VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ハリウッドのチャイニーズ・シアターにe-sportsシアターを開設

2017/03/28 15:00

TCLチャイニーズ・シアター

TCLチャイニーズ・シアター

VR関連では中国の企業や中国の市場を扱った話題も多いが、今回Varietyが取り上げたのはアメリカの話題だ。アメリカ、ハリウッドにある観光地「TCLチャイニーズ・シアター」に関するニュースである。

その所有者がTCLチャイニーズ・シアターに没入型のe-sportsシアターを開設することを予定しているという。時期は今夏の終わりになる見込みだ。発表は月曜日、CinemaConの初日に行われた。

TCLチャイニーズ・シアター

TCLチャイニーズ・シアター

TCLチャイニーズ・シアター周辺は南カリフォルニア地域で最も多くの観光客が訪れるスポットの一つだ。ハリウッド映画好きにおすすめの観光地として、日本のガイドブックや旅行情報サイトでも取り上げられている定番のスポットでもある。

特にチャイニーズ・シアターの正面にあるハリウッドの超大物たちによるサインや足型は有名だ。雨の日でさえ、タイルの足型と自分の足を並べて写真を撮っている観光客の姿を見ることができる。

テーマパークのような雰囲気を盛り上げるコスプレをした人々(非公式であり、観光客との写真撮影に応じてはチップをもらっている)や、土産物店で売られているグッズを見ているだけでも楽しめるエリアとなっている。おおむね治安も良いためアメリカを訪れるツアーに組み込まれていることも多い。

一帯が観光地となっているため自由に回ることができるが、観光客を狙ってぼったくり価格でCDを販売する自称アーティストなども出没する。人は多いが、訪れるならば明るい時間がおすすめだ。

映画館としての利用

そんな観光地として知られるチャイニーズ・シアター一帯だが、シアターそのものは現在でも映画館として利用されている。普通にチケットを買って、IMAX 3Dで上映中の映画を見ることも可能だ。

映画の内容は他の劇場で見ても同じだが、ハリウッド映画好きにとっては貴重な体験になるかもしれない。

e-sportsシアターとして

眼鏡を直して気合を入れる

単なる観光地として、もしくは映画館として映画ファンに対しては十分な集客力を持つTCLチャイニーズ・シアター。ここに、e-sportsシアターとしての顔が加わる。

これまで通りに4D映画を楽しめる通常の映画館として運営されていくことはもちろん、それに加えてe-sportsのトーナメントが開催できるシアターとしての役割を持つことになるようだ。

実際にチャイニーズ・シアターにe-sportsのための没入型シアターがオープンすれば、初めての没入型e-sportsシアターになるとされている。世界で、そして日本でもe-sports自体への注目が高まっているが、それでもe-sportsの観戦がメジャーな趣味だとは言い難い。世界的に有名なチャイニーズ・シアターにe-sportsのための施設ができれば一般の映画ファンもe-sportsに興味を持つようになるかもしれない。

TCLチャイニーズ・シアターのCEO、Robert K. Laityは「私たちが開設するシアターは計画のほんの一部に過ぎません」と語っている。映画館のオペレーター、e-sportsを推進する団体、スポンサーなどが協力してエンターテイメントとしてのe-sportsを盛り上げようとしている。

e-sportsの盛り上がり

インターネット上でゲーム関連のサイトを訪問することが多い読者であれば、「プロゲーマー」「e-sports」といった言葉を聞いたことがあるのではないだろうか。休日に楽しむ娯楽だったはずのテレビゲームも、真剣にプレイすれば職業になってしまうのだ。身体を動かすスポーツと同様に、有名なゲーマーにはスポンサーが付いたり、高額の賞金がかかったトーナメントが行われたりしている。

様々なジャンルのゲームがe-sportsの種目として利用されている。日本で有名なのは格闘ゲームだろうか。RTSやFPSなど頭脳と操作技術の双方が重要なジャンルが見た目にも派手なために人気だが、カードバトルやパズルといったジャンルの大会も開かれている。

動きが少なく互いの思考を読み合うようなゲームは、アナログゲームに近いものだ。将棋やチェスの世界大会があるなら、デジタルなボードゲームの世界大会があってもおかしくない。

 

海外の大会で活躍する日本のチームが出てきたことで、日本でe-sportsの情報を目にすることも増えた。日本国内ではそこまでメジャーなタイトルではなかった『League of Legends』のプレイヤーが増加したことには、e-sportsの模様が報じられたことも関係しているかもしれない。

e-sportsはプレイヤーが楽しむだけでなく、彼らのプレイを見ている視聴者も楽しめるものになっている。上級者のプレイに憧れた視聴者が自身もプレイヤーになっているとしたら、プロのスポーツ選手と彼らに憧れるスポーツ少年の構図と同じだ。

ハリウッド映画の聖地に登場する没入型e-sportsシアターは、いずれe-sportsファンの集まる観光地としても知られるようになるのかもしれない。

 

参照元サイト名:Variety
URL:http://variety.com/2017/film/news/hollywood-chinese-theatre-launching-esports-facility-1202016945/


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む