VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

築100年以上の古民家を3Dスキャンし、360°内覧・俯瞰閲覧を可能にする「360°ビュー」機能が登場

2017/09/12 19:10

d22991-3-898307-0

株式会社ENYSiは、築100年以上の古民家を隅々まで体験できる「360°ビュー」の提供を開始した。

本サービスは、3Dスキャンカメラ「Matterport」を導入したことで、ウェブブラウザ上で360°の内覧はもちろん、古民家を外側から俯瞰してドールハウスのように閲覧することも可能となった。

本記事では、サービス担当者である伊藤氏に今後の展望などもお伺いしたので、記事下部のインタビューも合わせてご覧ください。

"宿泊"を疑似体験でCVR向上

4人上で泊まるとお得になることが多い古民家。一棟ごとの料金設定をしている宿が多いため、大人数で宿泊すると1人あたりの料金が安くなるため、団体旅行におすすめの施設となっている。

また、一棟まるごと借りることが出来る古民家が、ホテルや旅館と異なる魅力の1つに「広さ」があると考えており、「キッチン」「寝室複数部屋」「各フロアにトイレ」など、団体利用でも気兼ねなくくつろげるような気遣いが現れている。

ただ、今までは「お風呂あり」「ベッド有り」などのテキストや平面の写真でしか内装がわからず、当日言ってみるとイメージと違った、ということが起こっていた。

そこで、初めて古民家を利用する方に向け、不安を解消していただくために3Dで隅々までご覧いただける新たな試みとして、今回一部の施設様にて限定で公開。

これにより宿泊者側は、事前に宿泊施設のベットや部屋サイズ、内装、さらには寛ぎを徹底するためにアメニティにも力を入れている施設も多く、そういった細かい部分までを確認できる、言わば "宿泊の疑似体験" ができることになるため、安心して宿泊施設を選ぶことが可能になる。

宿泊施設側にもメリットがあり、このような360°ビューを活用することで、顧客は安心して予約できるので、最終的なコンバージョンにも繋がりやすい。

宿泊施設の予約も、VRを活用することで予約率向上に繋がる。高額なプロモーション費用を外に書けるよりも、より効率的な手法ではないかと思った。

少額・短納期で簡単に取り入れられる

d22991-3-592265-8

費用も比較的低価格で、撮影時間も最短で1時間強程度。

今後はさらに古民家だけではなく、宿坊などにも対象を広げ、掲載施設を増やし、施設ごとに異なる「調度品」や「坪庭」なども紹介していく予定とのことだ。

他にもみんなでBBQをしたり、農業体験などをしながら古民家で過ごす体験パックなども検討中。

「町家・古民家」の需要拡大を目指すENYSiに迫る

--- 本サービスに取り組もうと思ったキッカケありますか?

伊藤氏:インバウンド需要が高まっている中で、「町家・古民家」などの特殊な施設に宿泊していただくために安心していただくための情報開示手段として考えていました。

建物の構造や360°ビューをVRで体験いただくことで、町家や古民家の雰囲気を感じてもらいたいと思います。

 

--- 本サービスの費用感とかかる工数に関してお教えください。

hiyou_0420

伊藤氏:料金は↑の画像の通りです。平米数あたりの撮影料金+月額費用がかかります。

建物の広さによりますが、撮影自体は1施設だいたい半日前後で撮影可能です。

その後、専用のソフトで一部の編集を行なったり、映像内の見どころにポップアップウィンドウを設置したりしています。今回の撮影では4施設を1週間程度で終えました。

 

--- 特に困った点などがありましたら教えてください。

伊藤氏:海外のサービスのため、ツールとマニュアルが英語だったので、機能を使いこなすまで少し時間がかかりました。また撮影時に三脚を使うので、文化財の土地や庭の枯山水など、三脚を置きにくい場所の撮影には苦労しました。

 

--- 今回のリリースで他の施設から問い合わせはありましたか?

伊藤氏:リリースと同時に、施設様へのメール案內を行いまして、お問い合わせと反響はいただいています。料金に関する相談の他にも、諸事情により映せない骨董品が置いてある等の要望があるので、開示内容のコントロールが今後の課題になると思います。

 

--- 今後の展望をお教えください。

伊藤氏:町家・古民家以外にも、まだ馴染みの薄い「宿坊」や「文化遺産」への撮影を行なっていきたいと考えています。
季節や時間帯によって趣きの変わる場所も多いので、素敵な施設の魅力はまだ半分も伝わっていないと思いますので、さまざまな表現で日本ならではの体験を発信してまいります。

 

株式会社ENYSiとは?

ENYSi社は「歴史を纏う宿に泊まる」をテーマに掲げ、宿坊や古民家など、歴史や文化的価値のある宿泊を提供している企業。

現在、日本全国に存在する宿坊・古民家・文化財の利活用に特化した3つの事業を主に行っている。

・歴史を纏う宿である"宿坊"や"古民家"への宿泊に特化した予約サイトの運営
・文化的な"場"と"人"と"時間"を過ごすイベントの企画、主催
・自ら運営する宿泊施設(2018年に東京・港区にオープン予定)の企画

地域特有の歴史や、地元職人が提供する伝統文化体験なども横断的に紹介し、世界の皆様に心震える美しい体験を提供します。

<問合せ先はコチラ>
https://www.enysi.com/contact

Ryohei Watanabe


2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。

最新ニュースを読む