VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ダッソー・システムズ「スキャンピラミッド・プロジェクト」成果をもとに文化・教育目的のVRコンテンツも展開

VR

ダッソー・システムズ ロゴ

2015年10月に開始した国際プロジェクト「スキャンピラミッド」は、非侵襲的かつ非破壊型の検出技術を用いてその内部構造を明らかにしようという試みであり、ダッソー・システムズが基金を通じて支援を行っている。

ダッソー・システムズ株式会社は、プロジェクトの成果をもとに、文化・教育目的のVRエクスペリエンスも展開していることを発表した。

科学雑誌ネイチャーに発表されたクフ王の大ピラミッドを巡る新発見

2015年10月に開始した国際プロジェクト「スキャンピラミッド」は、非侵襲的かつ非破壊型の検出技術を用いてエジプトのピラミッド群を透視 (スキャン) し、その内部構造を明らかにしようという試みである。

このプロジェクトの企画とコーディネートは、文化遺産の研究・保護・次世代への継承を目的とする非営利団体HIP (Heritage Innovation Preservation Institute) と、カイロ大学工学部が進めており、同プロジェクトはダッソー・システムズによる先行研究*1を引き継いでいる。

「スキャンピラミッド」プロジェクトでは、2016年10月に梁の陰にある回廊の入り口を発見し、このほど科学雑誌『ネイチャー』誌において、クフ王の大ピラミッドにおける大きな空洞の存在が明らかにされた。

全長30メートルの巨大空間は、既に知られている「大回廊」の大きさに匹敵する。

クフ王の大ピラミッドの内部では、中世以降、主要な建築構造が一切発見されておらず、今回の発見は画期的なものとなった。

ダッソー・システムズの教育・研究向け基金であるラ・フォンダシオン・ダッソー・システムズは、 「スキャンピラミッド」プロジェクトのメンバー企業であるEmissiveと共に、その専門能力を生かした技術支援を、HIP Instituteとカイロ大学に提供している。

これによって、かつてない学際的なプロジェクトの計画とコーディネートが可能となり、またVR (仮想現実)エクスペリエンスでプロジェクトの成果に命を吹き込むことができたということだ。

「スキャンピラミッド」は、ラ・フォンダシオン・ダッソー・システムズが支援するプロジェクトのひとつとなっている。

ラ・フォンダシオン・ダッソー・システムズは、3Dテクノロジーやバーチャル・ユニバースが実現する学習環境を生かすことで、学際的な研究に携わるチームのコラボレーションを活性化させ、これからの教育や研究のあり方を刷新することを目指している。

VR/ARの専門技術を持つEmissiveが没入感の高い環境を作り出すことで、人々はピラミッドの内部を、実際に見て回るかのように深く理解することができる。こうしたアプローチは、真の意味でのコラボレーションを実現し、知識の境界を取り払うものとなる。

また研究者のみならず、学生や一般市民など広範な人々が、没入空間の力を借りることで、これまで立ち入れなかった空間を体験し発見することができる。

プロジェクトの成果をもとに、文化・教育目的のVR体験も展開

文化や教育分野における「コラボレーションのための没入環境」、VRリサーチラボラトリーのプロトタイプ版が、パリの国立建築遺産博物館で公開された。

パリの国立建築遺産博物館では、VRエクスペリエンスのプロトタイプが公開中となっている。

ここでは大ピラミッドの内部を再現する没入空間の中で、プロジェクトで明らかにされた内部の様子を確認することができる。

VRヘッドセットを身につけて大ピラミッドの内部に入り込み、新しいタイプのバーチャル・ガイドツアーを体験できるということだ。

それは革新的かつ没入型の体験であり、ダッソー・システムズでは文化活動や教育活動の未来を示すものだと考えているという。

VRエクスペリエンスのプロトタイプ イメージ

Emissive ©

*1: 関連プレスリリースは以下
ダッソー・システムズとハーバード大学、教育・研究分野における没入型バーチャル・リアリティの活用で連携 2012年5月
https://www.3ds.com/ja/press-releases/single/br-5/
ダッソー・システムズ、3Dエクスペリエンス・プラットフォームでギザ・ネクロポリスを再現 2012年5月
https://www.3ds.com/ja/press-releases/single/br3d/
クフ王大ピラミッド建設の謎をリアルタイム3D技術で解明 2007年3月
https://www.3ds.com/ja/press-releases/single/3d-4/

スキャンピラミッドについて (HIP Institute)

2015年10月5日以降、カイロ大学工学部とHIP (Heritage Innovation Preservation) インスティテュートは、エジプト考古学省の権限もと、#ScanPyramids プロジェクト (www.scanpyramids.org) の計画とコーディネートを行ってきた。

その目的は、エジプトの巨大ピラミッド群 (クフ王のピラミッド、カフラー王のピラミッド、屈折ピラミッド、赤いピラミッド) を「透視」 (スキャン) することにある。

#ScanPyramidsでは、複数の非侵襲的・非破壊型の技術を組み合わせて、この古代の遺跡の、これまで知られていなかった内部構造の存在を明らかにし、それらのレイアウトや建設についてより深く理解することを目指している。

使用される技術は、赤外線サーモグラフィー、ミューオンX線写真、シミュレーション、および3Dによる復元となっている。

#ScanPyramidsプロジェクトは、複数の国際的な科学機関が動員されている。

それらは、フランス原子力・代替エネルギー庁 (CEA) 、名古屋大学、高エネルギー加速器研究機構 (つくば) 、ラヴァル大学 (カナダ・ケベック州) 、フランス国立情報学自動制御研究所 (INRIA) 、フランス国立科学研究センター (CNRS) だ。

ScanPyramidsは、ダッソー・システムズ、ラ・フォンダシオン・ダッソー・システムズ、Emissiveからのスキルや技術スポンサーシップを受けている。

公式ウェブサイト :http://www.hip.institute

Twitterアカウント:https://twitter.com/hip_i_

3DEXPERIENCE、Compassロゴ、3DSロゴ、CATIA、SOLIDWORKS、ENOVIA、DELMIA、SIMULIA、GEOVIA、EXALEAD、 3D VIA、BIOVIA、NETVIBESおよび3DEXCITEはアメリカ合衆国、またはその他の国における、ダッソー・システムズまたはその子会社の登録商標。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む