VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

アニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」DMM VR THEATER新作アニメ公演詳細情報を公開!

2017/05/29 20:45

VR舞台映像

『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』キービジュアル/VR舞台映像

株式会社DMM.futureworksは、株式会社ディー・エル・イーと制作する「3ねんDぐみガラスの仮面」の新作アニメ『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』公演詳細情報の解禁及びチケット販売を開始することを発表した。

また、声優の緑川光さんが新キャラ『聖唐人(ひじりからと)』の声を担当することも決定した。

『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』について

『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』キービジュアル

最新鋭の技術を使用した世界初のライブホログラフィック専用エンターテイメント常設劇場「DMM VR THEATER」にて上映される、累計発行部数5000万を超える少女漫画「ガラスの仮面」連載40周年記念アニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」の新作アニメ公演『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』の開催概要が決定、及びチケット販売が開始された。

7月22日(土)~9月3日(日)の期間で全29公演が予定されている。

「3ねんDぐみガラスの仮面」のキャラクターたちが実際にそこにいるかのような錯覚を起こすVR(ヴァーチャルリアリティ)映像技術を駆使し、ここでしか体験できない演出とストーリーが横浜DMM VR THEATERで繰り広げられる。

新キャラクター『聖唐人(ひじりからと)』のキャラビジュアルと担当声優を公開!

聖唐人キャラビジュアル / 声優・緑川光氏

今回初登場する新キャラクター『聖唐人(ひじりからと)』のキャラビジュアルが初公開された。

原作の雰囲気そのまま、シックなスタイルとやさしげなまなざしが再現されている。

キャラクターボイスを担当するのは声優・緑川光氏だ。

しなやかなボイスは聖唐人のイメージにもピッタリ。

原作では速水真澄(CV小野大輔)の影武者として働く聖唐人、今回の新作アニメでも、速水真澄への献身的な姿が描かれている。

テレビアニメ版では冷えた心を見せていた速水真澄だが、この聖唐人によって北島マヤ(CV阿澄佳奈)に対して思わず熱が入ってしまうシーンにも注目となっているとのこと。

緑川光さんからのコメント

『ガラスの仮面』の原作とは高校生の時に出会い、非常に感銘を受けました。

なので、今回参加出来てとても嬉しいです♪

おなじみのキャラクターたちが出演する予告PV配信中

予告PVスクリーンショット

※予告PVより抜粋

『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~ 予告PV』

URL: https://youtu.be/kOP5KBr0MPk

『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』あらすじ

マヤ、亜弓、桜小路。

現代人を熱くする為に立ち上がった彼等の舞台初日は三日後!

妥協を許さない月影先生の指導のもと、いまだに演目も決まらず大混乱!

一方、マヤの舞台を見るため劇場に急ぐ速水真澄と、その影武者である聖唐人(ひじりからと)にもキビシイ試練が待ち受ける!

いま、とんでもない舞台へのヴイクトリーロードが幕をあけちゃう!

DMM VR THEATER公演概要

タイトル:『3ねんDぐみガラスの仮面~とびだせ私たちのVR(ヴィクトリーロード)~』

公演内容:ぶっ飛んだキャラとストーリーで話題を呼んだTVアニメ「3ねんDぐみガラスの仮面」が新作をひっさげてVR舞台に堂々登場!豪華声優陣とシアターならではの演出でさらに白熱する彼らをお見逃しなく!

公演期間:2017年7月22日(土)~9月3日(日)

公演日程:7月22日~28日、8月7日~10日、14日~16日、21日~24日、9月1日~3日

公演回数:平日1公演、土日3公演、計29公演

公演時間:第1公演:12:30~13:00

第2公演:15:30~16:00

第3公演:20:30~21:00

第4公演:21:30~22:00

※開場は開演の30分前

公演スケジュール

会場:DMM VR THEATER(〒220-0005 神奈川県横浜市西区南幸2丁目1ー5)

チケット料金:前売り:3,000円/当日:3,500円 ※別途ワンドリンク代500円が必要

公演尺:約30分

特典:来場者全員に限定ステッカーがプレゼントされる

声の出演:阿澄佳奈(北島マヤ役)、大久保瑠美(姫川亜弓役)、田中敦子(月影千草役)、梶裕貴(桜小路優役)、小野大輔(速水真澄役)、緑川光 (聖唐人役)

公演紹介ページURL(公式HP):http://www.garasunokamen3d.com/vr/

チケット情報

先行販売:5/27(土) 10:00~ 6/25 (日)23:59

・ぴあ
URL:http://w.pia.jp/t/garasu3d/
Pコード:635-854

・ローチケ
URL : http://l-tike.com/garasunokamen3d
Lコード:34179

・イープラス
URL : http://eplus.jp/garasunokamen3d-vr/

イベント情報

キャスト登壇イベントも予定されている

【マヤと亜弓の女子トークイベント】

日程:2017年11月4日(土)

会場:東京都内某所

登壇者:阿澄佳奈(北島マヤ役)

大久保瑠美(姫川亜弓役)

※5/26発売のBD&DVDの特典としてイベント抽選招待申込券を封入

【北風学園全員集合イベント】

日程:2018年1月21日(日)

会場:埼玉会館

登壇者:阿澄佳奈(北島マヤ役)

大久保瑠美(姫川亜弓役)

田中敦子(月影千草役)

梶裕貴(桜小路優役)

小野大輔(速水真澄役)

※5/26発売のBD&DVDの特典としてイベント優先申し込み券を封入

ブルーレイ&DVD情報

【商品概要】

発売日:2017年5月26日(金)

品 番:Blu-ray 3DGB-001 DVD 3DGD-001

価 格:Blu-ray ¥6,800+税(特典CD付き) DVD ¥4,800+税

◇法人特典

・「マヤのスマホなりきりアクリルスタンド」※アニメイト限定購入特典

・「闇ポエム神信者ステッカー」※アマゾン限定購入特典

ブルーレイ&DVD購入特典

「3ねんDぐみガラスの仮面」とは

世代を超えて愛される不朽の名作「ガラスの仮面」が”3Dアニメーション”で、かわいいミニキャラになり、現代社会を風刺するギャグを盛り込んだ学園ドラマとして2016年10月~12月放送アニメ。

脚本は「荒川アンダー・ザ・ブリッジ」や「ノラガミ」など様々な大人気アニメのシリーズ構成を担当した赤尾でこを起用、アニメーション制作は「秘密結社 鷹の爪」でおなじみアニメ界の壊し屋DLE、原作でおなじみのキャラクターを豪華声優たちが演じている。

◆キャスト
北島マヤ: 阿澄佳奈、姫川亜弓:大久保瑠美、月影千草: 田中敦子、桜小路優: 梶 裕貴、速水真澄: 小野大輔

公式ホームページ:http://www.garasunokamen3d.com/

公式ツイッター :@garasunokamen3d

第1話無料配信中:https://www.youtube.com/watch?v=L2ukPAf0ZcU

DMM VR THEATERとは

多元レイヤーで構成されたペッパーズゴースト(視覚トリック)型ホログラフィック投影装置をステージ舞台とすることで、3DCGで制作された映像に物理的な奥行きを加え、あたかもそこに役者が存在するかのような錯覚を作り出す「手品的な」演出を行っている。

フルCGによる舞台演劇・歌劇といった唯一無二の新しいタイプの劇場だ。

ハーフミラー性能のスクリーンとLEDを用い、シースルー投影のテクノロジーにおけるそれぞれのメリットを最大限に活かしたパッケージとして組み上げ、まるで魔法の様なホログラフィック立体視を可能としている。

実空間には存在しないキャラクター達がまるでそこに存在している様な錯覚をオーディエンスに与えるステージとなっている。

既に行われている、透過ボードや反射トリックを用いた既存の演出の、さらに二次元先のステージが常設舞台に設置され、幅広いフォーマットの公演に対応可能とのことだ。

(C) DMM.futureworks Co., Ltd.

株式会社ディー・エル・イー 会社概要

IP(著作権や商標権等の知的財産権)を開発・取得し、幅広い事業領域へサービスを提供する総合エンタテインメントカンパニー。

動画広告等のマーケティングサービス提供、スマートフォンアプリの企画開発、映画・TV・ネットメディア等の映像コンテンツ制作等、時流に乗ったサービスを迅速かつ低コストで量産することで、2014年に東証マザーズ、2016年に東証一部へ上場。

アニメ・キャラクター(秘密結社 鷹の爪、パンパカパンツ、貝社員等)やファッション・ビューティー(東京ガールズコレクション)といった日本が誇れるエンタメコンテンツを包括的に保有し、地方創生、海外展開などを積極的に推進する。

参照元:ニュースリリース


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む