VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

チラシがVRゴーグルになる!単・双眼両方OKな『サナリスVRシート W』発売

単・双眼両方OKな『サナリスVRシート W』発売

サナリスVRシートW (双眼モード)

株式会社サナリス(所在地:東京都目黒区、代表取締役:山崎 実)は、2017年11月9日(木)、現在販売中のスマートフォン向けVR(バーチャルリアリティ)視聴用ゴーグル「サナリスVRシート」シリーズより第3弾となる、用途に応じて単眼・双眼を使い分けることができる新機構の組立式VRゴーグル『サナリスVRシートW』を発売することを発表した。

これからのサナリスVRシートの新しい方向性

「サナリスVRシート」は、素材を厚紙製(1mm厚)を厳選したB5サイズ~A4サイズのシートをVRゴーグルに組み立て、スマートフォンを指定の箇所にセットすると3D・VRが視聴できるという製品。

現在『サナリスVRシート』シリーズで一番人気は、今年8月に発売されたシリーズ最薄最安の『サナリスVRシート フェザー』とのこと。

企業などの販促、商品紹介などをシート自体でも訴求できる次世代の簡易VRデバイスとして好評だが、この一年、単眼も需要が多くあるという。

新製品『サナリスVRシートW』では通常二枚折りでA4サイズ状態、広げるとA3サイズの一枚板になっており、片面4Cで全面にデザインを施すことが可能。

デザイン方法は簡単で同社より提供のデザイン用テンプレート(aiデータ)に自由にデザインを施すだけ。

素材は1mm厚のコートボール紙。

子どもでも簡単に組み立てられるシンプルな構造で、それぞれのレンズ焦点距離誤差を計算したレンズプレートを設置位置に差し替えるだけで単眼・複眼の両パターンに変形可能な簡易VRゴーグルだ。

今までイベントで複眼簡易VRゴーグルを配布しても対象年齢以下は使用できなかったVR特有の問題を解消するための製品である。

これにより対象年齢に制限されないイベント等での配布が期待できるとのこと。

※セット可能なスマートフォンは、基本、どの機種も網羅しているが、5インチ~5.5インチまで推奨。

メーカー希望価格:最低ロットは1,000部~を予定。

1,000部制作で単価540円、5,000部制作で単価320円。

次世代メディア「VR」は既に市民権を得つつある

多様なVRコンテンツが次々とリリースされ、それに伴い国内外多くのメーカーから様々なVRゴーグルが発売されている。

既に一部の企業や団体はPR手法として注目、活用し始めており、「サイド バイ サイド動画」や「360°パノラマコンテンツ」を併せてインパクトのある訴求効果を発揮しつつある『マストなPRツール』の側面を持つ。

しかしコンテンツ視聴に何万円もする高級機や、たとえ安価でも見た目が貧相ではちょっと…を解決した本製品「サナリスVRボックス」「サナリスVRシート」は、スマホが十分に普及した今こそ、3D・VRコンテンツをユーザーに視聴してもらい、2Dの平面上では伝えきれない情報を3Dでのリアル訴求が可能だ。

既に各種イベントや不動産関連、施設関連、学校、観光地、アミューズメントパーク等と多用途に「サナリスVRシート」「スマホVRボックス」は採用されており、自社でドローン撮影サービスをはじめ、各種VRコンテンツ開発も充実した実績を積み重ねている。

「サナリスVR」シリーズは安価ながら“MADE IN JAPAN”クオリティ

『サナリスVRボックス』シリーズはフラッグシップシリーズとして樹脂素材ながら1個1,000円台、『サナリスVRシート』シリーズの参考価格は5,000枚を制作した場合、1枚あたり100円台から(片面4色印刷代含む。

※4種類のデザインまで可能。シートデザイン費、個別パッケージ袋、封入は別途。

オリジナル印刷を施し、様々なシーンでの活用展開がしやすい価格設定になっている。

『サナリスVRシート』シリーズは、従来のVRボックス同様に本製品もレンズを含め、全て日本国内で製造。

厳しいチェック体制の下、品質の管理を徹底しているという。

また、意匠登録済なので、採用の際には顧客のコンプライアンスに準拠できるものと考えているとのこと。

業界史上初「サナリスVRボックス」フルオーダー・カスタムオーダーが熱い!

「サナリスVRボックス(双眼)」シリーズの素材技術を活かしスマートフォンのサイズや重量に合わせクライアントからの要望に沿って、専用オリジナルの『サナリスVRボックスフルオーダー』サービスが大変好評の為、単眼用も新たにラインナップ。

テクノスポーツで有名な HADO(株式会社meleap ※)の公式ゴーグル(双眼)に採用されており技術的実績を基に広く展開中である。

フルオーダー価格は各モデルとも10個から承っているとのこと。

参考200個 4,000円~(税別)

※株式会社meleap http://meleap.com/

商品販売サイト

店舗名    : 富技術研究室(株式会社サナリス)

店舗代表者  : 山崎 富

URL      : http://store.shopping.yahoo.co.jp/tom-giken/

商品紹介サイト: http://www.snaris.com/vr/

※「サナリスVRシートA4」『サナリスVRシートB5』は、Yahoo! JAPANショッピング内の当社店舗「富技術研究室」(トムギジュツケンキュウシツ)での個人向けの小売販売もしている。

会社概要

会社名 : 株式会社サナリス

代表者 : 山崎 実

所在地 : 東京都目黒区下目黒2-20-20 第8千陽ビル5階

設立  : 2007年4月

資本金 : 7,770,000円

事業内容: VRデバイス開発製造、WEB、VR、DTP他の構築制作、イベント及びホビー事業

URL: http://snaris.com/

参照元:ニュースリリース

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当

最新ニュースを読む