VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

「VR」や「e-Sport」などテーマに投資するオンライン証券「FOLIO」β版利用を一般公開

2017/11/16 11:53

VR

テーマ投資型オンライン証券FOLIO サービス画面イメージ

株式会社FOLIOは、「VR(仮想現実)」「e-Sports」「京都」などの投資テーマを選べる日本初のテーマ投資型オンライン証券サービスを開発し、β版利用の一般公開を本年11月15日(水)より開始した。

テーマ投資型オンライン証券「FOLIO」とは

FOLIO社の次世代型投資サービスは、テーマごとに10万円から分散投資を始められるサービスとなっている。

利用者はカテゴリーに即して分類されたテーマのラインアップから好きなものを選び、ショッピングのように手軽に投資することができるというものだ。

FOLIOで選べるテーマは、「次世代素材」や「VR(仮想現実)」「e-Sports」「京都」「コスプレ」などのこれから流行しそうなトレンドや注目企業、日本経済に影響を与えるであろうイベント、投資で応援したくなるような身近なテーマとなっている。

それぞれのテーマのポートフォリオは、FOLIO社が選定した10社の有望企業で構成されている。

個別銘柄の組み入れ比率は、独自のアルゴリズムによって決定された最適分散比率を用いて算出されており、単一銘柄への投資よりも比較的リスクを抑えた形で投資リターンを期待することができるということだ。

基本的な投資スタイルである「バランス型」に加え、なるべくリスクを抑えたい場合は「ディフェンス型」、成長性が大きい企業の比率を高めたい場合は「グロース型」、銘柄の割安さを重視する場合は「バリュー型」と、利用者のニーズに応じて4つの投資スタイルを用意するなど、投資初心者でもかんたんに「ワクワク」する資産運用を行うことができる仕組みになっている。

これまで個別株の分散投資は、比較的リスクを抑えられるものの、1,000万円以上の資金が必要とされてきた。

FOLIOでは、通常100株以上の単位で行う株式取引を1株単位から取引可能にすることによって、10社への分散投資を10万円前後からおこなえる投資サービスを実現している。

また、サービスのデザインをシンプルで明快にし、口座開設から取引までの複雑な資産運用の流れを限りなく親しみやすいものにしている。

運用手数料及び口座管理手数料は不要で、テーマの売買に必要な銘柄ごとの取引手数料は、業界最低水準の0.5%(税抜)[※1]に設定しているため、利用者にとって負担の少ない資産運用サービスとなっている。

FOLIO社は「資産運用をバリアフリーに。」というミッションのもと、従来の難しいイメージの金融の世界に、ワクワクという新たな価値を提供し、日本初のテーマ投資型オンライン証券の本格開始に向けて今後も取り組んでいくとしている。

概要

β版利用の一般公開日 :2017年11月15日(水)

サービス利用までの手順:FOLIOのホームページ(URL: https://folio-sec.com/)にアクセスし、案内に沿ってFOLIOの口座開設をすることでサービスを利用可能。

FOLIOのオンライン証券サービスの特徴

1.企業ではなく「テーマ」で選ぶ

「VR」や「ガールズトレンド」などこれから流行しそうなトレンドや注目企業、イベント等、投資で応援したくなるようなテーマが、様々なカテゴリーにわけて取り揃えられている。

テーマを選ぶだけで、そのテーマに沿った10社の有望企業にかんたんに投資ができる。

選んだテーマと企業の関係や、そのテーマが市場でどのような盛り上がりを見せているかなども知ることができるので、投資への興味がさらに広がるようになっている。

2.有望企業10社にリスクを分散

各テーマは、FOLIOの投資委員会が選定した10社の有望企業で構成されている。

10社にリスクを分散させた投資をすることで、誰でもかんたんに資産運用を楽しむことができる。

3.分散投資を10万円から

株式の多くは、単元株制度のもと、100株以上の単位で取引されている。

一方FOLIOは単元未満株に注目し、各銘柄1株からの取引を可能にしたため、利用者は1テーマ10万円前後で10社への分散投資を行うことができる。

4.運用中のサポートも充実

テーマを構成する各銘柄と保有比率、その最適なバランスは時間の経過や相場の変動により常に変わっていく。

FOLIOはこのような変化に対し定期的に「リバランス」(銘柄・保有比率の見直し)の案内を行い、利用者が常に適切なテーマ運用をできるようにサポートしてくれる。

5.資産運用のための美しいデザイン

FOLIOのサービスは、使いやすさを第一に考えてシンプルにデザインされているため、テーマの売買や資産管理、リバランスなどの取引をスムーズに行うことができる。

6.取引手数料は業界最低水準

テーマを売買する際の取引手数料は、銘柄ごとに売買代金の0.5%(税抜)だ。

これは、単元未満株取引としては業界最低水準となっている。

運用手数料及び口座管理手数料はかからず、出金手数料はβ版期間中のみ無料となっている。

投資テーマ(11月15日時点、重複あり)

「世の中を変える先端テクノロジー」

<テーマ>
次世代通信システム「5G」、VR(仮想現実)、無人航空機「ドローン」、サイバーセキュリティ、人工知能、自動運転車、次世代素材、電気自動車

「ワクワクを投資に活かす」

<テーマ>
コスプレ、VR(仮想現実)、テレビゲーム、第4次アニメブーム、e-Sports、ソーシャルゲーム、カジノ解禁

「世界に誇る日本の技術」

<テーマ>
世界シェアNo.1、ようこそ日本へ、リニア新幹線、電気自動車、インダストリアルロボット

「国策には逆らうな」

<テーマ>
キャリアウーマン、シニア・ビジネス、カジノ解禁、働き方改革、リニア新幹線

「美や健康で生活を豊かに」

<テーマ>
アンチエイジング、ジェネリック医薬品、再生医療テクノロジー、最先端医療マシン、ドラックストア、健康食品

「ふるさと投資」

<テーマ>
くいだおれの街「大阪」、九州地方、中部・四国地方、日本文化の源流「京都」、日本を代表する港町「神戸」

「女性が活躍する社会へ」

<テーマ>
ガールズトレンド、子育てを楽しく、働き方改革、アンチエイジング、キャリアウーマン

「あなたのくらしに新発見」

<テーマ>
自転車、カメラ・写真、コスパ最強「インテリア」、ペットと暮らす、シェアリングエコノミー、電気自動車

「『食』にこだわるあなたに」

<テーマ>
クッキング、スイーツ&デザート、外食チェーン至上主義、コーヒー、健康食品

「ファンダメンタル分析」

<テーマ>
グローバル・ニッチ・トップ、キャッシュリッチ企業、コツコツ成長「連続増配」、投資の王道「高ROE」

[1※] 各銘柄の最低手数料は50円(税抜)となっている。

株式会社FOLIOについて

株式会社FOLIOは「資産運用をバリアフリーに。」というミッションを掲げ、誰もが簡単に利用でき、ワクワクするような資産運用を提供している。

国内株を取り扱う独立系証券会社においては、約10年ぶりのオンライン証券の誕生となる。

FOLIO社は、これまで時間的制約や、金融商品特有の複雑さ、リスクを警戒するなどの理由で「資産運用には興味があったけれども挑戦できなかった」という人でも満足して利用できるような次世代型のオンライン証券サービスを提供するとしている。

会社概要

社名 :株式会社FOLIO

所在地:〒102-0082 東京都千代田区一番町16-1 共同ビル一番町4F

設立 :2015年12月10日

資本金:21億2028万3436円(資本準備金含む)  2017年7月時点

代表者:代表取締役 甲斐 真一郎

URL:https://folio-sec.com

参照元:ニュースリリース

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

VRInside編集部


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連して最新情報を配信します。

最新ニュースを読む