業振興推進機構(ICTCO)

Tel 0359426007

営業時間 平日9:00~17:00

参照元:一般社団法人中野区産業振興推進機構の発表

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む