Fyusion社、モバイルデバイスでARコンテンツを制作できるプラットフォームを開発 | VR Inside

VR Inside

VR/AR/MRの未来を創るビジネスニュースメディア

Fyusion社、モバイルデバイスでARコンテンツを制作できるプラットフォームを開発

2016/09/12 11:04

Fyusionはサンフランシスコを拠点としている会社で、コンピュータービジョンとマシンラーニングテクノロジーを使いモバイルデバイスでARコンテンツを制作することができるプラットフォームを開発している。

FyusionがARコンテンツをモバイルデバイスで制作することができるプラットフォームを公開した。

VR

fyusion-featured-image

Fyusionはサンフランシスコを拠点としている会社で、コンピュータービジョンとマシンラーニングテクノロジーを使いモバイルデバイスでARコンテンツを制作することができるプラットフォームを開発している。

特にどのモバイルデバイスでもARコンテンツが制作できることを目標にプラットフォームを制作をしている。

Fyusionの開発しているプラットフォームではスマートフォンに入ってるイメージを3Dホログラフィックイメージに変換し、ARヘッドセットを使って見れるようになる。

また、周辺の光景も3Dホログラフィックイメージにすることができる。

高額関連機器を買う必要などなく、携帯を使い気軽にARコンテンツを作れるのがFyusionが開発するプラットフォーム最大の売りだ。

[youtube https://www.youtube.com/watch?v=sr0A8yP7Hsc&w=560&h=315]

FyusionのCEO、Radu Rusu氏はこう発言している。

「ARは今や何億ドルの金額が動く産業で、さらにこれからますます発展をとげる分野であり、私たちのプラットフォームはこのテクノロジーも最先端をいくものです。

私たちはこのプラットフォームにより、その人たちにとっての周りの世界の見え方を変えられたらと願っています。」

モデルホログラフィックイメージはセンサーフュージョン、マシンラーニング、コンピュータービジョンアルコリズムを改良して作られた、特許を獲得している3Dスペーシオテンポラルテクノロジープラットフォームを使って制作される。

FyusionではパートナーであるHuaweiとTCLのモバイルフォンに内臓されているThe Fyuseというアプリのパーツも開発している。

また、FyuseというアプリもiOSやAndoroid向けにリリースしている。

FyusionはパートナーカンパニーとともにこのARプラットフォームをアーリーアクセスに向けて開発中である。

参照元サイト名:uploadvr
URL: http://uploadvr.com/fyusion-augmented-reality-content-creation-mobile-devices/

     

     

kaho


ニューヨークの大学でFINE ARTを勉強中。VRにはアートスクールで関わり興味を持ちました。これから詳しくなっていけたらと思います。