VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

無重力eスポーツゲーム「Echo Arena」が無料でプレイ可能に!

11月1日より、Ready at Dawnによるマルチプレイeスポーツゲーム「Echo Arena」が無料でプレイ可能となった。

Ready at DawnとOculusは現在、ハロウィーンのキャンペーンとして「Echo Arena」の無料プレイを展開している。Riftユーザーであれば誰でも本作をプレイ可能だ。

概要

eスポーツゲーム「Echo Arena」がフリーでプレイ可能に

Ready at Dawnは同社のブログにおいて、Oculusとインテルのスポンサーによって本作が無料でプレイ可能になることを発表した。

「Echo Arena」は2017年7月のリリース以来ヒット作VRゲームとして知られており、VRでプレイできるeスポーツタイトルとして知られている。

本作は現在のところOculus Riftのみに対応したVRゲームであるため、本作の無料プレイはOculus Riftユーザーのみが可能となる。

「Echo Arena」について

「Echo Arena」はOculus Rift対応でリリースされた、宇宙を舞台にしたVRアドベンチャーゲームだ。無重力空間を舞台にしたマルチプレイ対戦を楽しむことができる。

プレイヤーは壁や、プレイエリアに浮遊する物体を引っ張ったり、押し込んだりしながら無重力空間の中を移動し、ディスクを相手チームのゴールに投げ込むことがゴールとなる。

相手チームがディスクを運ぶのを妨害したり、気絶したプレイヤーからディスクを奪い取ることも可能であるなど、eスポーツならではのダイナミックなゲームがプレイ可能だ。

「Lone Echo」について

「Echo Arena」の前身となるeスポーツゲーム

「Echo Arena」は今年5月にリリースされたeスポーツゲーム「Lone Echo」の派生バージョンとして制作されたタイトルだ。「Echo Arena」は当初、「Lone Echo」のマルチプレイ機能として開発が進められていたが、ゲーム内容が大きく異なるため、別タイトルとして開発されたものだ。

独特の移動システム

「Lone Echo」は独特の移動システムを採用している点が特徴だ。同ゲームでは、無重力状態のアリーナで円盤状のフリスビーを使った競技をプレイするが、移動時にはまず腕を使って移動方向を決定する。

その後、アクセルボタンを押すと腕を延ばした方向に推進する。止まりたい時は、停止ボタンを押せば良い。無重力アリーナがゲームの舞台なので、リアルな重力を無視して上下方向に移動することも簡単だ。

奥深いゲーム性

移動に加えて、フリスビーのキャッチとスロー、そして相手プレイヤーへのパンチを覚える必要がある。相手プレイヤーへのパンチは割と簡単で、相手プレイヤーに触れれば良い。フリスビーのキャッチは、フリスビーにバーチャルな手を延ばしてキャッチボタンを押すことで実行できる。フリスビーを投げるには、リアルなフリスビーを投げるように腕を動かしながら最後にキャッチボタンを離すと、腕を動かした方向にフリスビーが飛んでいく。

操作を覚えるのは比較的簡単であるが、ゲームプレイの上達には練習が必要となる。

VRでプレイ可能なeスポーツタイトル

「Sparc」(PSVR対応)

シューティングゲーム「EVE: Valkyrie」の開発スタジオとして有名なCCP Gamesは、eスポーツゲーム「Sparc」を発表した。

本作は映画「トロン・レガシー」を連想させるSF的なビジュアルが特徴の対戦型eスポーツゲームで、プレイヤーは光る盾をテニスのラケットのように使ってボールを打ち合う。

プレイ時には全身を動かすので、VRゲームを通したeスポーツ体験ができる。初心者から上級者まで幅広いゲーマーのニーズに応えるとともに、対戦に直接参加しない観戦モードも設けられている。

観戦者はプレイコートの横で対戦を観戦することが可能で、eスポーツゲームをプレイする側/観戦する側の両方の面白さを味わえるタイトルだ。

参考:VR eSportsタイトル「Sparc」PSVR版、2017年8月29日にリリース

「Racket Nx」

「Racket: Nx」では、テニスとピンボールを融合したボールゲームをプレイできる。

プレイエリアとなるドームにはパネルが張り巡らしてあり、それぞれのパネルにボールが当たるとパネルが光り、獲得したポイントやパワーアップ、ペナルティなどが表示される。

ユニークなゲームシステムの他にも、本作は音響にもこだわっており、ゲーム中の効果音やBGMが立体音響によって全方位360度から聴こえてくるため、VRゲームならではの深い没入感を伴うゲームプレイが楽しめる。

参考:eスポーツゲーム「Racket: Nx」のアップデート版が7月27日に公開予定

「Hurl VR」

「Hurl VR」はVRでピンボールを楽しむことができるタイトルだ。本作はVRゲームの特徴を活かした新感覚のピンボールゲームが可能で、映画「トロン・レガシー」を想起させるサイバー感溢れる空間に、プレイヤーと同じか、それよりも大きなピンボール用ステージでプレイする。

プレイヤーの眼前にあるホールに、ボールを投げ入れることが基本的なルールだ。ただし、投げ入れるのではなく、VR空間内に点在するボールを跳ね返す板(=プラットフォーム)を使って、ボールをバウンドさせながらホールに入れるという特徴的なルールを持つ。

同作では、上記のような広大なピンボールステージが30種類以上用意されている。最初のステージでは使用できるプラットフォームも1〜2つであるため簡単にゲームを進めることができるが、ゲームが進むとプラットフォームも多くなり、ボールをバウンドさせるコースが複雑になってくる。

参考:等身大のピンボールがプレイできるVIVE対応ゲーム「Hurl VR」9月13日にリリース

参照元:Road to VR ‘Echo Arena’ is Now Permanently Free on Oculus Home

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む