VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

ARで体感するスポーツ観戦スタイル『ジオスタ・スーパーフォーミュラ』日本科学未来館に展示へ

2017/11/09 11:00

『ジオスタ・スーパーフォーミュラ』イメージ図

株式会社フジテレビジョンは、株式会社NTTドコモが2020年に向けてサービス提供開始を目指している、第5世代移動通信方式(以下、5G)の実証実験として、ARで観戦する「ジオスタ・スーパーフォーミュラ」を開発した。

併せて、2017年11月9日(木)から11月11日(土)の期間、日本科学未来館(Miraikan)で開催される「見えてきた“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~」にて、本コンテンツを一般公開することを発表した。

アジア最速&最高峰のスーパーフォーミュラレースをARで

「ジオスタ・スーパーフォーミュラ」は、2017年5月に東京ビッグサイトにて出展した「ジオスタ」の第2弾となっている。

本コンテンツは、レースのTV中継映像とレース中の様々な情報をAR(Augmented Reality・拡張現実)で合成することで、全く新しいモータースポーツの楽しみ方を提示する次世代コンテンツデモンストレーションである。

今回体験することができるのは、2017年4月に鈴鹿サーキットで行われたスーパーフォーミュラ第1戦の決勝レース映像ということだ。

体験者はスマートフォンやスマートグラスを使い、中継映像を見ながらコース全体を見渡せるバードビューや、選手情報、順位、車載映像などを自由に切り替え、これまでに体験したことのない未来のスポーツ観戦スタイルを体感することができる。

2020年にドコモ社がサービス提供を目指す5Gは、現在の4G(LTE)と比べると高速、大容量、低遅延、同時接続の通信システムとなっている。

これらの特徴を生かして、スーパーフォーミュラカーの動きやレース情報に加え、フジテレビ社だからこその中継技術を駆使した映像をARで合成している。

フジテレビ社は、ドコモ社との5G実証実験の一つである「ジオスタ・スーパーフォーミュラ」を活用し、テレビやネットの中継と連動することで、ファンはもちろんそれ以外の人たちにも、スポーツの魅力を感じてもらえるような新しいスポーツ観戦スタイル、新しいユーザー体験を提供していくとしている。

ジオスタ・スーパーフォーミュラ概要

ジオスタ ロゴ

■名 称: ジオスタ・スーパーフォーミュラ

■企 画: 冨士川祐輔(フジテレビ)

■制 作: 株式会社フジテレビジョン・株式会社NTTドコモ

■協 力: 株式会社日本レースプロモーションン・株式会社ビーエスフジ・DOCOMO TEAM DANDELION RACING

見えてきた“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~ 概要

(プレスリリースより原文のまま掲載)

携帯電話が世の中を変えたように、私たちのライフスタイルは、新たな技術とともにより豊かに進化していきます。

そんな、あらたな技術が創る、“ちょっと先”の未来を、日常生活と結び付けてご体感いただける空間をご用意いたしましたので、是非お楽しみください。

■名 称: 見えてきた“ちょっと先”の未来~5Gが創る未来のライフスタイル~

■会 期: 2017年11月9日(木)~11日(土) 10時00分~17時00分

■会 場: 日本科学未来館

■住 所: 東京都江東区青海2-3-6

■料 金: 無料

■主 催: 株式会社NTTドコモ

■共 催: 日本科学未来館

■U R L : http://docomo-rd-openhouse.jp/mirai/index_mirai.html

株式会社フジテレビジョン 会社概要

会社名: 株式会社フジテレビジョン

代 表: 代表取締役社長 宮内正喜

所在地: 〒137-8088 東京都港区台場2-4-8

設 立: 平成20 年10 月1 日(新設分割のため)

U R L : http://www.fujitv.co.jp/

参照元:ニュースリリース

NTTドコモ5Gを活用したアプリケーションに関する共同実証実験について

フジテレビ社とドコモは017年3月に共同実験の協力に合意し、これまでに2度、実証実験(先行体験)を行ってきた。

1度目は、2017年5月24日から26日まで東京ビッグサイトで開催された「Wireless Technology Park 2017」内「5G Tokyo Bay Summit® 2017」において実施されたジオラマ上にARでスポーツ選手を合成し投影された映像を楽しむことができる新体感コンテンツ「ジオスタ」の検証である。

引用:https://www.nttdocomo.co.jp/info/news_release/2017/05/24_06.html

2度目は、2017年8月4日~8月6日に開催された「TOKYO IDOL FESTIVAL 2017」での「JidorAR」の体験である。

「JidorAR」は、5Gだからこそ実現可能な未来のコンテンツ(アプリ)。

「自撮り+AR」を意味しており、自分のアバター(3Dスキャナーデータ)をARで合成することで、自分のいない場所での自撮りを可能にするシステムだ。

引用:http://www.fujitv.co.jp/company/news/170713.html

※掲載されているすべての商標、画像については、各所有者に帰属します。

integralkk


【VR Inside】日本ニュース担当

最新ニュースを読む