VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

中古住宅流通にVR活用のワンストップサービス「カチッと!ハウスR」が登場

中古住宅流通にVR活用のワンストップサービス「カチッと!ハウスR」が登場

不動産売却専門の全国ネットワーク【売却の窓口】を運営する価値住宅株式会社(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高橋 正典)は、中古住宅流通における新ブランド「カチッと!ハウスR」の提供を開始した。

この新ブランドは国土交通省がすすめている「安心R住宅」制度に準じたものとなるとのこと。

建物・設備保証に加えリフォームプランを追加した「カチッと!ハウスR」とは

同社は以前より、安心&安全な中古住宅流通を目指し「カチッと!ハウス」というブランドにて、

(1)「既存住宅瑕疵保険」と「設備保証」を付与することで売主の責任負担を軽減、さらに買主は保険付き住宅という安心を提供

(2)物件の修繕履歴やインスペクション(建物状況調査)で得られた情報を「住宅履歴書」として電子化し買主へ事前に開示。成約になり物件の引き渡し時にはこれを引き継ぎ新たなメンテナンスやリフォーム履歴を蓄積

(3)アフターサービスとして24時間対応のコールセンターサービスを付与

という3つの安心を買主に提供してきた。

今回、これらの「カチッと!ハウス」に、売買前における「リフォームプラン」並びに「見積書」の提供機能を追加し「カチッと!ハウスR」としてリリースしたということだ。

「カチッと!ハウスR」開始の背景

「中古住宅」+「リフォーム」のワンストップが実現しない原因として、まず不動産会社における「リフォーム知識の欠落」「潜在的なリフォーム会社に対する元請け意識」「専門用語が共有化されていない」などがあり、リフォーム会社においては「受注発注関係による川下ビジネスからの脱却」を望み不動産業へ算入する会社もあるが、成功モデルの構築は容易ではない。

また、協業としての不動産会社とのコラボレーションの実現を目指すにしても、成約が約束されないリフォームプランの作成や見積の依頼に一つ一つ対応することも難しいのが現状だ。

コラボレーションの実現に向けて必要なこと

こうした不動産会社とリフォーム会社との連携を提供するビジネスがこれまでも存在たが、どれもビジネススキルの提供や本部運営に終始し、自らが実務的にコラボレーションを実現しているものはなかった。

今回提供する「カチッと!ハウスR」は、同社において既にビジネスモデルとして提供してきたもの。

「中古住宅」+「リフォーム」の実現には、両方のビジネスを理解するものが自ら運営し実践的に見せて行くことが求められている。

リフォームプランの特徴

リフォームは、新築住宅に比べ安価な中古住宅だが経年劣化などの品質の不安、見た目のマイナスのイメージがつくことが多い傾向がある。

また、リフォーム前の部屋が汚くて売れないという売主と、「リフォームイメージがつかない」「費用がいくらかかるか分からない」という買主の要望が以前より見受けられていた。

「カチッと!ハウスR」で提供するリフォームプランは、360度3Dイメージを視覚的に導入し、それにあわせた概算見積書を用意することが可能だ。

リビング リフォーム前

リビング リフォーム前

リビング リフォーム後 イメージ図

リビング リフォーム後 イメージ図

子供部屋部屋 リフォーム前

子供部屋部屋 リフォーム前

子供部屋 リフォーム後 イメージ図

子供部屋 リフォーム後 イメージ図

VR画像見本

https://cloud.eopan.net/panoramas/611009/6149/ad65fd

この「カチッと!ハウスR」のリフォーム提案を不動産仲介会社が利用すると、3Dイメージと概算見積書が提供されるためリフォーム費用と購入費用の相談も受けやすく、買主の購入判断を早期にできるよう改善されるとのこと。

ビジネスフロー

ビジネスフロー

「カチッと!ハウスR」を利用することのメリット

・リフォームプランの事前提供により、リフォームのイメージがつきやすく早期・高値売却が可能。

・国土交通省の「安心R住宅」制度に準じて販売することが可能。

・リフォームプランとイメージ図があることで物件価格とあわせて資金計画がたてやすくなり安心して購入判断ができる。

・住宅履歴書があることでリフォームが適切な時期に実施ができ将来的なメンテナンス計画がたてやすくなる。

・不動産会社とリフォーム会社との対等な協業関係の構築が可能。

「カチッと!ハウスR」は価値住宅株式会社が運営している不動産売却専門の「売却の窓口」の加盟店で利用できる。

今後、この仕組みは「売却の窓口」加盟店以外の不動産仲介会社、並びにリフォーム会社にも提供していく予定ということだ。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

関連記事をみる

リフォーム後をVR体験できるサービス、中古マンションサイト「バーチャルリフォームルーム」にコンテンツ提供を開始 | VR Inside

部屋にピッタリと合う家具をシミュレーションできるモバイルARアプリが登場、iOSに対応 | VR Inside

先日、iOS 11の正式リリースによってアップルのARプラットフォームであるARKitが利用可能になり、様々なARアプリが登場している。ゲームをはじめ様々な分野においてモバイルARには使途が見出されている。

VRInside編集部


VR・AR・MRの最新情報を配信します。

最新ニュースを読む