VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

DMM.makeとハニカムラボがAR/MR分野での共同開発に伴う業務提携を開始

DMM.make ハニカムラボ ロゴ

DMM.make ハニカムラボ ロゴ

株式会社DMM.comは、10月25日に株式会社ハニカムラボと、AR(Augmented Reality:拡張現実)およびMR(Mixed Reality:複合現実)分野での共同開発を行うための覚書を締結したことを発表した。

今後の展望

仮想世界と現実世界を融合させるMR技術を用いて、バーチャルフィッティング分野での共同開発を予定している。

バーチャルフィッティングとは、デジタル技術を活用した未来の試着方法である。

最新のMR機器に対応し、試着をしたい人の顔の3Dデータや身長、体重、股下などの情報を入力することにより、あたかも自分が試着をしているような状況を作り出すことができる。

「バーチャルフィッティング」技術はアパレル分野だけではなく、様々な分野での応用が期待されている。

DMM.makeとは

「モノづくり」に関係する「人」と「情報」と「ツール」が集まる、makerのためのプラットフォームとなっている。

3Dデジタルスキャン、3Dプリンターを用いた造形、ハードウェア開発に必要な最新機材を取りそろえたシェアオフィスDMM.makeAKIBAを運営。

モノづくりをトータルで支えるプラットフォームだ。

ハニカムラボとは

ゲーム業界出身のエンジニアたちとWeb業界出身のエンジニアたちがそれぞれの得意ジャンル・コアスキルを持ち寄り、多くの人が楽しめるコンテンツを生み出すテクノロジー集団である。

ゲーム開発技術による表現力とインターネット技術を融合させることで様々なアイディアを実現している。

特にVR/AR/MR・デジタルサイネージなどのインタラクティブコンテンツやスマートフォンアプリの開発を得意とし、様々な企業のデジタルプロモーションやイベント、商業施設の常設展示コンテンツ等の企画・開発を担当、国内外の広告賞などの数多く受賞履歴がある。

公式サイト

DMM.make https://make.dmm.com/

ハニカムラボ https://www.honeycomb-lab.co.jp/

会社概要

DMM.com

会社名:株式会社DMM.com

所在地:東京都港区六本木三丁目2番1号住友不動産六本木グランドタワー

代表者:代表取締役 片桐孝憲

設立 :1999年11月17日

資本金:10百万円

URL  :https://dmm-corp.com

業務内容:
デジタルコンテンツ配信事業、オンラインゲーム事業、通信販売事業、オンラインレンタル事業、インターネット接続事業、オンライン英会話事業、モノづくり支援事業、太陽光発電事業、その他

ハニカムラボ

会社名:株式会社ハニカムラボ(英文社名 Honeycomb Lab. Inc.)

本社所在地:〒151-0053 東京都渋谷区代々木1-6-12 MFビル5F

設立 :2012年6月

資本金:3,000,000円

代表者:代表取締役 河原田 清和

URL  :https://www.honeycomb-lab.co.jp

事業内容:
ハニカムラボは、ワクワクする面白いモノづくりをテーマに、スマートフォンなどのアプリケーション開発、Web制作、インタラクティブなデジタルコンテンツの企画開発を行っている。

コンソールゲーム、Kinect、VR/AR、イベントサイネージなど、様々なインタラクティブコンテンツの開発経験が豊富なメンバーが揃ったハニカムラボではHoloLensを使ったコンテンツアプリケーションの企画・開発も行っている。

参照元:ニュースリリース

過去の「ARフィッティング / MR」に関する記事

Hololensを使ったARフィッティングシステム「Virtual Fitting Room」は、ファッションの未来を垣間見せてくれる

海外メディアVRScoutが、2017年4月17日に、「Virtual Fitting Room」を紹介したことを報じた記事。

部屋にピッタリと合う家具をシミュレーションできるモバイルARアプリが登場、iOSに対応

iOS 11の正式リリースによってアップルのARプラットフォームであるARKitが利用可能になり、様々なARアプリが登場している。そんなモバイルARが活用できる分野の一つが建築、インテリアだ。現在大手家具メーカーのIKEAをはじめ、様々な企業がこの分野に関するARアプリをリリースしていることを報じた記事。

3DフルボディスキャナーのVRC Inc.と、HoloLensと3Dスキャナの連携システム開発のための技術提携に合意

株式会社ハニカムラボが、約4秒で全身3Dスキャン可能な3DスキャナーShun'xを開発、販売する株式会社VRCと、Microsoftが提供するホログラフィックコンピューター「HoloLens」をはじめとするWindows Mixed Realityと3Dスキャナを連携するシステムを開発するための技術提携に合意したことを報じた記事。

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む