VR映像のレンダリング品質改善に向けてFOVEとAMDが連携 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

VR映像のレンダリング品質改善に向けてFOVEとAMDが連携

2017/02/28 13:30

ユーザが見ている場所だけを高画質に描画するヘッドセット「FOVE 0」を開発したFOVEがAMDと協力してVRの新しいレンダリング方式を研究している。従来に比べて最大100%の処理性能向上が見られるという。

アイトラッキングイメージ

UploadVRがFOVEとAMDによるVRのレンダリング品質向上の取り組みについて伝えた。

VRとレンダリング

VRと映像のレンダリングは切っても切れない関係にある。臨場感のある反響音や現在研究されているその他のフィードバックも重要だが、映像なしにVRを語ることはできない。将来的には、映像の処理能力がヘッドセットの進化を妨げるボトルネックとなり得る。

モバイルVRヘッドセットの場合、全ての処理がスマートフォンの性能に依存している。映像を処理するのも、ゲーム用途に開発された大型のグラフィックボードではなくスマートフォン搭載の小型チップだ。高性能化が進んではいるが、サイズや排熱の処理の都合、そして価格の問題から処理能力は控えめになってしまう。

ハイエンドVRヘッドセットではモバイルよりも処理能力の高いハードウェアが使われる。しかし、高品質な映像を求めればハードウェア要件はどこまでも高くなってしまう。

この状況に対応するため、ハードウェアだけでなくソフトウェアの側で映像のレンダリングを効率化する試みが行われている。FOVEとAMDが協力してデモンストレーションを行っている新しいレンダリング方式は、VR業界全体に影響を与えるかもしれないものだ。

この技術が成功すればPCベースのハイエンドVRシステムを構築するためのコストを下げることもでき、モバイルVRの品質向上も可能になるはずだ。体験の質を下げることなくハードウェアへの負荷を下げられるという。

FOVE

FOVE 0を付けた女性

FOVEはオリジナルのVRヘッドセット「FOVE 0」を開発した企業だ。FOVE 0の開発はKickstaterで40万ドル(4,500万円)以上の出資を集めて成功した。FOVEによればこのFOVE 0は世界で初めてのアイトラッキング機能を持つVRヘッドセットだという。

そのアイトラッキング機能の採用によって、「foveated rendering」と呼ばれる技術を実現している。foveated renderingは、着用者が見ている場所だけをフル解像度でレンダリングする技術だ。

人間の目は視野の中心以外をはっきりと見ることができないため、周辺部の解像度が落ちていても気づかない。そのことを利用して、レンダリングに必要なリソースを節約できるという。もちろん、アイトラッキングを利用したコンテンツも利用できる。

FOVE 0は599ドルで販売され、2017年1月20日に出荷を開始した。しかし、現在は品切れ中のようだ。5月に出荷再開予定となっている。

AMD Multires Rendering

GDCでは、FOVE 0に使われているFOVEの技術とAMDのRadeonプロセッサを組み合わせ、AMD Multires Renderingを実行するデモンストレーションが行われている。

VRに必要となる映像を全て処理すると、GPUには非常に高い負荷がかかることになる。ハード面の改良だけで高品質なVRを実現するには、高価なグラフィックボードを使うしかない。そこで、FOVEは処理を効率化することによって現実のような画像と低価格のハードウェアを両立させようとしている。

デモでは、GPUの処理効率が30%程度改善しているという。十分インパクトのある数字だが、それだけではない。状況によっては100%の向上が見られることもあるという。

チームはまだこの技術について学んでいる段階であるとしながらも、大きな期待を持っているようだ。

 

アイトラッキングシステムを搭載していることが前提となってしまうものの、ユーザが認識できない部分でレンダリングの手を抜くというのは魅力的なアイデアだ。映像の処理というVRで最も「重い」部分を効率化できれば、VR対応機器の裾野がかなり広がるはずだ。

視野の中心にあるものはフル解像度で描画されるので、正しく視線を追跡して処理してくれれば画質が下がったと感じることはできないだろう。ただ、周辺視野を認識する能力については個人差もありそうなので、研究の進展が待たれる。

FOVEオリジナルのヘッドセットだけでなく、一般的なVRヘッドセットでもこの技術が使われるようになれば「VR対応PC」の敷居がまた低くなりそうだ。

 

参照元サイト名:UploadVR
URL:https://uploadvr.com/gdc-2017-fove-amd-take-aim-improving-vr-rendering/

参照元サイト名:FOVE
URL:https://www.getfove.com/

     

     

ohiwa


ライター兼システムエンジニア。VR・ARには、「SFっぽい!」というシンプルな理由で興味を持つ。仕事以外ではボードゲームやTRPGで遊び、本を読んで花を育てるアナログ人間。万年筆と着物・和菓子が好き。