VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

本日リリース!ガンコン推奨のPS VR向けFPS『Farpoint』の魅力を伝えるプレイレビュー - VR Inside

本日リリース!ガンコン推奨のPS VR向けFPS『Farpoint』の魅力を伝えるプレイレビュー

        2017/09/12

P6140032

イギリスの売上チャートで、2位を獲得するなど既に海外では人気沸騰中の『Farpoint』が本日、6月22日(木)に日本でもリリースされる。

本作は不時着した未知の惑星で、襲い来る様々な生命体を倒しながら、脱出を目指すシューティングゲーム。

もちろん、既存のワイヤレスコントローラー(DUALSHOCK®4)でプレイすることも可能だが、本作の臨場感を高める最大のポイントはやはり、「PlayStation VR シューティングコントローラー」だろう。

下馬評だとかなり高い評価の本作だが、実際の所はどうだろうか?

今回、リリース前にソニー・インタラクティブエンタテインメントに伺って『Farpoint』を事前体験してきたので、レポートしたいと思います。

 

圧巻のオープニングムービー

Prologue_01

物語の舞台は、宇宙で発見された”無限エネルギー”を研究するために造られた宇宙ステーション「ピルグリム」。

連絡船「ワンダラー号」のパイロットであるプレイヤーと、研究者であるエヴァとグラントは突如発生したワームホールに飲み込まれてしまい、未知の惑星に不時着してしまう所から物語が始まる。

この導入は、基本ムービーを見るだけなのだが、連絡船内の様々な機器や美麗なグラフィックで描かれる宇宙空間などを見渡すことができる。

特にワームホールが出現し、全てを飲み込んでいく瞬間の映像は圧巻だった。

 

リアルとゲームが連動することで高まる"体感性"

P6140025

連絡船が不時着したら、次はいよいよゲームプレイ開始。プレイヤーは、離ればなれになってしまったエヴァとグラントを探しながら、脱出する術を探していく。

移動はコントローラーのアナログスティックを使うのだが、立ってプレイした方が酔いを感じないかもしれない(今回の体験では椅子で座りながらプレイ)。

ルートは、基本的には1本道になっているため、進行方向を見失ってしまい、時間をロスするようなことはなかった。

途中でエヴァとグラントが残した記録映像を復元しながら、情報を収集しつつ、惑星を探索していくのだが、やはりシューティングコントローラーでプレイすると臨場感が通常のコントローラーに比べ、大幅に違った。

シューティングコントローラーを前に構えると、ゲーム内のキャラクターも左手を添えたり、銃口を上に向けると武器の切り替えができたりとリアルなアクションと、ゲーム内のプレイヤーの行動が連動しているので、ゲームを遊んでいるより” 体感 ”しているという表現の方がしっくり来ると感じた。

また、シューティングコントローラーは比較的軽めなので、長めにプレイしてもあまり腕は疲れなかった。

 

武器の使い分けや死角の活用など戦略性が高い

Pilgrim_03

続いて、出現する敵について紹介。敵なステージ毎にドローン型や人型、クモ型など多種多様で、且つそれぞれ攻略方法が違う。

大群で押し寄せるクモ型の場合、射撃速度が早く連射が可能なアサルトライフルが有効だったり、ドローン型の場合、遠くにいるので狙撃用ライフルで一撃必殺。人型の場合はショットガンでヘッドショットが効果的だったりと敵毎に武器を巧みに使い分ける必要があるため、戦略性が求められる点も面白かった。

また、ステージ構成も多彩で穴に落ちるとGameOverになってしまうような高所から、岩場や鉄骨で死角だらけの場所などがあり、例えば落下に注意しながら、死角に入り込み、ダメージを最大限抑えながら敵を殲滅していく、というようなその場その場に合わせた状況判断が求められるのも、魅力的だった。

ただ、後半に行くにつれかなり難易度が高くなり、敵も死角をうまく使いながら攻撃してくるため、360°どこに敵がいるかを把握し、最適な場所を確保しながら、敵を殲滅していくのはかなりのスキルが必要だと感じた。

FPSが得意な人でも、実際に首を動かしながら、自分の目で見なければいけないので、通常のテレビモニターでプレイするゲームとはまったく違う立ち回りが求められるように感じた。

周辺視野の広さや判断力など幅広い力が必要なのでサバゲー経験者とかは強いかもしれませんね。

また、本作はオンラインCo-opも実装しており、友人と一緒に協力しながらプレイすることも可能。

海外でも人気のコンテンツなので、今ならマッチングにも困らずに世界中の人と繋がることもできるかもしれません。

Coop_Action01

まとめとして特筆すべきは、やはりリアルとゲームが連動することで高まる"体感性"が最大の魅力。

シューティングコントローラーを使って、構える・撃つ・武器を変えるなどの行動が遅延なくゲームにフィードバックされるので、まるで自分が戦場に身を置いている、そんな感覚を与えてくれたゲームだった。

本作のリリースは、本日6月22日(木)。その眼で確かめたい!という方は、ぜひ購入してプレイしてみてほしい。

スペック

タイトル名 Farpoint
発売日 2017年6月22日
ハード PS4
ジャンル シューティング
価格 BD版:\5,900(税抜) / DL版:\5,900(税抜)
PSN 対応
CERO D
プレイ人数 1~2人
URL https://store.playstation.com/#!/ja-jp/%e3%82%b2%e3%83%bc%e3%83%a0/farpoint/cid=JP9000-CUSA05683_00-0000000000000000

PS VR シューティングコントローラー同梱版:\8,900(税抜)

©2017 Sony Interactive Entertainment America LLC

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

Ryohei Watanabe

Writer: 2012年よりスマホゲーム専門メディア「アプリ★ゲット」で記事執筆・編集・メディア運用・アライアンスなどを担当。