Skyrimも!FF15関連タイトルも!E3 2017で発表された19のPSVRタイトルまとめ | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Skyrimも!FF15関連タイトルも!E3 2017で発表された19のPSVRタイトルまとめ

E3 2017では19本のPSVR対応タイトルが発表された。そのなかには以前より開発の噂のあった「Skyrim」、さらにはFF15関連タイトルが含まれており、確固としてゲーム・カテゴリーに成長した印象がある。

海外メディアVRFocusは、E3 2017で発表されたPSVRタイトルをまとめた記事を掲載した。

20170614-psvre32017-1

ビックタイトルを含む合計19タイトルが発表!

同メディアによると、E3 2017においてPSVRタイトルは現時点で合計19タイトル発表された。そのなかには、本メディアでリーク情報を報じた「Skyrim」や、FF15関連タイトルが含まれPSVRが確固としたゲーム・カテゴリーとなったことを強く印象づけている。以下にその19本を紹介していく。

FARPOINT

Impulse Gearが開発した同タイトルはE3 2017以前の発表されており、日本では2017年6月22日に発売予定だ。同タイトルは銃の形状をした専用エイム・コントローラーがあることで話題となっている。

E3 2017においては、すでに本メディアで報じたように、DLCが展示された。

TINY TRAX

FuturLabが開発した同タイトルは、スロットカー(模型自動車を模型のレールコースで走らせるオモチャ)をテーマとしたものだ。実際、リアルなスロットカーを製造しているScalextricのオモチャを参考にしている。

4人までのマルチプレイに対応したレースモードでは、リアルなプレイヤーが操作しないクルマはAIがコントロールする。クルマは6種類から選ぶことが可能だ。レースモードのほかにトーナメントモードもある。

ROM: Extraction

First Contact Entertainmentが開発した同タイトルは、2076年を舞台としたSF的世界観のFPSだ。2017年秋に発売を予定しており、エイム・コントローラーに対応する、とのこと。

プレイヤーは襲いかかってくるロボットを撃っていくのだが、敵ロボットの動きを遅くする「Reflex」パワーを使うことができる。難易度は3種類用意されている。

GRAN TURISMO SPORT

Polyphony Digitalが開発している同タイトルは、PS4版ともとに2017年秋に発売される予定だ。

PSVR版はPS4版と比べて、専用の車両があるともにVRヘッドセットでのプレイに最適化したものとなっている。また、本メディアで過去に報じたように、ハンドル型コントローラー「T300RS GT Edition」を使ってプレイすることも可能だ。

THESEUS

Forge Replyが開発した同タイトルは、ギリシア神話を題材とした3人称視点のアクションゲームだ。敵キャラクターには、ギリシア神話に登場する牛の頭とヒトのカラダをもった怪物ミノタウロスも含まれている。

固定カメラと移動カメラの両方を使って、没入感を高める演出がなされている。

THE PERSISTENCE

Firespriteが開発する同タイトルは、プレイヤーは2521年にコールド・スリープから宇宙船内で目覚めたという設定のガン・シューティングだ。

ホラー調の演出がなされており、プレイヤーは物陰に隠れたりといったステルス・アクション的なプレイが求められる。

Bloody Zombies

nDreamsが開発した同タイトルは、ロンドンを舞台とした横スクロールのアクションゲーム。

最大4人までのマルチプレイに対応しており、タイトル名にある通りゾンビを倒していく。

V!勇者のくせになまいきだR

同タイトルに関しては、本メディアがすでに報じた過去記事が詳しく紹介している。

Legion Commander

20170614-psvre32017-2

中国メーカーChangYouが開発する同タイトルは、中世ヨーロッパ的なグラフィックで作られた対戦型ストラテジー・ゲームだ。プレイヤーは5分以内に敵の要塞を攻め落とすことが求められる。

なお、同タイトルはPSVRのほかにも、Oculus Rift、VIVE、Gear VR、Google Daydreamにも対応したクロス・プラットフォーム・タイトルだ。

Archangel

Skydance Interactiveが開発した同タイトルは、PSVRのほかにもOculus RiftとVIVEに対応しているが、PSVRがほかのデバイスより2週間先行して2017年7月に発売される。

同タイトルは、プレイヤーが搭乗する巨大ロボットを操作して、独裁者の政権を倒す、というもの。

SUPERHOTVR

Superhotが開発した同タイトルは、すでにOculus RiftとVIVE対応版がリリースされており、シューティング・ゲームとして高い評価を得ていた。その同タイトルがついにPSVRに対応することになった。

DOOM VFR

id softwareが開発した同タイトルに関しては、本メディアがすでに報じた過去記事に詳細に紹介されている。

The Elders Scrolls V: SKYRIM

ベセスダ・ソフトワークスが開発した同タイトルは、発表前にその存在がリークされたことを本メディアでは報じていた。

同スタジオがリリースする「Fallout 4 VR」と同様にディスプレイ・ゲームで大ヒットしたオープンワールド・アクションゲームがVRに移植されることは、VRゲーム業界の発展にとって非常に意義深い。

Star Child

Playfulが同タイトルは、E3 2017におけるソニーのプレス・カンファレンスで発表された。

同タイトルは、ロボットやクリーチャーが棲息する惑星を探検する、というもの。蛍光色を強調したグラフィックが非常に印象的である。

The Inpatient

Supermassive Gamesが開発した同タイトルは、病院を舞台とした一人称視点のアドベンチャーゲームだ。

同タイトルは、PS4タイトル「Until Dawn」の前日譚にあたり、1950年代という設定になっている。

Final Fantasy XV: Monster of the Deep

同タイトルに関しては、本メディアがすでに報じた過去記事で詳細に紹介している。

Bravo Team

Supermassive Gamesが開発する同タイトルは、ミリタリー調のFPSだ。2017年末にリリースが予定さているが、マルチプレイに対応している、とのこと。

Moss

Polyarcが開発した同タイトルは、ネズミが主人公のパズル・アドベンチャーゲームである。幻想的な世界観のグラフィックが特徴である。

Sparc

同タイトルを開発したCCP Gamesは、「Gunjack」「EVE:Valkyrie」を開発したことでも有名である。トレーラー動画を見るとわかる通り、同タイトルはe-Sportsを強く意識した対戦型ゲームとなっている。

E3 2017では、PSVR以外ではVIVE対応タイトルとして「Fallout 4 VR」のリリースが発表されたり、IntelがVR e-Sportsをサポートすると発表したりと、VRゲームの話題で盛り上がりを見せている。VRゲームは、もはや一過性の流行ではなく成長著しいゲーム・ジャンルと言って過言ではないだろう。

E3 2017で発表されたPSVRタイトルをまとめたVRFocusの記事
https://www.vrfocus.com/2017/06/see-every-playstation-vr-game-from-e3-2017/

吉本幸記


千葉県在住のフリーライター。ITエンジニアとしてスマホアプリの開発等に携わった後、 フリーライターとして独立。VRをはじめとした最新テクノロジーがもつ社会変革の可能 性に注目している。 http://resume21century.blog.fc2.com

最新ニュースを読む