VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

サバイバルホラー「Cosmic Awakening VR」8月26日にリリース!

サバイバルホラーアドベンチャー「Cosmic Awakening VR」が8月26日にリリースする。

本作は3D GenerationsによるVRゲームの処女作であり、HTC ViveとOculus Riftに対応している。

プレイヤーは乗組員のいない宇宙ステーションに単身潜入、調査を進めていく過程で、恐怖感と緊張感を伴うゲームプレイを体験できる。

「Cosmic Awakening VR」とは

概要

本作は一人称視点でゲームが進行し、バーチャル空間上に構築された宇宙ステーションの中を単独潜入していく。

ゲームはステーションにドッキングする場面から始まり、内部に潜入してステーションの中を進んでいくが、施設内に乗組員は一人もおらず、周囲にあるのは薄暗くて無機質な、狭苦しい空間だ。

ゲームの進行に伴い次第に不穏な雰囲気が漂い始め、途中で発生する数々のホラーイベントに遭遇しながらも、ステーション内で起きている事実を突き止める、という内容だ。

本作では使用できる武器はなく、また護身用のアイテムや隠れることのできる場所もないため、緊張感と恐怖感を伴うゲームプレイを体験することができる。

最新の3Dグラフィックと照明技術、そして立体音響を用いて開発された「Cosmic Awakening VR」は、ホラー系コンテンツが好きなゲーマーであれば一度は試してみるべきだろう。

特徴

本作では2つのゲームモードによるプレイが可能で、それぞれストーリーモードと「Eight Pages Mode」が用意されている。

ストーリーモードではプレイヤーは宇宙ステーションに隠された真実を突き止めるというミッションを遂行する。ゲーム途中にはプレイヤーを不安に陥れる数々の要素やアドベンチャー、インタラクティブな要素が盛り込まれており、バーチャル空間でのプレイヤーの動きは、現実世界でのそれに忠実に反映されるので、没入感の高いゲーム環境を提供する。

最新のグラフィック技術を用いた本作の映像は高精細で、またゲーム内の音響も立体音響を用いているため、没入感の高い最新のVRゲーム体験をプレイすることができる。

「Eight Pages Mode」ではアイテムを収集することを目的にゲームが進行するが、ヒントやアイテムの位置はプレイするたびに異なるので、毎回違うゲームプレイが用意され、リプレイ機能も使用可能。

その他、「Cosmic Awakening VR」の特徴には以下の要素が挙げられる。

・HTC ViveとOculus Riftに対応したルームスケールのVR体験。
・これまでにない体験をもたらすVRホラーゲーム。
・インタラクト可能な様々なアイテムが使用可能。
・ゲームの世界観を反映するオリジナルサウンドトラック。
・最新の3Dグラフィック技術を使用。
・最新の照明技術を使用。
・立体音響によるサウンド環境。

「Cosmic Awakening VR」のプレイにはコントローラーとトラッキング機能を使用するため、360度トラッキング可能なプレイエリアが必要。

システム要件

「Cosmic Awakening VR」の動作に必要なスペックは以下の通り。

OS Windows 7
プロセッサー Intel Core i7-3770k
メモリー 8GB RAM
グラフィック Nvidia GTX 970

ホラー系VRコンテンツ

VRゲームでは周囲の環境を360度自由に見渡すことが可能で、かつ立体音響などのサウンド環境によって、まるで自分がゲーム内の主人公になったかのような錯覚を伴うリアルなゲーム体験が可能だ。

したがってホラーゲームは通常の2D画面でのゲームよりも恐怖感や緊張感を味わうことが可能なので、怖い系コンテンツやスリル満点のゲームを好むゲーマーにはオススメできる。

VRゲームではホラー系もメジャーなジャンルであり、現在様々なタイトルがリリースされており、代表的なものをいくつか挙げてみる。

「バイオハザード7 レジデント イービル」

カプコンによる「バイオハザード」シリーズの最新作である本作はPlayStation VRでのプレイに対応しており、全世界で300万本以上を出荷したホラータイトルのヒット作。

「バイオハザード」の原点であるサバイバルホラーに回帰したVRゲームという意味でも本作の評価は高く、ホラー系に興味のない人でもプレイする価値のあるタイトルだ。

「バイオハザード7 レジデント イービル」公式サイト

「【VR】呪刻列車」

DMMで配信されているVRコンテンツ「【VR】呪刻列車」は、宮崎県で初となるホラーイベント「VRお化け屋敷 呪刻列車(じゅこくれっしゃ)」を家庭用VRデバイスに移植したコンテンツで、陰鬱な車内の状況はプレイヤーに不安を植え付ける。

PC、iPhone、Android、Gear VR、PlayStaton VRで視聴が可能。

DMM「【VR】呪刻列車」ダウンロードサイト

「【VR版】改・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」

「【VR版】改・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」はスマートフォンVR向けのホラーゲームで、無料でダウンロードが可能。

スマートフォンVRヘッドセットがあれば手軽にプレイできるが、映像はリアルで恐怖現象の描写はクオリティが高く、スマートフォンVRアプリとして良質なホラー体験を提供してくれる。

ゲームデザインも作り込まれており、ゲームとしても楽しむことができる点が魅力だ。

「【VR版】改・恐怖!廃病院からの脱出:無影灯」iOS版Android版

参照元:VRFocus

Daisuke


フリーランスの翻訳ライター。XR、VTuber、人工知能を専門に各種メディアに寄稿しています。 Twitter: https://twitter.com/dsiwmr

最新ニュースを読む