VR Inside

VRの未来を創るビジネスメディア

パズルゲーム「FORM」がRiftでのプレイに対応 - VR Inside

パズルゲーム「FORM」がRiftでのプレイに対応

        2017/08/31

HTC Vive対応のパズルゲーム「FORM」が、Oculus Riftにも対応した。

「FORM」について

概要

「FORM」はアドベンチャー要素を盛り込んだパズルゲームで、制作はバンクーバーのCharm Gamesによるもの。

同スタジオのVRゲームとしては第1作目となる本作は、アクションゲーム的な要素を盛り込んだパズルゲームだ。

今年6月にHTC Vive対応版がリリースされたが、今回のアップデートによってOculus Riftでのプレイにも対応、本作はSteamでダウンロードできる他、Oculus Storeでも配信されている。

ストーリー、世界観

「FORM」の舞台になるのは人間の精神の中で、シュールで夢のような世界観が特徴だ。

プレイヤーは物理学者のDevin Eli博士としてゲームをプレイする。彼は幼少期の経験によって超能力を身につけており、現在は「Mindful Laboratories」というグローバルテクノロジー複合企業に所属しており、同社がアラスカで運営する研究施設で働いている。

Eli博士は現在、謎の構造体「オベリスク」の研究をしており、そこから発せられる謎のシグナルの意味を解明しようとしていた。

プレイヤーは彼の特殊能力を駆使してオベリスクの謎を解くとともに、彼の記憶の中に潜り込んでパズルを解いていく。

特徴

プレイヤーはコントローラー操作によってパズルを解いてゲームを進めていくが、プレイ時間に制限はなく、また途中で死ぬこともないので、自分のペースに併せてゲームプレイをすることができる。

また、今回のアップデートによって「Cortex Mode」という新モードが追加され、「FORM」のバーチャル世界に浸ったままゲームのサウンドトラックを楽しむオプションも追加された。

本作をプレイしたSteamユーザーの93%が高評価をしており、パズルゲームの好きなプレイヤーにはオススメできるタイトルだ。

追記事項

本作は現在ディスカウントを行なっており、9月1日まで40%引きの1,188円でダウンロード可能。9月1日以降は元価格の1,980円に戻る。

HTC Vive、Oculus Riftでのプレイに対応しており、対応言語は英語。

スペック要件

「FORM」の動作に必要なスペックは以下の通り。

OS Windows™ 7 SP1, Windows™ 8.1 or later or Windows™ 10
プロセッサー Intel™ Core™ i5-4590 or AMD FX™ 8350, equivalent or better
メモリー 8 GB RAM
グラフィック GeForce GTX 970 or AMD Radeon R9 290, equivalent or better
Direct X Version 11
ストレージ 3 GB 利用可能

その他、最新のVRパズルゲームを紹介

「Statik」

PSVRタイトル「Statik」はユニークなパズルゲームだ。

プレイヤーは両手にはめられた奇妙な形の箱を、コントローラー操作によってスイッチやハンドルを動かしながら外していく「知恵の輪」のようなVRゲームだ。

箱についている各スイッチはコントローラーの各ボタンに対応しており、高画質なビジュアルで一風変わったパズルゲームがプレイできる。

本作はシングルプレイが基本だが、協力プレイも可能になった。複数のPSVRプレイヤーによるマルチプレイではなく、PSVRとスマホ/タブレットプレイヤーとが協力するというユニークなゲームシステムが特徴だ。

「Light Tracer」

PSVRタイトル「Light Tracer」は独特なゲームコントロールが特徴のパズルゲームだ。

プレイヤーは3Dプラットフォームの迷路の中をプリンセスを伴ってガイドし、ジャンプや敵との戦い、視点変換などを駆使してステージを操り、パズルを解いていく。

光の杖などのアイテムを使ってプリンセスを導きながら、もう一方の手でゲーム世界を操作して、道を開けていく。

ファンタジーなおもちゃの世界と作り込まれたタワーなどのグラフィックで視覚的にも楽しめるタイトルで、9月のリリースを予定している。

「The Talos Principle VR」

「シリアス・サム」の制作で有名なCroteamによるVRゲーム「The Talos Principle VR」は、クラシックなSFスタイルで人気のFPS「The Talos Principle」のVR版だ。

古代遺跡と最新テクノロジーが存在する不思議な世界で、プレイヤーは複雑なパズルを解きながら、自分は何者なのか?何のためにここに来たのか?これから何をするつもりなのか?という謎を解決していく。

自分は誰かという謎や、ゲームの世界に登場するテクノロジーや文明の謎を解き明かすという壮大なストーリー。謎に関する手がかりを解き明かし、セオリーを立てていく。

本作は近日リリース予定で、対応プラットフォームはHTC Viveのみとなっているが、同社の「シリアス・サム」はOculus Riftにも対応していることから、近日中にRiftでのプレイもサポートするものと考えられる。

参照元:Road to VR

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新情報をお届けします

TwitterでVRInsideをフォローしよう!

daisuke

Writer: ライター兼翻訳家。2016年12月にプレイステーションVRを体験したことをきっかけにVRに関心を持つ。ARやドローン、AIなどの先端テクノロジー全般に興味があり、SF化する世の中にワクワクしています。