プレイヤーがAIとなって戦う新感覚のVRFPS「Damaged Core 」、Oculus Rift対応アプリとしてリリース | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

プレイヤーがAIとなって戦う新感覚のVRFPS「Damaged Core 」、Oculus Rift対応アプリとしてリリース

Oculus Rift対応VRFPS「Damaged Core」がリリースされた。同ゲームはプレイヤーがAIとなって、敵ロボットをハッキングしながら戦う異色のゲームシステムとなっている。

Oculusは、2016年8月30日に更新した公式ブログにおいて、VRFPS「Damaged Core」のリリースを発表した。

20160831_damagecore_1

同ゲームはVRゲームとしてはメジャーなFPSに分類されるが、そのゲームシステムが極めて独創的である。

ゲームの背景となるバックストーリーは単純で、人類に敵対するAIを倒すというSF的な設定となっている。

独創的なのはプレイヤーが操作するキャラクターで、プレイヤーには特定の人間やロボットではなく非物質的なAIの役割が与えられるのである。

特定のデバイスに実装されているわけではないプレイヤーが操作するAIは、何と倒すべきAIが従えているロボットをハッキングして戦うのだ。

ブログで公開されいるプレイ動画のはじめには、同ゲームのシステムが端的に「DON'T JUST FIGHT YOUR ENEMIES / BECOME THEM (敵と戦うな/敵となるのだ) 」と表現されている。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=lGYnBUT-tj0&w=560&h=315]

ゲームプレイは、まず敵ロボットをハッキングして物理的に戦えるようになってから、その敵ロボットの武器を使って敵を倒していく、というように進められる。

ブログによれば、敵ロボットをハッキングする難易度は、敵ロボットに実装されている武器の威力に応じて調整したことをはじめとして、全体的なゲームバランスをかなり「スマート」に仕上げた、とのこと。

なお、リリースされた8月30日から1週間以内に購入すれば、Oculus Rift対応VRカードゲーム「Dragon Front」ベータ版にアクセスできる特権が付いてくる。

同ゲームの価格は$29.99で、下記のダウンロードページから購入できる。

Damage Coreダウンロードページ
https://www.oculus.com/experiences/rift/660396644063513/

Dragon Frontを解説したOculus公式ブログ記事
https://www3.oculus.com/en-us/blog/introducing-dragon-front-the-first-ccg-for-vr-coming-to-rift/

参照元URL:https://www.oculus.com/blog/damaged-core-is-a-new-kind-of-shooter-for-vr-available-now-on-rift/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む