VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

スマートフォンを使ってVR/AR/MRも体験できるFreefly FF3ヘッドセットが資金を募集中

2017/09/25 14:58

Freefly FF3ヘッドセット
Freefly FF3ヘッドセット

Freefly FF3ヘッドセット

VR体験が可能なVRデバイスとしてはHTC ViveやOculus RiftといったPCベースのヘッドセットの他に、Gear VR、Daydream Viewといったスマートフォンを使うモバイルVRヘッドセットがある。

Proteus Labsも、そうしたモバイルVRデバイスを開発する企業の一つだ。これまでにFreefly VR(もしくはFreefly VR Classic/Original)と呼ばれるAndroid専用のモデルや、iPhoneにも対応したFreefly VR beyondと呼ばれるモデルを販売している。

このProteus Labsが、VRだけでなくAR/MRにも対応するという新しいヘッドセットFreefly FF3の開発資金をCrowd Cubeで集めている。

これまでのFreefly VR

Freefly VR The Classic

第一世代のモデルでも視野角は120度と広い

Freefly VR(Classic/Original)

ブランド名がそのまま製品名となったFreefly VR(後継機のbeyondと区別する場合にはclassicやoriginalとも呼ばれている)は4.7インチから6.1インチまでのサイズのAndroidスマートフォンに対応しており、VRプラットフォームとしてはGoogle Cardboardに対応する。価格は39.99ドル(4,500円)と控えめながら、視野角120度とPCベースの一般的なヘッドセット以上に視野が広いのが特徴だ。

また、初期のモバイルVRヘッドセットには珍しく標準でBluetoothリモコンが付属する。最近ではDaydream ViewやGear VR(2017年春以降のモデル)にもリモコンが用意されているので、慧眼だったと言えるだろう。

ユーザの顔に触れる部分には柔らかなフェイクレザー素材のパッドが使用されており、キャリーケースも付属するなど使いやすさにこだわった製品だった。

現在は公式販売している地域がアメリカのみになっているらしい。アメリカ向けのサイトでは販売されているが、日本を含む「その他地域」向けのページでは後述のFreefly VR beyondしか扱われていない。

Freefly VR beyond

beyondの名の通り、Freefly VRを越える製品として開発されたモデルだ。基本機能はFreefly VRを継承しているが、大きな変更点としてiPhoneに対応していることが挙げられる。

モバイルVRで最大級の視野角120度や快適性の高いクッション素材といった特徴も同様だが、Freefly VRにあったBluetoothリモコンとキャリーケースはなくなってしまった。

代わりに、本体下部の左右にトリガーが搭載された。リモコンの代わりにトリガーを使用することで、ゲームパッドを接続しなくてもヘッドセット単体でVRゲームが遊べるようになっている。

現在は39.99ドルで価格も旧Freefly VRと同じになっているため、iPhoneを使うことがあるかどうか(iPhoneに対応するのは新モデルのみ)とBluetoothリモコン・キャリーケースが欲しいかどうかが選択のポイントになるだろう。

旧Freefly VRはアメリカ以外の地域に向けて販売されていないようなので、在庫分が無くなればbeyondのみになる予定なのかもしれない。

Freefly VR FF3

Freefly VR、Freefly VR beyondといったモバイルVRヘッドセットを開発してきたProteus VR Labsの開発する新製品がFreefly VR FF3だ。

まだクラウドファンディング中で詳細は公表されていないが、VRのみに対応していた過去の2製品とは異なりARとMRにも対応するとされている。

VR/AR/MRへの対応

VR専用デバイスの場合、着用中のユーザは外を見ることができなくなるのが普通だ。だが、Freefly VR FF3はAR/MRに対応するため、スマートフォンのカメラ部分を覆わないデザインとなっている。

さらにサイド部分は可変式になっており、AR/MRモードではパーツをスライドさせることで180度の視野が実現されるという。VRモードで使うときにはスライドさせたパーツを元に戻すことで、同社が手がけた過去のVRヘッドセットと同じ120度の視野角でVR映像を視聴できる。

 

Freefly VR FF3はCrowd Cubeで資金を集めている段階で、どういったスペックになるのかは不明だ。また、現時点では対応スマートフォンについてもはっきりしていない。AR/MRへの対応を謳っていることからiPhone(ARKit)やAndroid(ARCore)に対応するのではないかと思われるが、公式な情報は出ていない。

残りの期間は22日で、目標金額は22万ポンド(3,340万円)とのことだ。現時点で35,220ポンド(535万円)が集まっている。

 

参照元サイト名:Wareable
URL:https://www.wareable.com/vr/freefly-ff3-vr-ar-mr-headset-5114

参照元サイト名:Crowd Cube
URL:https://www.crowdcube.com/companies/proteus-vr-labs-ltd/pitches/b2dRwl#

参照元サイト名:Freefly VR
URL:https://freeflyvr.com

VRInside~VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア~


VR・AR・MRからVTuberまでXRに関連した最新情報を配信します。

最新ニュースを読む