VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

オリンパス、エンタープライズ向けスマートグラス「EyeTrek INSIGHT EI-10」をリリース

AR機能を搭載したスマートグラスは様々なメーカーからリリースされている。これらのデバイスはもっぱらエンタープライズでの使用に適しており、現場業務での効率を改善すべく様々な企業での活用が進められている。

現在発売されているスマートグラスはVRヘッドセットに比べて高価であり、先日登場したビジネス向けグーグルグラス、Vuzixのスマートグラス「M300」は両方とも約20万円だ。個人よりも企業での使用に適していると言える。

エンタープライズで普及が進むスマートグラス市場に、新たなモデルが登場した。「EyeTrek INSIGHT EI-10」はオリンパスが開発、販売を行うスマートグラスで、様々な分野での活用を想定している。

「EyeTrek INSIGHT EI-10」について

オリンパスによるエンタープライズ向けスマートグラス

「EI-10」はエンタープライズでの使用を想定したスマートグラスだ。単眼のOLEDディスプレイを備えており、ユーザーの右目部分にデータをAR表示する。そのため視野角は13度と、他のスマートグラスよりも狭くなっている。

デバイスの右側にはタッチコントロール対応のバー状のデバイスが搭載されており、ユーザーはこの部分を触ることによって、デバイスのユーザーインターフェイスを操作する。デバイスにはカメラセンサーが搭載されており、解像度1,992 x 1,216の映像を表示することができる。

TI OMAP 4470プロセッサーで動作し、8GBをストレージを備えている。Bluetooth 4.1とWi-Fi接続に対応しており、この他にも加速度計、ジャイロセンサー、磁界センサーを用いたAR表示が可能となっている。

専用のアプリも付属

また、「EI-10」は同デバイスで動作するソフトウェアも付属している。同デバイスで使用可能なリモートメンテナンスシステムによって、ビデオ映像でのコミュニケーションや、ファイルのシェア、スクリーン上にアノテーションをAR表示することが可能だ。

これらのソフトウェア機能は様々な分野での活用が考えられる。たとえば物流倉庫内でのデータのやりとりや、様々なサービス業においてもコミュニケーションを迅速化できる可能性を持っている。

ソフトウェア開発キットも公開

また、本デバイスで動作するソフトウェアを開発できるSDK(ソフトウェア開発キット)も公開している。

「EI-10」はAndroid バージョン4.2.2で動作するので、Android向けアプリを開発できるデベロッパーであれば、本デバイスに対応するアプリを比較的容易に開発することができる。

価格について

「Olympus EyeTrek INSIGHT EI-10」は現在オリンパスの公式サイトからオーダーすることが可能だ。

価格は1,499ドル(約17万円)と高額なデバイスであり、やはりエンタープライズでの使用に適したデバイスといえる。

エンタープライズ/プライベートで使用可能なスマートグラスが複数登場

「X1」

AR開発企業Third Eyeによるスマートグラス「X1」はエンタープライズ向けのデバイスで、工場内や研究施設、警察などの様々な分野での使用を想定している。

解像度1,280 x 720の両眼ディスプレイを搭載し、さまざまなデータをディスプレイにシースルー表示することが可能だ。視野角は40度と、マイクロソフトのARデバイス「HoloLens」と同程度であり、レンズは交換可能だ。また、「X1」で動作するアプリ用ストアも展開する予定だ。

同社によると、「X1」はVRとAR両方に対応しているとのことだ。現在本デバイスはプレオーダーを受付中で、価格は約23万円。2017年末までの出荷を予定している。

参考:エンタープライズ向けスマートグラス「X1」、2017年末に出荷予定。独自のアプリストアも展開

「DAQRI Smart Glasses」

ARスマートヘルメットを開発するDAQRIは、先日同社の新型スマートグラスとなる「DAQRI Smart Glasses」の発売を開始した。

本デバイスはエンタープライズ分野での使用に特化したデバイスで、たとえば工場での生産現場や建設現場、病院などの様々な分野での使用に対応している。埃が舞う現場や、デバイスをぶつけてしまう可能性のある環境でも使用できるように頑丈さを重視した設計となっている。

デバイスは小型のPCパックと接続して使用する。マイクロソフトのARデバイス「HoloLens」のような一体型のデバイスではないが、PCパックは小型であるため、ポケットに入れたり、ベルトに装着して使用することができる。

価格は4,995ドル(約57万円)となっている。

参考:ARスマートヘルメットの開発企業DAQRI、エンタープライズ向けスマートグラスを発売開始

「Raptor」

「Raptor」はサイクリング時の使用に特化したスマートグラスだ。コース上のチェックポイント間の距離や移動速度、サイクリストの心拍数、ペダルを漕ぐ回数、走行距離など、サイクリストにとって役立つ情報をAR表示する。

これらの情報はディスプレイ上に表示されるため、サイクリストはデバイスを見るためによそ見をしたり、手がふさがってしまうという心配がない。安全性と利便性を両立するデバイスとなっている。

16GBモデルと32GBモデルの2種類が発売されており、前者の価格は約7万円、後者は約8万円と、エンタープライズ向けデバイスに比べて低価格となっている。

参考:サイクリスト向けARスマートグラス「Raptor」が499ドルで販売予約を受付開始!

参照元:Next Reality Olympus Muscles in on Google Glass Territory with Enterprise AR Smartglasses

daisuke


ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。

最新ニュースを読む