Facebookが韓国政府と協力してVR/ARスタートアップを支援すると発表 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Facebookが韓国政府と協力してVR/ARスタートアップを支援すると発表

2017/04/06 16:01

Facebookが韓国政府と協力してVR/AR関連のスタートアップを育成するプログラムを行うことを発表した。有望な10の企業を選び、その社員を2ヶ月半に渡ってシリコンバレーで教育するという。この動きは韓国によるIT投資の一環でもあり、Facebookが進める地元政府との連携の一部でもある。

Facebookのセキュリティ最高責任者

Facebookのセキュリティ最高責任者Alex Stamos

最近のFacebookは、VR事業に関して苦しい立場にあるようだ。ZeniMaxとの法廷での争いはまだ解決しそうになく、Oculus RiftとOculus Touchは販売拡大のためにそれぞれ100ドル値下げされた。

この値下げがFacebookによる「攻め」なのか、販売不振を受けてやむを得ず行われたものなのかは不明だ。いずれにしても、Viveを販売するライバル企業HTCはViveの値下げを行わないとしている。この価格の違いは2017年における両者の販売競争に小さくない影響を及ぼしそうだ。

さらに、Oculusの創始者であるPalmer LuckeyがFacebookを去っている。この退社についても理由は明らかにされていないが、技術盗用を巡るZeniMaxとの訴訟問題やLuckey個人の政治的な行動に対する人々からの批判が関わっているのかもしれない。

今週火曜日、そんな状況の中でFacebookが韓国政府と協力してVR/ARスタートアップ企業に対する支援を行うことを発表した。

Facebookと韓国の協力体制

hero-gear

韓国はVR分野を含むIT企業への投資を強化してIT強国を目指しており、VR産業に限ってもモバイルVRで大きなシェアを持つGear VRの製造を行うサムスンを有している。Gear VRの本体にロゴがあることからも分かるように、サムスンはOculusのパートナーだ。

ソウル南部にあるFacebookの韓国事務所で、FacebookとICT、情報通信技術促進イノベーションセンター、科学技術省との契約が結ばれたという。韓国でよりVRを普及させたいFacebookとIT企業を育てたい韓国政府の思惑が一致したことで、今回の協力が実現したとみられる。

この契約により、Facebookと韓国政府は「韓国で最も有望な10のVR/AR企業」を選ぶことになる。選ばれた10の企業の社員はシリコンバレーに送られ、2ヶ月半に渡ってアメリカでVR/ARの関連技術とビジネスの構築について学ぶことになる。教育と担当するのは、Facebookの子会社であるOculusでVR開発を行う技術者たちだ。

ネットが盛んな韓国

オンラインコンテンツ先進国

Facebookのセキュリティ最高責任者Alex Stamosがこのとき初めてソウルを訪れ、韓国とのパートナーシップについて述べた。

「遅延の少ない対人ゲームからHDビデオのストリーミング配信に至るまで、韓国の市場は世界中の人々がオンラインの未来を見ることのできる場所でした。Facebookは韓国の人々や韓国とのパートナーシップから多くの洞察を得ています。これが、今後の世界市場がどのように発展していくのかを知るために韓国で我々の経験を使う理由です」

さらに、Stamosは付け加えた。

「韓国には、インターネットやコンピュータの分野に関わる技術的・知的なインフラが整っています。韓国企業はこのインフラのために、世界に対する優位性を持っていると言えるでしょう。VRとARを世界に広めるために韓国の大企業、そして中小規模の企業と連携できることにワクワクしています」

現在、このプログラムへの参加が予想される138社のうち30社ほどが登録を済ませているという。研究開発によってこれまでに何らかの成果を挙げている企業であることが望ましい。

韓国Facebookの制作本部長Park Dae-sungは、応募する企業のメリットについて語った。

「優れた技術や企業は、Facebookによって今後のM&A対象として、また技術連携先として検討されるかもしれません。このプログラムを通して、VR/ARのキラーコンテンツやハードウェアといった革新的な製品が登場してくることに期待しています」

Dae-sungは選ばれた企業のことについても説明した。

「選ばれたスタートアップには、Oculusで自社の技術や製品を商業ルートに乗せるチャンスを得られる可能性もあります」

選ばれた10の企業は、シリコンバレーで5月から7月にかけて教育を受けることになる。7月の下旬にはデモンストレーションイベントで開発の進捗が示されることになっている。

 

Facebookは、2015年から地方の自治体や政府と協力してスタートアップ企業に対するサポートを行っている。

昨年9月からはソウル市と連携して、女性リーダーを育成する活動を行っている。同社は「She Means Business」というプログラムで女性へのビジネス教育の機会を提供している。

今年の3月からは、約100社の小売・輸出業者に向けて「#MadeByKorea」という教育プログラムの提供も始めた。こちらは韓国の貿易投資促進機関とのパートナーシップに基いたものだ。

Facebookと韓国は、IT分野以外でも切り離せないパートナーになりつつあるらしい。

 

参照元サイト名:The Korea Herald
URL:http://www.koreaherald.com/view.php?ud=20170404000979

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。