VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR対応レースゲーム『DiRT Rally』のPC版が金曜日まで75%オフ

2017/09/18 10:49

DiRT Rally
DiRT Rally

75%オフセール中のDiRT Rally

レースゲームと一口に言っても様々なジャンルに細分化される。乗り物の種類だけ見ても、実在する自動車やオートバイを運転できるものからファンタジーなものまである。

システムもライバルを妨害したりプレイヤーの速度をアップさせたりするアイテムが登場するパーティーゲームとしての要素が強いもの、初心者でも気持ちよく簡単操作で運転できるカジュアルな作品、カーブ一つ曲がるだけでも路面状況や車種ごとに異なるハンドルさばきを意識しなければならないシミュレーターと様々だ。

2015年に発売された『Dirt Rally』はレースゲームの中でもかなりシミュレーターとしての性質が強調された作品である。発売時は普通のPC向けラリーレースゲームだったが、後にVRヘッドセットOculus Riftを使用してのプレイに対応した。

それ以来、豊富なコースやリアルな物理に基づく車の挙動で人気となっているVR対応のレースゲームだ。今年の5月には、SteamVR対応ゲームのランキングでトップとなっていたこともある。

DiRT Rally

DiRT Rally

リアルな映像もDiRT Rallyの魅力となっている

VRへの対応

Steamで販売されているPC版のDiRT Rallyは多くのデバイスに対応している。キーボードやゲームパッドでのプレイも可能だが、ハンドルコントローラーやフットペダルを使うことで自動車を運転しているのに近い感覚でのプレイが可能だ。

こうしたデバイスを用意すればゲームへの没入感はより高まるし、一般的にはキーボードを使う場合より操作しやすくもなる。だが、VRデバイスへの対応は限られている。

Oculus Riftを使ったVRでのプレイに対応しているが、HTC Viveには公式に対応していない。Steamページを見ても、対応デバイスとして記載されているのはOculus Riftのみだ。

HTC Viveを使ってレースに参加したい場合は、Oculus Rift専用のVRゲームをViveで起動する非公式のハックツールReViveを使うことになる。多くのOculus Rift専用タイトルがReViveによってHTC Viveでプレイできるが、あくまでも非公式な方法であることは念頭に置いておくべきだろう。

ゲーム側のアップデートで(一時的に、あるいはそれ以降)プレイできなくなる、ReViveのアップデートで不具合が発生するといったリスクは常に存在する。

なお、DiRT RallyにはPS4版も存在する。そちらにはゲームをPSVR対応にする有料のDLCも存在するのだが、日本のストアでは利用できないようだ。

海外PS Storeのアカウントを持っているのでなければ、VRでDiRT Rallyを遊ぶにはPC版を選ぶことになるだろう。

75%オフ

Steamを確認すると分かることだが、DiRT Rallyの価格は6,080円となっている。特に割引はされておらず、通常価格での販売だ。

今回セール価格でDiRT Rallyを提供しているのはSteamではなくHumble Storeだ。Humble Storeを見ると、14.99ドル(1,688円)で販売されている。通常価格の75%引きだ。セール期間は、日本時間だと金曜の午前2時までとなる。

過去にも特定のストアのセールで10ドル台で販売されたことがあるが、15ドルはこれまでで最安値になるようだ。硬派なゲームということで通常価格では手が出なかったユーザでも、この値段ならばチャレンジしやすいのではないだろうか。

Steamゲームの購入

DiRT Rally

ドライバーの視点でプレイする

PCベースのVRゲームを購入するプラットフォームとして最近Steamを使い始めたユーザは、Steamで販売されているゲームを直接購入するためにしかSteamを利用していないかもしれない。だが、Steamで販売されているゲームを他のサイトで購入することもできる。

今回DiRT Rallyのセールを開催しているHumble Storeはそうした外部サイトだ。

シリアルキーによる有効化

Steamから直接ゲームを購入すると支払い直後にダウンロードが可能になるが、外部サイトから購入した場合にはシリアルキーが発行される。画面に表示された数字をSteamクライアントから登録することで、Steamでゲームを購入した場合と同様にダウンロードが可能となる。

シリアルキーの登録という作業は必要になるが、登録を済ませてしまえばSteamから購入したときと変わらない。

外部サイト利用のメリット

Steamで販売されているゲームを購入できるサイトはHumble Bundle以外にも多数あり、今回の例のようにサイトごとに価格も異なる。各サイトのセールを利用すれば、より安く目当てのゲームを購入できるかもしれない。

また、地域制限によって通常日本からは購入できないゲーム(日本未発売作品や表現規制の無いバージョン)を手に入れる方法として使えることもある。

外部サイト利用のデメリット

最大のデメリットとしては、英語や他の外国語のサイトを使わなければならないことだろう。サポートとのやり取りも日本語ではない。

地域制限によって日本からはSteamで有効化できないゲームのシリアルキーも販売されているし、日本版と海外版が分かれているゲームの場合は日本語が入っていないバージョンを購入してしまうといったことも考えられる。Steamから直接購入する場合と比べると、事前に調べておかなければならないことが多い。

外部サイトの利用が危険というわけではないが、手間がかかることやリスクが存在することは認識しておかなければならない。

 

Steamで販売されているゲームは家庭用ゲーム機のソフトと違って中古で安く買ったり、プレイ後に売って購入費用を取り戻したりできない。その代わりに、今回のように半額以下となる大幅な割引が行われることもある。

最近ではVRゲームの価格も上昇傾向にあるので、こうしたセールも利用してせっかくのVRデバイスを活用していくと良いだろう。

 

参照元サイト名:Humble Store
URL:https://www.humblebundle.com/store/dirt-rally

参照元サイト名:Steam
URL:http://store.steampowered.com/app/310560/DiRT_Rally/?l=japanese

参照元サイト名:Road To VR
URL:https://www.roadtovr.com/dirt-rally-vr-racer-currently-75-off-sale-ends-next-week/

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む