VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

巨大エイリアンが棲息する世界をサバイバル!PSVRタイトル「Eden Tomorrow」が2018年春にリリース予定

現在フランスにて開催中のParis Games Week 2017において、ソニー・インタラクティブ・エンターテイメント(SIE)はPSVR対応の新作ゲームを多数発表、「Moss」「Sprint Vector」などの新タイトルに関する情報が発表された。

また、同イベントでは「Eden Tomorrow」に関する新情報も発表された。本作は荒れ果てた砂漠が舞台のサバイバルアドベンチャーで、恐竜サイズの巨大なエイリアンが登場する。正式なリリース予定については明らかにされていないが、2018年春の配信開始を予定している。

「Eden Tomorrow」について

ゲームの概要

本作はドイツのゲーム開発企業Soulpixによるもので、プレイヤーは恐竜サイズの巨大なクリーチャーが生息する世界で生き残りをかけて戦うゲームだ。

登場するクリーチャーの中には特に攻撃性の強い種類が存在するとのことで、巨大サイズのクリーチャーを相手にした迫力あるゲームがプレイできそうだ。

Soulpixは現時点では本作に関して多くの情報はアナウンスしていないが、「Eden Tomorrow」の最新トレイラーが視聴可能で、ダイナミックな世界観を垣間見ることができる。本作は2018年春の配信開始を予定しており、続報に注目したい。

2015年に「EDEN」として発表

「Eden Tomorrow」は正確に言えば最新タイトルではなく、2015年にドイツにて開催されたゲームカンファレンスGamescomにて発表されている。

この時は「EDEN」というタイトルで発表されていた。「EDEN」ではプレイヤーはゲーム中で3つのキャラクターを操作することが可能で、主人公の相棒、ロボットの犬、そしてドローンが登場し、それぞれが特有のアビリティを有している。

プレイヤーはそれぞれのキャラクターを使い分けながら、舞台となる過酷な生存環境を生き延びるという設定だった。

「Eden Tomorrow」ではゲーム内容が若干変更?

「Eden Tomorrow」では、2015年に発表された「EDEN」とゲーム内容が若干変更されている可能性がある。

トレイラーでは、「EDEN」で登場するドローンや、主人公の相棒は登場するが、ロボットの犬は登場しない。また、タイトルも「Eden Tomorrow」に変更するなど、2015年において発表されたゲーム内容から多少の変更が加えられているようだ。

ハイクオリティのゲームプレイを期待できるか

SoulpixのオーナーであるFrank Sennholz氏は、VRメディアVRFocusとのインタビューにおいて、「まだゲームは配信されていませんが、本作はすでに多くのVRゲームファンの関心を捉えるに値する作品です」と、ゲームのクオリティに対する自信を見せている。

「Eden Tomorrow」はPSVRオンリーの対応なのか、もしくはHTC ViveやOculus RiftなどのPCVRヘッドセットにも対応するのか、現時点では未公表だ。続報に注目したい。

実物大の恐竜が登場するVRゲーム

「Dino Frontier」

PSVRタイトル「Dino Frontier」は、西部時代のアメリカを舞台に、プレイヤーは街の市長となって街を開拓して行くゲームだ。

本作の特徴として、ゲーム内の移動手段は馬ではなく、恐竜を用いるという点がある。プレイヤーは開拓を行う入植者を適切に配置して、彼らが健康で十分な食事ができて、幸福でいられるようにする必要がある。

適切な役割を与えれば、入植者たちは自分たちの食事のために食料を集め、木を切って建物を建築するための木材を手に入れ、さらに恐竜を手なずけるためのトレーニングまで行なってくれる。

現在のところ日本では未発売のタイトルだが、カジュアル志向の本作は、ガーデニングを楽しむような感覚でリラックスしてプレイを楽しむことができそうだ。

参考:恐竜を飼い慣らして西部を開拓する異色PSVRタイトル「Dino Frontier」リリース!

「ARK: Survival Evolved」

「ARK: Survival Evolved」はオープンワールドの恐竜サバイバルアクションだ。プレイヤーは謎の島「ARK」の住人として、日々の糧を得るべく様々なミッションをこなしていく。

ARKには古代の様々な恐竜が生息しており、プレイヤーは恐竜を狩ったり、飼育したり、繁殖させたり、時には恐竜にまたがって大地を駆けたりなど、様々なスタイルのゲームをプレイできるタイトルとなっている。

参考:恐竜サバイバルアクション「ARK: Survival Evolved」のフルバージョン、8月29日にリリース

「Robinson: The Journey」

「Robinson: The Journey」はダニエル・デフォーの小説「ロビンソン・クルーソー」とクラシックSF作品に影響を受けたアドベンチャーゲームだ。

プレイヤーは太陽系の外にある惑星を探索する始めての人になる。宇宙船であるEsmeraldaが墜落し、主人公のRobinはAIユニットであるHIGSと共に惑星でサバイバルを繰り広げる。

プレイエリアは自由な探索が可能で、どのエリアにもなにか発見するものが用意されている。踏み固められた道筋を迷いながら、アチーブメントを集めたり、レアアイテムを探したり、環境によってそれぞれ違った楽しみ方ができる。

本作はPSVR専用のタイトルだったが、先日HTC Viveにも対応し、高品質なゲームデザインと高精細なグラフィックをVRで楽しめる。

参考:Sci-Fiアドベンチャー「Robinson: The Journey」HTC Viveサポートが追加!

参照元:VRFocus Sci-Fi Dino Adventure Eden Tomorrow Coming To PlayStation VR In 2018

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む