VR酔いも改善されるかも? Facebook、360動画の手ぶれ補正機能を開発中 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR酔いも改善されるかも? Facebook、360動画の手ぶれ補正機能を開発中

OculusのオーナーであるFacebookがその問題を解決するため、アルコリズムを開発していることが、Facebook公式ブログポストで明らかになった。

Facebookが360動画の手ぶれ補正のためのアルコリズムを開発していることを公開した。

VR

360-poolimage

最近では一般消費者向けの360カメラの増加により、プロ以外の人が360動画を撮影する機会も増えている。

そこで、アマチュアの人が動画を撮るさいに問題となるのが手ぶれだ。

とくに360動画はVRヘッドセットで見るものなので、ぶれが目につきやすくVR酔いの原因にもなる。

OculusのオーナーであるFacebookがその問題を解決するため、アルコリズムを開発していることが、Facebook公式ブログポストで明らかになった。

ブログには動画なども含めアルコリズムのかなり詳しい詳細がのっている。

動画を見ればこのアルコリズムがいかにすごいものだかがわかる。

アルコリズムの詳細、または動画が見たい方はこちら
Facebook blog post URL: https://code.facebook.com/posts/697469023742261

Facebookはこの動画のパラメーターを最適化するハイブリッド3D-2Dテクニックを「デフォームドローテーション(deformed-rotation)」と呼んでいる。

同社によれば、これを使うことにより、より簡単に早く動画を編集することもできるそうだ。

アルコリズムは今やっとテストが始まったばかりで、リリースされるまでにはまだ時間がかかりそうだが、リリースが決まれば、まずFacebook独自の360コンテンツから、Oculus RiftなどのOculusのプラットフォームで使えるようになるだろう。

参照元サイト名:uploadvr
URL: http://uploadvr.com/facebook-wants-eliminate-360-shaky-cam-really-starts/

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。

最新ニュースを読む