VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

トラッキングとハプティックを実現しながら軽量なVR・ARグローブ「Forte Data Glove」公開

Forte Data Gloveの外見画像

海外メディアSensors Onlineは、VR・ARグローブ「Forte Data Glove」を紹介した。

Forte Data Gloveの外見画像

かつてない軽量を実現した「Forte Data Glove」

同メディアによると、センサーを実装したデバイスを研究開発している企業BeBop Sensorsは、VR・ARコンテンツと連動して使用するグローブ「Forte Data Glove」が使われている様子を収録した動画を公開した。

引用した動画を見るとわかるように、同グローブの最大の特徴は、そのシンプルな構造に由来する軽量さにある。本メディアでは、多数のVR・ARグローブを紹介してきたが、その多くが固い素材からできた部品を複雑に組み立てた(悪い意味で)「ガジェット感」が溢れているものだった。対して、同グローブは、ほとんどが布製の素材でできており、見た目にも軽そうな「使える」デザインとなっている。

構造がシンプルだからといって、同グローブの機能はあなどれるものではない。同グローブは、以下のような仕様となっている。

  • ・5本の指にひっかける布に覆われたワイヤーによって、高精度のフィンガートラッキングを実現
  • ・5本の指の先と手のひらにあるバイブレーターによって、バーチャル・ハプティック(触覚)を実現
  • ・バーチャル・ハプティックは、64種類までの振動を設定可能
  • ・VR・ARデバイスとはBluetoothもしくはUSBで接続
  • ・トラッキングとハプティックは、150Fps(1秒間に150回描画)までの描画処理に連動(VRコンテンツでは、一般に90Fpsあれば自然に感じる)
  • ・連続駆動時間は最長15時間
  • ・満充電までに要する時間は2時間

同グローブの難点をあえて指摘すれば、バーチャルな触覚を「振動」として体験する仕組みとなっているので、「硬い/柔らかい」「熱い/冷たい」といったリアルな触覚が感じる多様な違いが欠落してしまうところだろう。

もっとも、現在のVR・ARグローブの研究水準では、トラッキングとハプティックを同時に実現できるだけでも「よく出来ている」ものに分類されるので、触ったときの剛性や温度を再現できないとしても、大きな欠点とは言えない。

気になる同グローブのリリース日および価格は、まだ未定だ。そのシンプルな構造と布製というところから、高価格にはならないことが予想される。同グローブは、低価格であれば、大きな反響を呼びそうなデバイスと言えるだろう。

トラッキングとハプティックを同時実現するグローブの事例

本メディアでは、すでに多数のVR・ARグローブを紹介してきた。そのなかでもトラッキングとハプティックの同時実現を目指しているものには、以下のようなものがある。

Mestro glove

ハンド・トラッキングとハプティックの同時実現を目指す「Mestro glove」は、腕に取り付けるモーターと手袋から構成されているコントローラーだ。手首より肘に近い部分にVIVE Trackerも実装している。

同コントローラーがバーチャルな触覚を生み出す仕組みは、手袋部分に内蔵されたモーターが隠れた「腱」を動かし、触れているオブジェクトの形に合わせた抵抗を伝えている。プレイヤーの手は、手袋のつっぱりを「物体に触れた感覚」として感じるのだ。

同コントローラーに対しては、現在クラウドファンディング・サイトSeedInvestから出資することができる。

VRgluv

「VRgluv」はメカニカルな手袋、あるいはグローブのような形状をしたVRのコントローラーだ。コントローラーであると同時に触覚フィードバックを返す機能も持っており、VR空間での動作に合わせたフィードバックが得られる。

同コントローラーはどの程度の力がかかっているかを「圧力」を測定することができるようになっているので、軽くつまむ、普通に握る、力を入れて握りしめるといった動作の区別も可能だ。画面内の手を動かしているという感覚を脱して、実際にVR空間で手を動かしている感覚を作り出すためには重要なポイントだ。

カリフォルニア大学サンディエゴ校のプロトタイプ

カリフォルニア大学サンディエゴ校の研究チームは、人工的な「筋肉」の機能を果たす部品を実装したハプティック。コントローラーのプロトタイプを公開した。

同プロトタイプは、大きく三つのパーツに分けることができる。

ユーザの手の位置や動きを検出するためのセンサー(Leap Motionのセンサーを使用)、グローブをコントロールする制御基盤、そしてユーザの手に刺激を与えるためのグローブ本体だ。この三つが組み合わさって、リアルな触覚フィードバックを生み出している。

中でも同プロトタイプの根幹と言えるのが、「McKibben muscle」と呼ばれる柔らかい部品だ。筋肉と呼ばれているものの、その実態は編み込まれた繊維で覆われたラテックスのチェンバーである。人工的に作られたこの「筋肉」がユーザの指の動きに反応し、バネのような形で指を引っ張ることで圧力を感じさせる。

同研究チームは、VRインターフェイスの専門家2人を含む15人のユーザに同プロトタイプを試してもらったという。体験者は、VRでピアノを弾くデモを試した。

全員が「手袋によってVRの没入感が増した」と感じており、その経験を高く評価した、とのこと。

以上のようなVRグローブの事例を見ると、改めてForte Data Gloveの「ライト感」が際立つ。同グローブは、この「ライト感」で人気を博するかもしれない。

ソース:Sensors Online
https://www.sensorsmag.com/components/glove-pumps-a-fist-for-ar-vr-apps-and-gaming

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む