VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

HMDのよりリアルな世界を実現するピクセルスムージングフィルムを新たに開発 - VR Inside

HMDのよりリアルな世界を実現するピクセルスムージングフィルムを新たに開発

     

ヘッドマウントディスプレイ用画素隠蔽フィルムの概要図

大日本印刷株式会社(以下、DNP社)は、ヘッドマウントディスプレー(HMD)の画質を改善して、映像へのリアルな没入感を高めるピクセルスムージングフィルム「DNP ヘッドマウントディスプレイ用画素隠蔽フィルム」を開発した。

開発の背景

近年、アミューズメント業界など多くの分野でバーチャルリアリティ(VR:仮想現実)が注目されるようになり、そのデバイスとして臨場感が溢れるHMDの普及が進んでいる。

しかしながら、小型のディスプレイを光学レンズで拡大して視聴するHMDの特性上、光の三原色であるR(レッド)G(グリーン)B(ブルー)で構成される画素が拡大されて見えてしまい、没入感が得られにくいという課題があったという。

この課題に対してDNP社は、HMD内に装着するフィルムを開発して、HMDで映し出される映像の鮮明性を落とすことなく画素感を抑制し、実際にその世界に入り込んでいるような視覚的な没入感を高めることを可能にしたということだ。

DNP ヘッドマウントディスプレイ用画素隠蔽フィルムの概要

本フィルムをHMD内に組み込むことでRGBの色領域は拡大され、RGBの混色防止などのために各色領域の間に施されているブラックマトリックスが見えにくくなる。

これにより画質を改善して映像へのリアルな没入感を高めているということだ。

均等に色領域を拡大すると縦横配列の長さが異なる色領域の場合は、ブラックマトリックスが見えてしまうか隣接する色が混じり合うという現象が起きる。

本フィルムは、光の拡散を精密に制御することで、画像の鮮明性を維持しながらブラックマトリックス領域のみを見えにくくすることに成功している。

これまでもHMDの没入感を高めるために微細な加工を施した均等に画素を拡大する単層のマイクロレンズなどが使用されていた。

今回DNP社が開発したフィルムは、微細な加工を施した2層レンズにより3色の色領域のさまざまなパターンの配列に対応することが可能で、画質改善における設計の自由度が高まるということだ。

本フィルムは、DNP社独自のレンズ設計・微細加工技術により、ディスプレーの構成やRGBの各色領域の配置形状に合わせた最適な光の制御が可能であり、専用ディスプレーを搭載したタイプと、スマートフォンなどのモバイル機器を装着するタイプの両方のHMDに組み込むことができるということだ。

今後の展開

DNP社は、新開発のフィルムを、HMDメーカーをはじめ、ゲーム機器メーカーやモバイルメーカーなどに年内から提供を開始し、2021年度までに年間で50億円以上の売上を目指すとしている。

参照元:大日本印刷株式会社の発表

大日本印刷株式会社 会社概要

商号:大日本印刷株式会社 (Dai Nippon Printing Co., Ltd.)

社長:北島 義俊

本社所在地:東京都新宿区市谷加賀町一丁目1番1号

創業:1876(明治9)年10月9日

設立年月日:1894(明治27)年1月19日(登記)

資本金:1,144億6,400万 (2017年3月31日現在)

事業内容:

■情報コミュニケーション部門
書籍、辞書、年史、教科書、雑誌、PR誌、電子出版、カタログ、チラシ、パンフレット、カレンダー、ポスター、各種通帳、各種カード、ビジネスフォーム、Webビジネス、各種転写記録材、各種プリンタ用リボン、デジタルフォトプリント、各種ソリューション、ライセンス・ビジネス、その他

■生活・産業部門
食品・飲料・菓子・日用品・医療品用等包装材、カップ類、プラスチックボトル、ラミネートチューブ、プラスチック成型容器、住空間マテリアル(住宅・家具等の内外装材、金属化粧板、立体印刷製品)、太陽電池用充填材、バックシート(裏面保護シート)、その他

■エレクトロニクス部門
液晶ディスプレイ用カラーフィルター、フォトマスク、LSI設計、システムモジュール、リードフレーム、プリント基板、ICタグソリューション、オプトマテリアル、その他

URL:http://www.dnp.co.jp/

過去の「印刷」に関する記事

10秒間のAR動画も撮影可能!iPhoneで撮影した写真をその場でプリントアウトできるプリンター「PRYNT POCKET」販売開始

ワイヤレスオーディオ機器やIoT機器の輸入販売を行うバリュートレード株式会社は、米国・PRYNT(プリント)社の新しいコミュニケーションツール『PRYNT POCKET(プリントポケット)』の一般店頭販売を開始したことを報じた記事。

商品パッケージの印刷にARを付与するサービス「COCOAR」の中国での拡販を目的とした合弁会社が上海に設立

スターティア株式会社は、子会社であるスターティアラボ株式会社が上海の印刷大手4社と共同で、中国におけるAR(拡張現実)サービス「COCOAR」の拡販を目的とした会社の設立に合意したことを報じた記事。

イベントVR動画制作サービス「DNPカートンVRスマートフォンシアター」開始

大日本印刷株式会社は、イベントなどで使用するVR動画の制作と、そのVR動画を視聴するスマートフォン用の紙製ヘッドマウントディスプレーを提供するサービス「DNPカートンVRスマートフォンシアター」を2016年3月10日に開始したことを報じた記事。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

integralkk

Writer: 【VR Inside】日本ニュース担当